タグ:カレー ( 157 ) タグの人気記事

よもだそば@日本橋

c0016177_2240391.jpg

 銀座にもある、自家製面とインドカレーの店、よもだそば。 かなりそそられるのだけれど、立ち食い蕎麦とインドカレー、このミックスを味わう機会をなかなか得られることができなくて現在に至った。 店頭で、カレーを主役にするか蕎麦を主役にするか、そうとうに迷ってあげく、インドカレー主体のたぬき蕎麦の小さいのがついてくるメニュー。お腹の具合としては、たぬき主体のミニカレーくらいのソフトのものがあればよかったのだけれど、なかった。
 全体的に店員は老人。カウンターで食券を渡し、セルフの水を飲み待つ。すぐに登場したカレーと蕎麦を受け取り適当に立ち食いカウンターへ。地下には座れる席もあるようだ。 カレーはともかく、最初に蕎麦を食べなければ、と熱い汁を啜る。うむ、旨い。 しかし、これ、冷やしにもできたそうだ。クーラーはそれなりに効いているのだが、入口の近くでけっこう暑くて汗が噴き出す。さて、カレーはどうかとさらりとしたソースにご飯をからめて食べると、これまた美味い。 汗はさらに噴き出す。食べながら思ったが、昔の松屋のカレーにはこれくらいのフロンティアスピリットがあったなあ、としみじみ。
 残念なことは、写真では一本まるまるだった手羽元が、実際には完全に骨だったくらいで、総じて満足。旨い。
by atsushisaito | 2014-08-21 12:37 | 飯@中央区 | Comments(0)

某カレー屋さん

c0016177_19464713.jpg

 ある美術館の近所のカレー屋さん。以前、その美術館に訪れる前にカレーを食べたら、美術館のチケットがお持ち帰り自由になっていたことに味をしめて、こんかい某展示に行く前にカレーを食べにいったら、もうなくなってしまったとのこと。 残念。
by atsushisaito | 2014-07-23 12:44 | Comments(0)

インデアンカレー@東京

c0016177_0104555.jpg

 大阪の名物カレーが唯一東日本で食べられるお店。 この一口目の甘さを追ってやってくる辛さの塩梅が、インデアンを食べてるんだな、と思わせてくれるほどに鮮烈。 ソースの量がこれまた絶妙。これ以上少ないと物足りないし、これ以上多いと最後に持て余してしまうし、ごはんとのバランスも悪くなる。
 いつかスパゲティやハヤシライスも食べてみたいなあ。
 
by atsushisaito | 2014-06-13 12:10 | 飯@千代田区 | Comments(0)

文吉@新井薬師

c0016177_22231364.jpg

 新井薬師の看板のない洋食屋。 地味に名物なのがカツカレー。カレーは旨いのはもちろん、肉料理が得意な店の揚げたてのカツなので、その組み合わせが外れるわけもなく、安定の一皿。 
by atsushisaito | 2014-04-11 12:10 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

シャリデス@中野

c0016177_15234666.jpg

 王将の近くに可愛いイラストがあり、階段を上ると小さなお店がいくつか。元は居酒屋だったような内装のお店のカレー屋さん。 創作系のカレーで、週替わりで味がかわるのだとか。筋肉少女帯がBGMの中、二種類のカレーが味わえるのを注文。ハチミツを使ったカレーにサバのカレーの合い盛り。盛りがなんというか少ないというか繊細。普通の盛りだと物足りない。 味はなかなか。複合的なスパイスの使い方ではなくて、なにかを突出させてくる組み立て。素人っぽさも感じられるけれど、まあなんか店の雰囲気と合っていて悪くない。ゆるい感じ。
by atsushisaito | 2014-03-17 15:33 | 飯@中野 | Comments(0)

インデアンカレー@丸の内

c0016177_20544532.jpg

c0016177_2055681.jpg

 大阪に行ったら(帰ったら)食べたくなるインデアンカレー。 実は東京駅でも食べられる。この口当たりが甘くて、そして一気に辛さが押しよせる変な味は本当に癖になる。 この日はピクルスを大盛りに。50円+とは思えないくらいたっぷり盛ってくれるのでお薦め。
by atsushisaito | 2014-02-02 12:54 | 飯@千代田区 | Comments(0)

南印度ダイニング@新井薬師

c0016177_2244333.jpg

c0016177_22434144.jpg

c0016177_22434837.jpg

 タンドリーチキンとマッシュルームのスパイス炒め、そして瓶ビール。 バナナリーフミールスを食べてみたいなあ。
by atsushisaito | 2014-01-13 12:40 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

インデアンカレー 南店@難波

c0016177_22352599.jpg

 自由軒でカレーを食べるくらいなら、こちらの方が断然満足感が高い、インデアンカレー。  この甘みと辛さの同居具合といったら、、、。 大阪巡りの一店に加える価値あり。
by atsushisaito | 2014-01-11 12:34 | 飯@大阪 | Comments(0)

松屋@中井

c0016177_11375321.jpg
 
 松屋でカレー。オリジナルカレーの方じゃなくてスパイシーカレー。 スープカレーっぽい。ちょっと寂しい見た目だけど、普通に美味しい。 カレーの後に飲む味噌汁がサドっぽくて嫌いじゃない。
by atsushisaito | 2013-10-28 12:37 | 飯@中井 | Comments(0)

国立国会図書館 食堂@永田町

c0016177_113353.jpg

 あまり仕組みをよくわかってないのだけど、本をつくると国会図書館に納本しなくてはいけないとのことで、永田町の国会図書館へ。 納本の職員員や業者が出入りする入口から入り、納本手続きを済ませたのだが、せっかくなのでご飯でも食べようと最上階の食堂へ向かった。  
 最近は官公庁の食堂も新しいところだと、それなりの業者が入っていて品揃えもいいと思うのだけど、ここは昔ながらのダメさを引きずっていて、まあそれがいい感じで嫌いじゃない。 そしてその枠組みの中でなんとかしようとしている努力も感じられて、しかしそれがいい方向に向かってないところが、この食堂の良さw   丸ごと野菜カレーを注文。 丸ごとってどういうのだろう、と思っていたら、登場したのはご飯の真ん中にドンっと湯剥きトマトが。 そう来ましたかあ、丸ごとですなあ。 丸ごとトマトを載せるための土台としてのライスだが、トマトが丸ごとででかいので、それを支えるご飯も相当な量。しかし、飾り付けを重視しすぎたためか、カレーソースが全体の量に対して足らない。  
 実際に食べてみると、トマトの甘みと酸味がカレーと調和して、美味しい。大胆なトマトの起用も間違いではない。カレーそのものは平凡でなんら特筆することはないものながら、この組み合わせそのものは面白い。自分でもスパイスからカレーを作るときにはトマト缶を使ったりするので、カレーとトマトは相性がいいと思う。 しかし、、、、やはりカレーソースの量がご飯の量に比べて、圧倒的に少ない。 バランスを考え節約して食べてたのだが、それでもご飯が残ってしまった。
by atsushisaito | 2013-10-17 10:51 | 飯@千代田区 | Comments(0)