タグ:ビール酒&etc ( 1100 ) タグの人気記事

富の蔵@新宿御苑前

c0016177_21412169.jpg
c0016177_21412118.jpg
c0016177_21412208.jpg
 蒼穹舎の隣の蕎麦屋さん。ここは飲みもかなりいけるお店。この日は飲むより話が中心だったので注文はコースの飲み放題で。飲み放題でもいい品揃えだったのだけど、少し問題も。少しじゃないか。このあたり言っておかないと炎上しそう。
 まあそれはともかく奥さんが不在ながらも丁寧な接客でいい感じで過ごせた(写真はちょっとしかとってない)。アラカルトかコースか、これって難しいのだけれど今回は少人数だったのでアラカルトで注文してもよかったかなあ。厨房のご主人がいつも帰り際に店の外まで挨拶に出て来てくれるのが、毎回嬉しいんだよなあ。年に数回しか行かないのに大事にされてる気がする。

by atsushisaito | 2018-07-13 12:10 | 飯@新宿区 | Comments(0)

馬酔木@山梨県甲府市

c0016177_18194734.jpg
c0016177_18194736.jpg
c0016177_18194654.jpg
c0016177_18194726.jpg
c0016177_18194788.jpg
 くさ笛に居合わせていたお客さんにおすすめしてもらったバー。意外と迷ってしまってキャバクラのお兄さんに教えてもらったり。地方の客引きってお節介焼きの人が多くて、たまにこうして飲み屋を教えてもらったりする。到着したビルは古くて地下で現在営業しているのはこの店一店だけ。ビルの開業以来40年くらいここで営業している甲府でも老舗のバー。
 マスターと話して初めて知ったのだが、この店は太田和彦の番組に登場しているらしい。なので太田先生ファンの聖地巡礼の場所になっていて、ここで皆さんジントニックを注文するのだとか。僕の注文もジントニック、、、、。どこのバーでもいえるけど、マスターのホスピタリティがとても良くゆっくりと寛ぎつつ酒を楽しめた。二杯目はボウモアのロックをいただいた。新しくお客さんが入ってきたところでお会計をしてもらった。
 甲府がますます好きになった。

by atsushisaito | 2018-06-25 12:44 | 飯@23区外 | Comments(0)

くさ笛@山梨県甲府市

c0016177_18194633.jpg
c0016177_18194609.jpg
c0016177_18194656.jpg
 甲府は2度目なのだけど、やはりディープな町だと再認識。古い横丁がいくつもあり歩いているだけでワクワクする。このくさ笛があるオリンピック通りは名前の通り、昭和の東京オリンピック開催の頃にできたという横丁で、くさ笛は昭和39年に開店している。太田和彦本にも掲載されている飲み助には有名なお店。
 お店はカウンターだけ。地元の常連さん達で賑わっている。まずはビールをいただきつつお通しの酢の物を。一見客なのに女将さんが気さくに話しかけてくれる。隣のおじさんもだ。山菜の季節には女将さんが自ら採ってきた山菜料理が味わえるのだそう。もう少し早く来ていたら味わえたのに、残念。注文は山椒豆腐。大人の味だよっと女将さん。ピリッとした山椒の葉がとても美味しく、いい酒のアテに。
 ここで日本酒に。山梨の地酒が揃っているのだが、よくわからなくて福井の九頭龍を。次の注文はワラビの卵とじ。ワラビのおひたしをお願いしたのだが、最初の豆腐がさっぱりしているのだから次はちょっと違う感じの方がいいんじゃない?という女将さんのアドバイスに従った。おそらく誰もが感じるのはこの店の居心地良さ。女将さんのとても優しい気遣いに誰しも酔いしれる、そんな名酒場。

甲府はとりあえず、どてやき下條、ここくさ笛、あとはアウトサイダーブルーイングを押さえておけば完璧。まだまだ他にも名店がありそうな気配なので、また来たい。


by atsushisaito | 2018-06-23 12:35 | 飯@23区外 | Comments(0)

幸運豚人 Tsui-teru! Porkman@中野

c0016177_21555617.jpg
 牛の熟成肉で有名なツイテルの豚肉専門のお店。まずはビール、4人だったので適当に色々と注文。写真は野菜串。どれも価格と量のバランスがちょうどいい感じ。何料理っていうわけではない創作系の料理で低温調理の肉も味わえる。お酒が安くて2000円くらいからワインをボトルで注文できて財布にも優しい。
 ちょっと洒落たというか明るい雰囲気なので、一人飲みには使えないかなあと思っていたのだけど、そんなことはなくて一人で飲みに来てる人も何人かいた。ランチも美味しいし夜も飲めるし、いいお店。

by atsushisaito | 2018-06-22 12:39 | 飯@中野 | Comments(0)

おかやん@中野

c0016177_23135524.jpg
c0016177_23135693.jpg
c0016177_23135654.jpg
 なんとなく京都の蒼空は瓶のデザインからして夏酒っぽいので、蒼空。そして初夏といえばとり貝。生でもいけるがこの新鮮なものを茹でたものの甘みも素晴らしい。とり貝は本当に美味しい。いつかは丹後あたりまで出向いて、本場の味を食べてみたい。

by atsushisaito | 2018-06-12 12:58 | 飯@中野 | Comments(0)

