タグ:ラーメン ( 895 ) タグの人気記事

バラそば屋@中野

c0016177_22370086.jpg
 このシンプルだけど濁さない豚のスープって、派手さは少ないのだけどなんか記憶に残る。食べたい食べたいと思いつつなかなか行けなかったけど、ようやく。せっかくなので特製。九州の豚骨スープとは全く違う豚の風味を生かし塩でビシッとしめたスープは、古いものと新しい所、そのどちらにも属さない味わいで美味い。もう少しゴリっとコクや旨味が押してきてもいいんじゃないか、と思わせるそのあたりが絶妙なバランスなんだなあ、と。
by atsushisaito | 2018-02-19 12:36 | 飯@中野 | Comments(0)

青葉@中野

c0016177_22300052.jpg
 全然行かなくなったけど、最近また行きたくなって空いてる時間を見計らって行ってみた。毎日みてるわけじゃないけど、行列はできないなあ。中野駅近くでそもそもそういう店はないかも。注文は中華そば。
 一口スープを飲んで、うーん、、、、としばし考えてしまった。昔からこんな味なのかそれとも自分がもっと濃い味に慣れすぎてしまったのか。単純に味がぺらい。表面に浮いた油で口あたりはテロっとするものの、スープにおける動物系の味わいは弱い。そして魚系、つまり出汁なのだがこれが何とも単純。例えると粉末出汁で強く味を出した適当な味噌汁的な。もちろんここでいう味噌は比喩で、そういうテイストだと理解してもらえれば。
 食した感想としては、スーパーの冷蔵コーナーで販売している生麺の袋入りをカウンターで調理して食べてる感じ。付け加えておくが、あっさりでも美味しい店はたくさんあるし、こってりでも自分の好みに合わないからといって不味いとは書かない。しかし、この日の一杯はとてもじゃないが美味しいとは言えなかった。残念、、、、

by atsushisaito | 2018-02-11 12:29 | 飯@中野 | Comments(0)

倉敷らーめん升家@新井薬師

c0016177_20490068.jpg
 とにかく次から次へと開店閉店を繰り返す場所なので、誰しもが次は大丈夫かなあと心配してしまう所に倉敷ラーメンを名乗る升家が出店。実際に倉敷にお店があるみたい。どういう要件で倉敷ラーメンになるのかはわからないが、とりあえず倉敷の食材を使っているので倉敷ラーメンということみたい。
 注文は醤油ラーメン。スープが甘いというのはネットの情報で見ていたが、ほんとに甘い。最初は豚の脂の甘さがふうわりとくるのだが、そこからぎゅっと口の中で甘さが増していく。九州などでよく使われている甘い醤油を持ってしてでも、こんな甘さが出るものだろうか。その甘さに慣れさえすればライトなラーメンで普通に美味しい。こってりをだんだんと受け付けなくなってしまった体には嬉しい。メンマがこれまで食べたことがないくらいに極太なのが特筆。トッピング無料券もらったので、今度はメンマトッピングで行こうかと。 

by atsushisaito | 2018-02-10 12:32 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

博多天神@歌舞伎町

c0016177_20490026.jpg
 博多天神でキクラゲラーメン。キクラゲ多すぎ、、、。この日はそんなにお腹空きではなかったので替え玉するつもりはなく、最初から辛子高菜を投入。するとあんなに麻薬的に美味いはずの辛子高菜ブーストのスープがいまいちに感じる。やはり最初はノーマルスープで食べ終えて舌を調整しないとダメなのかも。替え玉辛子高菜ブーストからが博多天神の真骨頂。ちなみに紅生姜はスープが汚れる感じがして、入れる気がしないんだなあ。ゴマやニンニクにも興味がない。辛子高菜一択。
by atsushisaito | 2018-02-09 12:22 | 飯@新宿区 | Comments(0)

かしわぎ@東中野

c0016177_20485956.jpg
 久々に行くと中のレイアウトが変更になっていて、いままであった一部のテーブルが撤去されて待ちのスペースに。あまりの行列の長さに対策を迫られたのだろうか。この日も開店直後に行ったのですぐに座れたものの、食べ終えて出る頃には待ちスペースが埋まっていた。
 醤油を食べるのは2度め。ぎゅっと醤油の旨味が強いスープだけど、僕にはちょっと強すぎるので塩の方が好み。このラーメンを食べてると新井薬師で数ヶ月で撤退してしまった久仁衛のラーメンも、場所が違ったら普通に繁盛してたのかなあ、と思ったり。

by atsushisaito | 2018-02-06 12:48 | 飯@東中野 | Comments(0)

