タグ:中華 ( 266 ) タグの人気記事

華吉@中野坂上

c0016177_22441453.jpg
しいたけ旨煮そばで有名な華吉。駅直結でアクセスもいいし、かつ中野坂上周辺にお店が少ないのでランチどきには行列もできるくらいに繁盛している。この日の注文は天津飯。タレが甘酢だった。関東でよくあるこのケチャップを使用した甘酢の天津飯、はっきりいってあまり美味しくない。天津飯といえば塩ダレ。あと、ここのは卵に火が通り過ぎだし、薄い帽子のような感じでご飯の上にのっかっているだけ。飲みにも使えるいいお店なんだけれど、ここで天津飯を食べる理由はないな。
by atsushisaito | 2018-12-27 12:43 | 飯@中野 | Comments(0)

香噴噴@木場


c0016177_00160320.jpg
dancyuの汁なし担々麺特集で掲載されていたお店で気になっていたので行ってみた。汁なし担々麺に追い飯のジャスミンライス小。美味しい汁なしだとは思うのだけれど、花椒的な痺れはノーマルではかなり弱く辛味も控えめ。雑誌に取り上げられる何か鮮烈さを期待していた自分としては肩透かしな感じ。ただ味は重層的でしっかり。口当たりの酸から旨味へ。麺がなくなった後のタレはジャスミンライスを投入して最後まで美味しかった。

by atsushisaito | 2018-12-26 12:12 | 飯@江東区 | Comments(0)

家宴@新井薬師

c0016177_23391466.jpg
上海風焼きそば。この店の鉄板メニュー。量が多いのだけれど、その旨さで一気に食べられてしまう。
by atsushisaito | 2018-12-25 12:40 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

萬来軒@新井薬師

c0016177_22135855.jpg
いつも読んでるブログの中の人の子供さんが、ここの焼飯は美味い!というポストをみて、そうかそんなに美味しいのか、と行ってみた。近所だけど、テーブルだけのお店ってなかなかふらっと入ることを躊躇ってしまうので、随分と久しぶり。

焼飯は美味しかったが、ご飯がけっこうな柔らかめで、外で食べる焼飯としてはかなり柔らかいな、と感じた。ただしべちゃっとしているわけではない。特徴としては具のかまぼこの分量は多めで、全体的にご飯の柔らかさと併せてふんわりとした印象の焼飯だった。

by atsushisaito | 2018-11-26 22:13 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

秀永@高田馬場

c0016177_14163667.jpg
高田馬場でトップクラスの人気を誇る街中華の秀永。狭い店内でカウンター席がなく、テーブルのみなので100%相席必須。だからなかなか入る勇気がわかずでここまで来てしまったが、近くのキンコーズに寄った勢いで中へ。なんでも美味そうなのだけど、初めてで余裕がなく本日のお勧めで麻婆春雨定食を注文してしまった。他に名物的なのものあるのね、、、。

厨房も狭いのか、周りを見回してもけっこう出てくるスピードが遅め。もしかしたら、鍋一つで回しているのかもしれない。なのでかなり時間がかかっての登場。量がたっぷり、味もいい、これは他のメニューも食べてみたいなと思わせてくれる。ライスがいまいちなのが残念。

今は美味しい米が安すすぎて、外食で米を残念に感じることが増えてきてるんだよな。

by atsushisaito | 2018-11-07 12:29 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

餃子の満州

c0016177_23120159.jpg
餃子定食。卓上のタブレットで注文。回転寿司だと一般的になってきたが、中華でタブレットはなんとなく違和感。人件費を考えると、どこもこういう形になっていくのだろうけど。そのうちお会計もタブレットで出来るようになるんだろうな。3割うまかった。
by atsushisaito | 2018-09-25 12:45 | Comments(0)

家宴@新井薬師

c0016177_23120039.jpg
上海風焼きそば。豪快な鍋のあおりによって得られる旨味の乳化はさすがプロ、といった感じで美味しい。ボリュームもたっぷり。この店の鉄板メニューと勝手に思っている。
by atsushisaito | 2018-09-21 12:57 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

中国家庭料理 楊 2号店@池袋

c0016177_22460252.jpg
久しぶりに楊で汁なし担々麺。10年ぶりくらいなのか。そんなに経ってはいないとは思うのだが、記録に残っているのはそれくらい。当然ながらだいぶ印象が違う。食べる前に底にたまった汁と麺を混ぜ和えるのだが、粘度がかなり高い。最終的にドロドロのミートスパゲティみたいな見た目になってしまった。

食べてみると花椒が弱いなと思った。味付けの強弱の注文はしていない。こんなに舌が痺れてしまっていいのかっていうくらいに痺れが強いのが楊の真骨頂かと思っていたのが崩れた。普通に捉えると辛さもあり、痺れも少しありで強度はさほど弱いものではないと思う。しかし、これではない感が終始つきまとった。だから、どろどろのタレを纏った麺の不快さだけが残ったという。

もしかしたら孤独のグルメ以降、標準をマイルドなものにしてしまってたのかなあ、と思ったり。

by atsushisaito | 2018-09-19 12:08 | 飯@豊島区 | Comments(0)

龍栄@下落合

c0016177_22464270.jpg
龍栄が今週の18日を最後に閉店してしまうとのことで、行ってきた。創意に溢れるメニューをまだまだ食べきれていないうちの閉店でとても残念。注文はダヌダヌ麺240g。ダヌダヌとはなんぞって感じだけど、坦々麺(つけ麺)に近いけど坦々麺じゃないということで「ダヌダヌ」としている。高齢のご夫婦が生真面目にダヌダヌのオーダーを受けているのがなんとも不思議な感じ。

ダヌダヌつけ麺の汁は麺が沈まないくらいの濃度、でもどっちかというと旨味が少なく、塩気が強い。素直に美味しいのか、と振り返るとそんなに美味しいものではないけれど、なんかまた食べたくなってしまう味だ。ちなみに最初にスープ割ができることを伝えてくれるのだが、スープで割っても全然割り切れないので、今回はしなかった。

お客さんが帰り際に、他でもやって欲しいなあと名残惜しそうだった。もうこの店舗は取り壊しで他でもやらないそう。最後にもう一度くらい行けたらいいなあ。

by atsushisaito | 2018-08-16 12:45 | 飯@中野 | Comments(0)

華吉@中野坂上

c0016177_22471412.jpg
冬子をこれでもかと使った椎茸そばが有名な中華の華吉。冷やし鶏そばを注文。椎茸並みの素晴らしいものが出てくるのかと思ったけど、胡麻ベースのタレのオーソドックスな冷やし。あまりアクセントにはならない鳥がのっている。平皿なので、タレを飛ばさないように食べないといけないのだが、麺が思いの外にダマになっていて、食べ辛い。

やはり冷やしの限界ってここなのかあ、と少し残念に思いつつご馳走さま。冷やし中華ほど自作で素直に美味しく仕上がる料理ってないかもなあ。だから、お店の冷やし中華が高く感じられてしまってしょうがない。

by atsushisaito | 2018-08-13 22:54 | 飯@中野 | Comments(0)