タグ:カレー ( 160 ) タグの人気記事

ブラザー@高田馬場

c0016177_21104216.jpg
ブラザーでキーマカレー。意外とスパイスの使い方がやさしい印象で、派手にぐっとこない。キーマの肉の食感がなんだかボソボソしたように感じられて、ちょっとこれはいまいちだったなあ。不味いわけじゃないんだけど。
by atsushisaito | 2019-09-08 12:58 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

松屋

c0016177_23275193.jpg
ごろごろチキンのトマトカレーが早期に終了してしまい、その後発のごろごろチキンのバターチキンカレーを。全然空調が効いていない店舗だったので、暑かったです。。松屋はやっぱり牛丼を食べるところじゃなく、カレーか定食だなあ、と思わせられました。もう牛丼やめちゃえばいいのでは、、、、。

by atsushisaito | 2019-09-07 12:11 | Comments(0)

京洋食文吉@新井薬師

c0016177_23023045.jpg
文吉で牛すじカレー。牛すじはトロトロでいいのだけど、塩っぱい。全体的に塩気が強いかなあ、という印象。やはりこの店ではカツカレーか。
by atsushisaito | 2019-08-28 12:24 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

文吉@新井薬師

c0016177_21295525.jpg
文吉でカツカレー。なんかけっこう流行ってるんだよなあ。土曜日は限定のローストビーフがあるからか、店の前に何人か待ってたり。カレーはまあ普通の味なんだけど、たっぷりのスジ肉が煮込まれていて大きいのがごろっと混じっていると、トロトロでとても美味しい。揚げたてのトンカツをカレーソースで食べる正義は普遍的に間違いないので、だいたい僕は文吉ではカツカレー。
by atsushisaito | 2019-06-19 12:34 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

cuud 第2旅客ターミナル店

c0016177_18101629.jpg
羽田第一ビルにあるカレー店が第二ビルにもできてた。第一はJALの搭乗口がある方。ANA中心に乗る僕には全く縁がないのでそんなお店が第一にあることを知ったのも食べ終えてから。意外と羽田のレストラン、ふらっと一人で軽く食べるお店ってなかなかなく、天丼かうどんで迷ったが今回はうどんにしてみた。

店内はシャレオツな空間で、厨房をステージに見立てた感じでそれをぐるりと囲んでカウンターが段々になって設置されている。僕は一番上の段のカウンターに座ったのだが、前方下部に座っている客の無防備な後ろ姿が視界に入るのは、なんとなく落ち着かず、、、、。

普通のカレーうどんを注文した。うどんの他に小鉢が3つ。ご飯、ピクルス、割りスープ。スープは和出汁がベースで支えつつ各スパイスの香りがツンと立つ形で美味い。マネーの虎で大阪王将の虎が発言した「まずいカレーなんかないわ」っていうのがずっと印象に残ってしまっていて、このうどんを食べながら、これを不味く作るのも難しい話だなあと思ったり。要は内装などのコンセプトから固めて行かないと、カレーうどん単体での差別化って難しいのかなあ、と美味い美味いと思いつつ、しかしまあ普通の美味しさだよね、と変なレイアウトのお店を俯瞰しながら食べ終えた。

by atsushisaito | 2019-05-26 12:57 | 飯@大田区 | Comments(0)

松屋

c0016177_22305254.jpg
久々に松屋でカレー。随分前に食べた時には昔より劣化してると感じた松屋のカレーなのだが、今回は割と好印象だった。ちょっとクローブ臭いくらいの方が松屋らしいのではないだろうか。

by atsushisaito | 2019-04-09 12:49 | Comments(0)

マドラグ@神楽坂

c0016177_16172402.jpg
ラカグのリニューアルと共に姿を消すカフェ。閉店するということで行列ができていた。この店が京都のマドラグの支店だと気づいたのは、まさしくこの時が初めてだった。老舗のタマゴサンドの味を引き継いだお店でそのうち京都に宿泊した時にでも行こうと思っていた。

しかし、キャパが追いついていないのか、厨房設備の割に席が多すぎて作るのが全く追いついていなくてホールの人間すら手持ち無沙汰な様子だった。タマゴサンドのタマゴがとても分厚いのでそれを作るのに相当な時間がかかりそう。食べたのはカグライスというケチャップライスにカレー。これくらいはすぐに出るよなと思ってたけど、結局30分ほど経ってから登場した。注文順にゆっくり作っているみたい。

盛り付けが無残にも崩れているのが残念。普段の営業の時は多分もっとゆったりとした空気で良かったのかな、とは思う。次回、京都に行った時に本店でタマゴサンドを食べてみよう。


by atsushisaito | 2019-02-13 12:16 | 飯@新宿区 | Comments(0)

スパイスマジック カルカッタ南口店@西葛西

c0016177_22584747.jpg
西葛西というと今ではカレーのメッカな土地であるので、せっかくなのでインド料理を。注文は南インド料理のランチメニューからキーマドーサのものを注文。といいつつも南インドがなんたるかということすら知らないので、登場したカレーをどうやって食べていいのか全くわからなかった。全部混ぜればいい的なことは頭の片隅にあったので、ご飯にチョロチョロと混ぜて食べた。

途中までそのナンのでかくて薄いのがキーマドーサとは気づかず、なんかパリパリして美味しい変なナンだなと思ってたのだが、途中でキーマが入っている部分に到達して初めてそれがキーマドーサという食べ物だということに気づいた。

基本的にパクチーやココナッツミルクのようなものが苦手なので、こういう店には向いていないのだがそれでも美味しいただくことができた。どうやってこれらを食べることが正解なのかは置いておいて。最後にラッシーを飲み干しご馳走さま(そういえば牛乳もダメだった)。


by atsushisaito | 2019-02-12 12:12 | 飯@江戸川区 | Comments(0)

文吉@新井薬師

c0016177_00175047.jpg
和牛スジカレー。肉がトロッとしていて美味い。カツカレーもいいけど、牛すじもいいなあ。
by atsushisaito | 2018-11-03 12:04 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

アムダスラビー@西葛西

c0016177_22554912.jpg
 インド人が多く住んでいてインド料理のメッカとなっているらしい西葛西でビリヤニ。ビリヤニ初心者としては、今の日本のビリヤニのこの何が正しいビリヤニかというのが明確にわからない状況で、単一のお米の色のビリヤニはどうも偽ビリヤニ疑惑があるように感じられて、今回、めでたく数種類のスパイスの色がついたお米のビリヤニありつけたわけである。
 ただし、これが本物かという見極めもできないわけで、依然初心者からは抜け出せない状態は変わらず。ただし、このビリヤニは美味しかった。本格的なビリヤニの弊害として、ホールスパイスが口にあたることもあり、これはこれで食べる人を選んでしまうかもしれないが、まあ料理とはそういうものでそれはしょうがない。
 この日は平日だったので、普通のランチメニューしかなかったが有名なのは週末のブッフェだそう。機会があれば是非。このビリヤニについてきたライタというヨーグルトみたいなのは苦手で残念ながら残してしまった。。。。そろそろ克服しないと。

by atsushisaito | 2018-07-23 12:50 | 飯@江東区 | Comments(0)