タグ:魚 ( 380 ) タグの人気記事

元祖寿司@中野

c0016177_22271872.jpg
 
 ちょっと小腹が空いた時に重宝するのが回転寿司。中野にはこことすぐ近くに海鮮三崎港があるのだが、こっちの方がローカル感があって好きだ。が、レーンに流れているお皿を取りたい派としては昨今の何が何でも廻ってるのは取らない派勢力に押されてしまい、レーンを回り続ける無残な寿司の中からまだ大丈夫そうなのを選ぶのだが、やはりそれには限界を感じている。ここは割と廻っている方ではあるのだが、時間帯が悪いとやはり難しいものがある。かといってタッチパネルの三崎港に入るのもなんだか味気ないしなあ。というわけで、数皿をパクパクっと食べてごちそうさま。

by atsushisaito | 2018-04-23 12:44 | 飯@中野 | Comments(0)

川野@新井薬師

c0016177_22270680.jpg
 鰻のシラスが不漁なんてニュースを聞いてしまうと鰻が食べたくなってしまったという、、、。スーパーの鰻やあからさまに安いチェーンで食べると本当に美味しくなくて、もはや鰻である必要なんてあるのかって思ってしまうのだが、専門店の鰻はやはり違う。美味しい。
 持ち帰りにしてもらった。蒸しの工程が入ったふわふわの身、下手な店でダメな鰻だと臭みがあったり口に皮が残ったりと散々なのだが、そんなことは当然全くなく、旨さに満ち溢れた一杯。このあたりのランチとしては値段だけを見るとお高く感じられるかもだが、実際に食してみると安いなという印象しか残らない。かなり穴場なお店。

by atsushisaito | 2018-04-22 12:24 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

広島料理 安芸@新宿二丁目

c0016177_21145848.jpg
 再訪するのは10年ぶりの2度目。夜の方は行ったことはなくてわからないのだが、おそらく夜も美味いと思われるくらいにランチが繁盛している。既にいくつかのメニューが黒板から消されている中から鯖の塩焼きを注文。回転がいいからか鯖は既に焼かれていて注文後すぐに出てきた。鯖が美味いのは当然。ご飯と味噌汁が美味いのが特徴。今回は注文しなかったが、追加料金で刺身の小鉢なども足せる。少し大将が怖い感じだけど、近いうちに夜に行きたい。
by atsushisaito | 2018-04-15 12:14 | 飯@新宿区 | Comments(0)

福ちゃん@渋谷

c0016177_20560180.jpg
c0016177_20560253.jpg
c0016177_20560207.jpg
 久しぶりの福ちゃん。最初の1回注文の1時間勝負なので注文は迷うところ。炙りカツオにサザエ、ウニ、そして生カキ。他にも後ろ髪が引かれるもののが多々あり。並ぶこともあるけど、立ち飲みの1時間制限だから割と回転は早いので渋谷で魚だとオススメ。最初の1回しか注文できないけれど、一品のボリュームが多いので、少なめの注文にした方がいい。
by atsushisaito | 2018-04-05 12:38 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

海鮮三崎港@高田馬場

c0016177_23323955.jpg
 回転寿司は、もうビジネスモデルが崩れているのではないかと思う。タッチパネルの普及で回転している皿は誰も取らない。僕はそういうすら煩わしく思うので、回転寿司では回っているものしか食べないのだけど、さすがに長時間周り続けたものを取る気がしなくなってきた。で、タッチパネルで注文。これが快適すぎて困る。海苔がパリパリ。回っているものと比較すると雲泥の差。いつも海苔巻きの注文だけど、海苔が一番コストかかってそう。シワシワの海苔と比較して。
 

by atsushisaito | 2018-02-01 12:32 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

魚鐵@九段下

c0016177_00511121.jpg
 ちょうど10年くらい前にちょこちょこと行っていたお店。こういう時にブログが役に立つもので、ああ、あの時はこういうことを思っていたのかと久しぶりに見かえしてしまった。しあわせ定食という刺し盛りの定食を注文したのだけど、当時は勢いのある盛りに感じられたのだが今回は雑な雰囲気に思えてちょっと残念。
 当時の年齢ではちょっと背伸びな感じのお店だったけど、今では普通に感じられて少し寂しい感じだったり。

 人生あっという間すぎて辛い

by atsushisaito | 2018-01-27 00:59 | 飯@千代田区 | Comments(0)

