タグ:蕎麦 ( 232 ) タグの人気記事

南海そば 難波3F店@大阪府大阪市

c0016177_20514251.jpg
多分、もう随分と時間が経ってはいるのだとは思う。しかし、最近気づいてしまったことは、南海の難波の駅の改札外では南海そばが食べられなくなってたということ。3Fの改札外の店がなくなってたことに今回の大阪行きで気づいてしまって困惑してしまった。仕方なく入場券を購入し改札内の店へ。改札内には2店舗もあるのになあ。

月見そばの食券を購入。すぐに登場した蕎麦を啜ると、伸びきって柔らかい。いやあこんな立ち食い蕎麦は久しぶりに食べた気がするけど、なんか大阪って感じでこれはこれでいい。そこに七味をたっぷりふると出汁の香りと共に懐かしさが込み上げてくる。汁はやはり昔と比べて美味しくなってると思う。昔はもっと薄かったような。高校生の頃から食べているから、これはこれでソウルフードなんだなあ。
c0016177_20514211.jpg
c0016177_20514319.jpg
帰りの飛行機内でも慌ただしくご飯、、、、それにしてもANAで朝食以外もお皿で提供される日は来るのだろうか、、、、


by atsushisaito | 2019-01-28 12:59 | 飯@23区外 | Comments(0)

富士そば

c0016177_20045143.jpg
朝そば

by atsushisaito | 2019-01-27 12:26 | Comments(0)

ちく満@大阪府堺市

c0016177_20505949.jpg
c0016177_20510048.jpg
c0016177_20514044.jpg
c0016177_20514014.jpg
4年前くらいにこの店の前を通って驚いた記憶がある。工場のような風貌の蕎麦屋。創業元禄8年という老舗がだすの蒸籠蒸しの蕎麦。今ではもりそばとせいろの違いはなに?というくらい、せいろで共される蕎麦の意味がなくなっているのだが、この店ではせいろが蒸籠であった頃の蕎麦が食べられる。

日本酒をお燗してもらって座敷で飲むみながら蒸し蕎麦を待っていると、すぐに登場。蒸されたばかりの熱々の蕎麦、そして熱々の汁。生卵を割り入れて、そこに熱い汁を投入する。蕎麦を手繰り汁につけて食べてみると、これがなんともいえないふわふわな食感。柔らかいのだけど、だらしなく伸びているわけではない。とことんふわふわなのだ。汁が意外にもしっかりとした辛汁で生卵と蕎麦、三位一体となって心地よさを与えてくれる。

おそらく自分がまだよく食べ物を知らない若い頃に、これを食べてもなんだこりゃ?という感想しかもてなかったんじゃないかなとも思う。変で面白くて心地よいのだけど、今の蕎麦とは全く違うものだし比べられない。比べないという余裕が出てきて初めてこの蕎麦を楽しめるのではないかと。最後に熱々の蕎麦湯で飲む汁の美味いこと。こんな世界遺産的な蕎麦が身近にある堺市の人が羨ましくなってきた。

by atsushisaito | 2019-01-20 12:22 | 飯@23区外 | Comments(0)

浅見製麺所@新井薬師

c0016177_22191266.jpg
カレーつけ蕎麦。太麺と細麺を選べるが、前回のラー油つけ蕎麦で細麺だったので、太麺を。ラー油のと違って、カレーはつけ汁の器が大きいのであまり盛りのインパクトは少ない。というか、実質の麺の器も小さいのではないかなあ。ラー油で驚いた記憶が新しいので、なんとなくそんな感じ。

カレーは蕎麦も出汁が感じられる蕎麦屋さんのカレー。太麺は確かにカレーに負けない強さがあり良かったもだけど、前回の細麺もその麺の太さのわりにかなりストロングな腰だったので、細麺を選んでも全く問題なかったと思う。ラー油もカレーつけ蕎麦も夜に食べるより随分とお安いランチ価格なので、かなりお勧め。



by atsushisaito | 2018-12-22 12:06 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