味噌一@中野

c0016177_23435953.jpg
c0016177_23440973.jpg
 食べる気はさらさらないものの、よく前を通るので閉店されていたら気になるところようやく復活のことで、行ってみたり。実際は他の店が混んでいたのでここでいいかと入ったんだけど。一時期は味噌一にも行列あったなあ。各支店に行列があった。時代は変わるんだなあ、というのを実感。
 この後、食事の予定があったのでラーメンは重いかとおもいつけ麺。寄付の玉子とメンマにちゃんとお金を払うくらいに大人になったことを実感しつつ、つけ麺。これしかしいらんことに労力注いでるんだなあ、という感じの丼が到着。

 で、味はどうかというと不味い。努力が形になっていない。いらんトッピングに手を加える時間があったら汁を頑張るべきだな。幸い麺はいい。この麺を美味しい汁で食べる、手間いらずにさっと軽く、そのあたりで随分印象が変わってくると思う。

 味噌ラーメンの店のつけ麺に美味い店なし。これは僕があるお店で働いたことがあるから。もう20年近く前になるけど世田谷の経堂ラーメンの支店でバイトを始めた。ここのつけ麺が本当に美味しくなく、でもなんとなくその美味しくない構造も分かったような。味噌をベースにするお店だとどうしても汁が弱い。ここのラーメン屋も色々と素材を投入していたけどそれが追いつかないくらいにベースが弱かった。なのでつけ汁で勝負するつけ麺だと途端にその弱さが露呈されていた。ここのつけ麺を食べて、ひさかたぶりに不味いつけ麺というのを思い出した。こういう方向性のない味が嫌いだったなあ、と。

 なので味噌一そのものを悪くいうつもりはさらさらないけれど、つけ麺はやめておいた方がいい。素直にラーメンがベスト。



by atsushisaito | 2018-02-05 12:43 | 飯@中野 | Comments(0)

さとう@神奈川県鎌倉市

c0016177_22453190.jpg
 少し駅前から外れた場所にある中華そばのお店。なんでも東京大田区の穴守稲荷にあるお店の支店だとか。暖簾に掲げられた中華そばという屋号がとても似合う内装でいい感じ。注文の先払いには少し戸惑うが。中華そばにメンマをのせて800円。
 登場したのは塩ラーメンかというくらいに色が澄んだスープ。味わいも淡麗。中華そばの醤油のイメージからするとだいぶ違う感じだけど、ぐっと出汁が効きつつほどほどに動物系の味わいも。ぽくぽくした食感の細麺に割と少量の一杯を食べながら、これはハイレベルな飲んだ後のラーメンだなあという印象を持った。

by atsushisaito | 2018-02-03 12:44 | 飯@23区外 | Comments(0)

ごたる@沼袋

c0016177_21321688.jpg
 いつもの博多天神もいいんだけど、たまには本格的なとんこつラーメンを。そのままで十分に美味しいけれど、やはり辛子高菜投入後の旨さといったら比べられるものはないのではないか、というくらいに旨し。ただ、博多天神みたいに何も入れないと不味いラーメンと違って、最初から美味しいからスープを汚していいか迷うところでもある。
by atsushisaito | 2018-01-30 12:32 | 飯@沼袋 | Comments(0)

はし本

c0016177_22375287.jpg
 今年初のはし本。辛味はなしで味玉。旨し。大盛りないのって客が入るとすぐに仕込めるメリットがあるんだな。僕は普通盛りで十分満足。
by atsushisaito | 2018-01-21 12:37 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

神楽@石川県金沢市

c0016177_20561321.jpg
c0016177_20561810.jpg
 新幹線で金沢に向かったはいいが、記録的な大雪で電車が一晩立ち往生してしまってニュースになってた、というタイミングの悪い日に。
c0016177_20562332.jpg
 実に7年ぶりの神楽のラーメン。2年か3年前に再アタックを試みたのだけど、臨時休業だったのかやってなかった。おそらく最初に食べた時のと同じ注文なんだけど、それは卵とチャーシューが別皿になっていた。この日のメニューを確認したら、チャーシューが別皿のメニューもあったなあ。昔の写真ではもっと太麺だったようにも見える。少しづつ変化があるのかも。
 あらためて食べてみた感想としては、麺は細い。若干パツパツしている小気味いい歯ごたえ。そして出汁がすごい。出汁が美味すぎて全体のバランスが少し傾いているんじゃないかと思うくらいに出汁が突出していた。これは醤油だけではなく、塩も味噌も限定の鴨も全部食べたいと後ろ髪を引かれながらホワイトアウトな道をレンタカーでノロノロ走るという試練が、、、、、。

by atsushisaito | 2018-01-16 12:55 | 飯@23区外 | Comments(0)