蟹@ANAクラウンプラザホテル金沢

c0016177_21192969.jpg
c0016177_21193088.jpg
c0016177_21193007.jpg
c0016177_21193045.jpg
c0016177_21193175.jpg
c0016177_21193104.jpg
c0016177_21193198.jpg
 もう、吹雪やテレビ塔のアンテナが落雷でやられてしまうような雷で、最初からホテルで食べる予定だったことが結果的に最上の選択だったことになるなんて思いもしなかったという、、、。お座敷でいただく蟹はまあ普通に美味しかったのだけど、でも料金の半分くらいは場所代かなあという感想。ちゃんとお店を選べば満足度はもう少し高かったかも。それとお腹がすぐに一杯になってしまうという個人的事情もあり、頑張って食べねばという気持ちと酒高い!というのがあって疲れた。
 蟹は産地のちょっとお高いカウンター割烹とかで、ちょこっと蒸しをいただく程度がちょうどいいかも。食事をした雲海(ANA系ホテルの和食レストラン)では兼六園を想起させるようなお庭があるのだけど、ピカピカと稲光で鮮やかに光ってた。北陸の冬は雷多いんだな、、、、。
c0016177_21193154.jpg
 朝食券をランチにも使えるということで、朝食は食べずにランチ。IHGの特典で14時までのレイトチェックアウトにしてもらったので、お尻が10時で決まってる朝食に頑張って起きて時間を気にしながらの食事よりはゆったりしていてよかった。とはいってもちょこっとしか食べないのだけど。カレーはしょっぱかった。
by atsushisaito | 2018-01-18 12:18 | 飯@23区外 | Comments(0)

第二力酒蔵@中野

c0016177_21373541.jpg
c0016177_21375367.jpg
 中野で飲むのは随分と久しぶりのような。まずは生牡蠣をいただく。ここに来るとかなりの割合で生牡蠣を食べてるような。最初のビールを飲み干したら早々に熱燗2合。そしてイワシの塩焼き。800円だったから大きいのが一匹かと思っていたら、大きいのが二匹。嬉しい気持ちとやってしまったなという気持ちとの複雑な感じ。内臓まで美味いイワシをつまみながら酒をくいっとやってご馳走さま。今回は豆腐の煮物を食べなかったなあ。


by atsushisaito | 2017-12-28 12:37 | 飯@中野 | Comments(0)

来萩@山口県萩市

c0016177_20542633.jpg
 道の駅のレストラン。最初は違う店に入って、金太郎という魚の天丼を注文したのだけど他にいた3人客に料理を出した後に、厨房のおじさんが後からでもいいような雑用を始めた。3人への提供の時にえらくテンパってわたわたしてるなと思ってはいたが、まあ他の人が作ってるのかなと思い待ってた。10分ほど経ったところでおじさんが「あ、天ぷら」と呟きようやくそこで天ぷらを始めた。しょうがないなあ、と思って見てたら天ぷら定食を盛り付けて出そうとしたので、注文は天丼ですよと言うと、厨房内の他の人と誰が天ぷら定食って言ったのかという話をし始めたので、静かに席を立って店をでた。金太郎の丼をキンドンって略すのを聞いていいなあと思ったのだけど。
 この道の駅には3店舗のレストランがあったので、こちらへ。もう一つの方は呼び込みの人が常に立っていたのでなんだか入れなくて。注文は来萩スペシャルという海鮮丼。もはやこの時点ではお腹が空いていたのでなんでも良かった。ちなみに刺身を丼にする意味は今も昔もよくわからない。分けた方がいいのではないかと思う。半分くらい萩じゃなくてもいいタネはあるけど、総じて美味しい丼だった。注文してすぐに来たことだけでもはや嬉しかった。 

 萩は宇部空港からレンタカーで行くと意外と近いことがわかってよかった。最初に考えていた石見空港だと高いし便が少ないしで、どうやって行けばいいか悩んだけど。
c0016177_21175887.jpg
c0016177_21184364.jpg
 帰りに宇部空港のレストランで酒。宇部の名産と言えばなんといっても蒲鉾。もっちりとした歯ごたえの蒲鉾を東洋美人でいただいた。フグの唐揚げも注文したのだが、これは絶対下味つけ忘れてるでしょ、という感じのもので蒲鉾の醤油をつけて食べる羽目に。意外とセクシーなユニフォームなのだが、おばさんにまでそれを着せるのはどうかと思ったり。



by atsushisaito | 2017-12-22 12:54 | 飯@23区外 | Comments(0)

六角@山口県山口市

c0016177_00153533.jpg
c0016177_00155076.jpg
 ふらふらと湯田温泉の町を歩いていた時に、この店はなんの店だろうかと気になっていた。バーでいい店はないかと聞いてみたところにこの店が最初に上がったので、メニューも店頭にないからなんの店かわかんなかったけど、あそこか、と盛り上がったり。
 これぞ山口に来たな、とヒットするメニューで、もういい感じ。ただしカウンターだけのお店で、店頭にメニューがないわけだからもう地元の人しか相手していないお店。いわゆる郷土料理じゃない美味しいお店。一軒目からここに来たかったなあ。。。
 日本酒のラインアップも山口でもマイナーどころを押さえている。刺身は盛り合わせてもらった。どれも美味しかったけれど、甘鯛が特に美味しかったなあ。山口の甘い醤油でも負けないというか、素材の良さがグイグイと前に出てくる。
 渡蟹が美味しそうだったので、お腹のキャパを超えてしまっていたけど注文。内子の旨さが半端なく、ほろ苦さと甘さが絶妙に同居していて日本酒のおかわりが進むという。もちろん身も最高。
 今度、湯田に来た時にはこの店でがっつり飲みたい。

by atsushisaito | 2017-12-18 12:15 | 飯@23区外 | Comments(0)