えきそば@東中野

c0016177_21261973.jpg
以前に富士そばだった東中野駅入り口そばの立ち食いそば。5人も入ると窮屈になりそうな極小の店内。月見そばを注文。わりと昼時であったにも関わらず、けっこうな茹で置き。茹で置きというより茹ですぎなのかなあ。茹で置き賛成派の僕でもちょっとしんどいなという伸び具合。汁は濃いめ。少々濃すぎる感もあるかな、と。
by atsushisaito | 2018-12-11 12:47 | 飯@東中野 | Comments(0)

富士そば


c0016177_22170179.jpg
朝そば。富士そばの中で最高にコストパフォーマンスが良いメニュー。丼セットへのアップグレードはお勧めしない。


by atsushisaito | 2018-12-09 12:14 | Comments(0)

かさい@中野

c0016177_23481430.jpg
中野の駅前で立ち食い。月見そば。


by atsushisaito | 2018-12-07 12:52 | 飯@中野 | Comments(0)

富士そば

c0016177_22140645.jpg
朝そば。朝そばを玉子丼セットに。プラスいくらかを払ってセットにすると朝そばの特権の玉子ときつねが抜かれて、それが玉子丼に変わる。それって意味あるの??? 普通に汁ありの朝そばがベストかな、と。朝の富士そばは。チェーン店の満足度ランキングで富士そばが低かったようだけど、それって富士そばに満足を求めて勝手に失望した人だよね。センスがなさすぎる。

by atsushisaito | 2018-12-05 12:42 | Comments(0)

ゆで太郎

c0016177_22135944.jpg
薬味そば。無料配布中の券を使って大盛り。大盛りにしたせいか、具が寂しく感じる。薬味っていうくらいだから、もう少しガツンときてくれていいと思うのだが、なんとなく肩透かし。ネギくらい、え?こんなに?っていうインパクトが欲しい。薬味の一つの天かすなんて店頭で無料の一品だろ、、、、
by atsushisaito | 2018-11-28 12:32 | Comments(0)

浅見製麺所@新井薬師

c0016177_22261141.jpg
あいロードの浅見製麺所でラー油つけ蕎麦のランチ。港屋系な感じなのかな(といいつつも本家は食べたことがない、、、、)と思い注文。普通に蕎麦と天ぷらが主力のお店。だから、あまり期待もしないで。麺は白い細麺と黒い太麺が選べるとのことで、細麺を選んでみた。大盛りにしようかと迷ったのだが、とりあえず通常のものを。

登場してびっくりしたのだが、普通に大盛り。具のトッピングでさらに大きく見える。これは嬉しいなあと思った。東京のお店で周りもつけ麺やってるからうちもやろう、程度のお店って、結局のところ自分がそれを美味しいと思っていないから、麺の量が少ない。それくらいのものでいいと思っているから汁が少ないことと麺の量の相関関係に気が付けない。

つけを食べたい人は、麺を食べたいのだ。今回は蕎麦ではあるけれど、ラーメンの世界もしかり。ラーメン1玉だから、つけ麺も同じく1玉にしてる時点でわかっていない証拠。で、ひるがえってってこの蕎麦。わかってるなあ、と思った。蕎麦の量が圧倒的。白い麺がどっさりなので、稲庭うどんの感覚で汁につけするっと啜ると、麺は当たり前だが、蕎麦。うどんの感覚でいくと歯ごたえがありすぎる。

このあたりアンバランスなのだが、蕎麦は一本二本くらいでたぐらないと長すぎて、なかなか器に持っていけないし、がつっと頬張るようなものでもない。要するに本格的すぎるのである。ラー油の汁は、程よく、というのは使い勝手のいい書き方なのだけれど、口にしてむせるほどでもないマイルドな濃度。蕎麦だと美味しくて際立つところを微妙に打ち消し合っている感じもしなくない。

盛り付けで嬉しくなってしまったのだが、普通に蕎麦を食べている方がよかったのか、と思う反面、いろんな組み合わせを楽しんでみたいと思ったり。カレーつけ蕎麦もいいかも。

by atsushisaito | 2018-11-24 12:29 | 飯@新井薬師 | Comments(0)