タグ:魚 ( 435 ) タグの人気記事

栄喜@沖縄県那覇市


栄喜@沖縄県那覇市_c0016177_23210275.jpg
栄喜@沖縄県那覇市_c0016177_23210173.jpg
栄喜@沖縄県那覇市_c0016177_23210194.jpg
栄喜@沖縄県那覇市_c0016177_23210217.jpg
ホテルの近くの居酒屋で軽く食事。まずはオリオンビールをいただき、お通しの煮物を。まずはシャコ貝の刺身。なんとなく沖縄に来たらシャコ貝を食べないと、という意識があるので注文してしまったが、値段も安かったということもあり、小サイズでそれほど美味いというほどでもなく。

カウンターに座ったのだけど、目の前の小さな水槽で奄美でいう「とびんにゃ」、高知県だと「チャンバラ貝」、通称マガキ貝が活きでうにょうにょしていたので、迷わず注文。沖縄でもティラジャーっていうのね。そのティラジャーの土佐煮。けっこうな量がドンっときてしまった。醤油と酒でシンプルに煮てる感じのものだけど、貝の旨味が汁の出汁となりとても美味い。その代わりに貝は火が通りすぎてしまって、爪を引っ張りあげるだけで身とキモが全部だるっと出てくる状態になってしまってたが。

写真はないのだが、マース煮も注文。このあたりで酒は泡盛の和乃春雨。15度の春雨で飲むのは初めてのだが、そのままストレートでぐいぐいとやれる。マース煮はシンプルに塩と泡盛で魚を煮るだけ。この日の魚はナワキリという深海魚のアラ。けっこう骨がやっかいなのだが、魚の味がとても良く、マース煮という調理法にとても良く合う魚だった。こちらも魚の旨味が溶け出した汁がとんでもなく旨くて、最後はこの汁をあてに春雨を飲んでいた。

by atsushisaito | 2020-01-01 12:20 | 飯@23区外 | Comments(0)

はが音@新井薬師

はが音@新井薬師_c0016177_19043002.jpg
はが音@新井薬師_c0016177_19043030.jpg
はが音@新井薬師_c0016177_19043020.jpg
はが音@新井薬師_c0016177_19043171.jpg
新井薬師前駅近くの地下にあった青鋼が中野通り沿いの鶏音の跡に移転。はが音へと屋号も変更した。注文は玉子のぬか漬け、豆腐サラダにとうもろこしの天ぷら。そして刺し盛り合わせ。活きのいいものから熟成のものまで、さらには漬けとバリエーションがありよかった。日本酒の種類もよく、秋鹿なんかもあったりで渋い品揃え。
by atsushisaito | 2019-12-13 12:57 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

和鮮しんま 東陽町店

和鮮しんま 東陽町店 _c0016177_01044758.jpg
木場にあるしんまの支店。刺身の盛りの良さが売りのお店でランチは近隣のリーマンで大賑わい。注文は大漁盛り合わせ定食。卓上の紙に記入して注文するシステム。刺身は冷蔵庫にストックしてあり、さっと配膳されすぐに出てきた。マグロ、カンパチ、タイの3点盛り。3点盛り定食との違いは、マグロの量なのかな? すごい量のマグロが盛られていてちょっと面白い。850円の定食なので、マグロの質が云々という話をするところではないのは承知。

もりもりと白ご飯をお刺身で食べらるお店。大根の煮物は色が染みているのにかなり固いのは不思議。魚のアラの味噌汁も、もう少し旨くてもいいかなあといった感じ。



by atsushisaito | 2019-12-08 12:30 | 飯@江東区 | Comments(0)

第二力酒蔵@中野

第二力酒蔵@中野_c0016177_00314846.jpg
第二力酒蔵@中野_c0016177_00314878.jpg
ビールにシャコ、そして特大の秋刀魚。シャコはいいやつを食べてしまうと、ボイルのものはみんな水っぽく感じてしまうんだなあ。これも加工品としては良いものだけど、身の凝縮感はなし。秋刀魚はさすが。この時期で最大の大きさといううたい文句に違わず、良いもの。でもひと昔前はこれくらいが安く食べられたんだよなあ。

by atsushisaito | 2019-12-02 12:40 | 飯@中野 | Comments(0)