羊香味坊@御徒町

c0016177_23135510.jpg
c0016177_23135512.jpg
 いまやdancyuでも羊が特集されるくらいに羊ブームがきている。そしてここ羊香味坊はその前線基地といっても過言ではないほどに注目を集めているお店の一つ。調べてみると夜の取れない予約より、昼の13時から始まるグランドメニューで飲み始めるのがいいらしい。そういう訳で平日の13時すぎに店へ。8割り方はお酒飲みながら料理を楽しんでいる知っている人たちばかりだった。
 まずは生ビールをいただいた。注文は焼き餃子と串の盛り合わせ。何かすぐに出る一品を注文すればよかったな、と反省。しばらくビールで過ごすことに。お通しがないってメリットじゃなくてデメリットでもある。まず串から登場。羊の部位を一本ずつ堪能できるので、二本縛りな単品メニューより随分とお得なこちら。若干、羊の肉が得意ではないのだけど、ふられたクミンの爽やかな香りにも助けられた。美味しい。羊の独特の癖とクミンの香りの相乗効果でとにかく美味い。もちろん、ここでいう癖とはダメダメなお店のものとは雲泥の違いがあるものだけど。
 焼き餃子にいたっては、黒酢のまろやかさでつつまれてからのふわっとした餡の美味さの広がりに、誰にでもなしに思わず一人で頷いてしまう。パクチーが苦手なので、そこらを堪能できなかったのは残念だけど、肉肉しい美味さは堪能できたので良かった。串を一口食べた瞬間に、これは赤ワインでしょと思いグラスワインのグラスを重ねた。冷蔵庫で冷やされていたのが残念。常温で飲みたかった。

by atsushisaito | 2018-06-11 12:33 | 飯@台東区 | Comments(0)

おばんざいとお酒 ひさし@富山県富山市

c0016177_21105396.jpg
c0016177_21111105.jpg
 富山で一杯いくお店でオススメしているお店。地元目線で美味しいものが食べれつつ、富山の地のものもしっかり味わえる。もちろん勝駒も。この日は1軒目でたらふくご馳走していただいたので、簡単に。お店に行ったらお勧めして人たちがいて嬉しかった。ここは富山での一食にお勧め。
c0016177_21113160.jpg
 山田写真製版所のすぐ近くの小洒落た中華屋さん 香港酒家 富紀。印刷立会いの時はここに行く確率がかなり高い。おかわりのできる小鉢のチャーハンはいまいちなんだけど、ラーメンはとても美味しい。多分、夜はかなり美味しい店だと思う。
by atsushisaito | 2018-05-31 12:10 | 飯@23区外 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_15003264.jpg
c0016177_15003845.jpg

by atsushisaito | 2018-05-28 12:00 | 飯@中野 | Comments(0)

丸一@富山県富山市

c0016177_12413537.jpg
c0016177_12413522.jpg
c0016177_12413534.jpg
 総曲輪で昼から飲めるお店といえばここ、丸一。地元の常連客も多い。ビールをもらってからの最初の注文はすす竹の焼き物。根曲がり竹を富山ではすす竹と呼ぶ。そういえば、前回の丸一ではすす竹のおでんを食べたかな。皮を剥いて食べるのだが、柔らかさだけではなく山菜らしいほろ苦さも少しあり、とてもいいおつまみ。常連さんの少し煩い話し声を魚にビールを飲み干し日本酒へ。
 店のおばさんはぶっきらぼうで怖いのだが、話をふるとちゃんと答えてくれる。焼き魚を食べたいのですと伝えると今日は鯛がいいと。あまり大きいと食べ疲れそうなので、小さいのをお願い。一番小さいのを選んで焼いてもらった。それでも僕にはけっこう大きく、途中で白身以外のものを食べたいと思ってしまったくらいだが、味はとてもよかった。鯛は頭の部分にも食べられるところがたくさんあるので、全部ほじほじと食べ尽くした。鯛の中の鯛も救出してご馳走様。

by atsushisaito | 2018-05-23 12:40 | 飯@23区外 | Comments(0)

やつはし@富山県富山市

c0016177_22224902.jpg
c0016177_22224916.jpg
c0016177_22224909.jpg
c0016177_22224961.jpg
c0016177_22225048.jpg
c0016177_22225006.jpg
c0016177_22225040.jpg
c0016177_22225057.jpg
c0016177_22225173.jpg
 最新作の印刷に富山へ。是非この機会にご購入もお願いします!
http://roshinbooks.com/pgtf.html

 これまで一人でも何度か行ったことがある「やつはし 」に。太田和彦本にも掲載されているお店。以前にも一度連れてきてもらったことがある。魚よし、酒よしのお店なのだけど、いかんせん料理のペースが早すぎるのには困った。
 バイ貝煮のお通しにニギスのすり身揚げを堪能していると、刺し、焼き、煮魚がすぐさまに登場してしまう。このあたり予約の時点できちんと伝えておかないといけない。あとは富山の銘酒である勝駒は1グループ一合までという強烈な縛りがあるので、そのあたりも注意点。四合瓶を購入するという抜け道もあるけど。
 
 富山市内の太田和彦本掲載店は、ここ「やつはし」と「あら川」だけだけど、他に絶対にいい店あるんじゃないかなあ、と思ってる。

by atsushisaito | 2018-05-19 12:21 | 飯@23区外 | Comments(0)