日本酒居酒屋 ぽんた@中野

日本酒居酒屋 ぽんた@中野_c0016177_00314889.jpg
早稲田通りを中野駅方面から越えてしまうと一気に店の数が少なくなり、新井薬師に向かうあいロードからも外れてしまうとそこはもう本当に知る人ぞ知るになってしまう環境。まあそれでもビブグルマンの中華もあったりと、探してみる面白さがある界隈でもある。

ここぽんたは日本酒のお店。残念ながらまだ夜には行けてないのだが、ランチにきて酒のメニューを見てるだけでこの店の凄さがわかる。日本酒ともう一方の売りが魚。ランチではこの魚を味わえる。ただし近隣の人は皆この店を知っているのか、限定の海鮮丼などすぐに売り切れてしまう。場所の外れ、お店の簡素な雰囲気からして一見さんがここに辿り着く可能性はかなり低いのだけど、それでもランチタイムは盛況。

この日の注文はブリ丼。炙りと生を味わえる。ご飯は酢飯。半分を炙るという一手間を加えてくれるだけで、随分と印象が変わる。美味いとしかいいようがない。夜も楽しみだなあ。酒のラインナップを見てる限り、中野では日本酒の揃えは最高じゃないかと思う。

by atsushisaito | 2019-12-01 12:27 | 飯@中野 | Comments(0)

魚三酒場@門前仲町

魚三酒場@門前仲町_c0016177_23020057.jpg
魚三酒場@門前仲町_c0016177_23020061.jpg
魚三酒場@門前仲町_c0016177_23020043.jpg
魚三酒場@門前仲町_c0016177_23020103.jpg
森下の魚三には行ったことがあって、てっきり魚三のことは知った気になっていたのだけど、本丸のこちらを攻めていなかったなんて今更ながら自分の浅はかさを思い知った。開店前の16時の15分前くらいに行ったのだが爺さんおっさんらで50人以上の行列。列に並ぶとさらにその後ろにどんどんと行列が伸びていく。居酒屋にこの行列、まさしく狂気!と思ったけど、これって居酒屋のディズニーなのね。

開店と同時にその行列がすんなり店内に収まってしまうのだから、凄い。マグロぶつやアジ刺しなんかは既に用意されていて、食べたい人がこっちもくれ!とお通しのようにそれで一杯をやり出す。4Fまである酒場ビル、そこに一斉に口開けの客が席に着くのでカオスみたいな状態になるのかと思いきや、これが意外と秩序があり、皆思い思いのペースで飲み進めていく。

僕は最初にマグロブツとアジ刺しをもらい、そこからアジフライのオーダー。ビールを飲み干してお酒に移行してウニでまったり。ま、確かに肩を寄せ合うように狭いカウンター席なのだけど、不思議とそれも気にならず、門仲のディズニーを堪能できたわけで。

by atsushisaito | 2019-11-28 12:01 | 飯@江東区 | Comments(0)

富水@門前仲町

富水@門前仲町_c0016177_21494396.jpg
dancyuの揚げ物特集に掲載されていたので、行ってみた。魚屋さんに併設されているお店。といってもこじんまりとした感じではなく、中はかなり広く昼も夜も賑わっているのが想像できる。今回は早い時間帯に滑り込んだので、まだ閑散としていたが。

dancyuに堂々と掲載されていたアジフライはランチはやっていないとのこと、、、、。注文はミックスフライ。この日はエビ、カキそれに白身のなんか。登場して最初に思ったのは、なんとなく皿の上が寂しいな、と。アジフライのような大物がいない。それはともかく、フライはとても美味しくランチの一皿としては十分。

ランチのメニューも多様でいい感じではあるが、なんとなく夜に飲みに来る方がいいかと。それにしても門仲の魚のレベル高すぎじゃないか、、、。

by atsushisaito | 2019-11-16 12:42 | 飯@江東区 | Comments(0)

こい勢@山形県酒田市

こい勢@山形県酒田市_c0016177_18394441.jpg
こい勢@山形県酒田市_c0016177_18394518.jpg
こい勢@山形県酒田市_c0016177_18394524.jpg
こい勢@山形県酒田市_c0016177_18394527.jpg
こい勢@山形県酒田市_c0016177_18394561.jpg
こい勢@山形県酒田市_c0016177_18394650.jpg
こい勢@山形県酒田市_c0016177_18394665.jpg
こい勢@山形県酒田市_c0016177_18394640.jpg
今回の山形行でいきたかったお寿司屋さん。圧倒的なコストパフォーマンスを誇るらしい。口開けの時間に予約していたので、この日の初めての客に。琴平荘でのラーメンの大盛りが効いているのがいささか心配だった。パイナップルの酵素で消化をブーストしていたのだが、満腹感がまだまだ。

握る親父さんの目の前の席に着席。親父さんは予約した名前で呼んでくれるので、一気に距離感が縮まる。お酒は杉勇の特純から。杉勇は東京ではあまり馴染みのない山形の地酒だけど、近所の之吟で扱っているので何度か飲んだことがあった。450円でいいのかなあ、と思うくらいにしっかりと旨い。お通しはもずく。日本海だと石川県の細もずくが特徴的でよく知られているけど、これはそれよりもう少し太く、そして力強い歯応え。沖縄のモズクとも違ってとてもいい。

一品目はズワイガニ。なんと全然知らなかったのだが、山形県では10月からズワイガニの漁が解禁される(だいたい11月が一般的)。卵をもつ雌ガニ、いわゆるセコガニも年明け1月末くらいまでと、漁獲制限がかなり緩い。漁獲高だけで見ると石川、鳥取と比べてかなり落ちるのだが、それでも上位をキープしているので近いうちにこの「時間差」が武器になる時が来るのではないかと思う。

二品目は冬の代名詞でもあるハタハタの塩焼き。ハタハタというとブリコという卵がまず頭に浮かぶのだが、オスメスのセットでこの日は白子も食べることができた。これは貴重な体験。ここで酒を上喜元に。で、お任せでお寿司をお願いした。

3000円くらいの握りなんだけど、今振り返っても握られた10貫はそんな値段の代物じゃないでしょ、というのが感想。この後にお酒を2杯追加しているので合計で8000円くらいにはなってるのだが、同じものを東京で食べたら、と想像すると怖くなるくらいに安い。米も序盤はササニシキ、後段の酢はつや姫と二段階に分けている。そして置いた瞬間に寿司が沈む。手の中で作られた空間が重力によって沈む。口に運ぶ前に惚れ惚れしながら眺めてしまった。

webで感想を書いたブログでこの店に惚れてしまっているポストがあるが、わかるわーと共感してしまった。惜しむらくは昼間のラーメンの影響で膨らんだ腹。東京から飛行機に乗れば1時間もかからないので、また是非行ってみたい。




by atsushisaito | 2019-11-15 12:39 | 飯@23区外 | Comments(0)

とん八@高田馬場

とん八@高田馬場_c0016177_23273762.jpg
とん八@高田馬場_c0016177_23273742.jpg
とん八@高田馬場_c0016177_23273828.jpg
とん八@高田馬場_c0016177_23273859.jpg
高田馬場の赤提灯で一杯。お通しはなし。僕はけっこうお通しが好きで、なんかないと寂しい。注文はスパサラにイサキの刺身。そしてビール。追加で野菜の揚げ煮浸し。酒を焼酎の三岳に。最後にトンビ串をいただき、ごちそうさま。
by atsushisaito | 2019-08-30 12:27 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

がってん寿司 としまえん店@豊島園

がってん寿司 としまえん店@豊島園_c0016177_23022959.jpg
がってん寿司 としまえん店@豊島園_c0016177_23023061.jpg
なんか店員が偉そうというか、東長崎のお店と比べると雰囲気が違うんだよなあ。
by atsushisaito | 2019-08-26 23:21 | 飯@練馬区 | Comments(0)