自粛

しばら外食を自粛、というか極力自分で作る。肝機能アップのため。1,2年前でたしかr-gtpが100超えていたから、いまはいくらになってるのだろう。酒を飲む飲まないというだけで値の上げ下げが激しいので、数値では肝臓の状態はよくわらないけど、これだけ毎日飲んでるのだから、間違いなくアルコール性の脂肪肝にはなってるはず。 というわけでしばらく野菜生活。

よく行く八百屋は新井薬師のとこ。
c0016177_15482866.jpg

いつも犬がいる。 ここいらでは飛びぬけて安い。 鳥肉を買う場合は、この店の向かいの鳥肉屋でグラム30円の胸肉を買う。

そしてちょっと出張して都立家政のOKストアで、麦を1キロ198円で購入。植物性乳酸菌のサブレだかなんだかも、3つで150円と格安。

その帰りに、沼袋のユネスコでごぼう(中国産)を一袋に2本入って88円のを購入。中国産というのが、気になるが、外食するたいていの店では中国産を使用しているので気にしない。ちなみに松屋で使われているごぼうも中国産。

ちょっとしたデトックスみたいだけど、そこまで細かくしないで、適当に料理。さて、いつまで続くか。
# by atsushisaito | 2006-06-07 15:57 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

福龍門@高円寺

c0016177_1304322.jpg

c0016177_1305777.jpg

回鍋肉定食(600円)。 日替わりでいろいろ安くなる店。この日はニラ玉が390円だった。内装、メニューともちょっとした中華料理屋さんな感じ。 2,3分ででてきた回鍋肉。けっこうな量。火の通し方がよく、キャベツはしっかり歯応えがあって、味付けもいい感じ。ご飯がもっと欲しくなる。 おいしくて、ご飯おかわりしたかったが、値段がわからなかったので断念。 でも食後、いい感じの満腹感でちょうどよかったみたい。
# by atsushisaito | 2006-06-06 13:09 | 飯@高円寺 | Comments(0)

太陽@高円寺

c0016177_14431479.jpg

c0016177_14432573.jpg

ラーメン大盛り(500円)。店に入ると煮干のいい香りが。 バランスが悪くて座りにくいカウンターでしばし待つ。椅子が高すぎて、その割にカウンターが低い。そしてそのカウンターの下の荷物を置く棚がカウンターより申し訳程度ひっこんでいる程度なので、椅子をひくと棚に膝があたってしまう。そしてラーメン登場。 スープを飲む。うまい。天王みたいな味。つまり永福町大勝軒みたいに、魚がガツンと来て、そして表面は油で覆われスープが熱々といった。 正直これほどのものとは思ってなかった。だって普通盛りだと450円のラーメンですよ。 大盛りの量もけっこうなもの。 最後までおいしくいただいた。 麺がちょっと柔らかかったかな。もうちょい固めでしゃっきりした麺だとさらにおいしくなる、というか僕の好みになるかも。

c0016177_14433749.jpg

トマトのスパゲティを作ろうと思って、にんにくをフライパンにかけたところで、トマトの缶詰がないことに気がついた。いまさら買いに行くのもなんなので、そのまま適当なカルボナーラに変更。 といってもパンチェッタはおろかベーコンすらないので、サントクで買ったシーフードミックス(99円)を解凍。フライパンに唐辛子投入。そして麺湯で。麺もサントクで買っておいたディチェコ。 にんにくの香りが十分出たところでシーフードミックス投入。塩胡椒してさらに加熱、そしてバター投入。さらに麺の茹で汁を投入。そこから激しくフライパンを揺すり加熱!乳化!そこに茹で上がった麺を投入。火は消して、麺をあおって具と混ぜる。適度に混ざったら、ボウルに移し、そこに溶いた卵を投入。麺と混ぜ合わせる。そして黒胡椒をガリガリっとたっぷり。 適当に作ったのに、かなりおいしかった。 シーフードミックスもなかなか使えるな。
# by atsushisaito | 2006-06-05 15:05 | 飯@高円寺 | Comments(0)

ニューバーグ@高円寺

c0016177_10435375.jpg

c0016177_1044470.jpg

前回、不用意に食べてしまったばっかりに、その不味さにやられてしまったが、今度は大丈夫。これはハンバーグじゃなくてニューバーグだ。そういう味なんだ、という認識を心に刻んで入店。 よくメキシカン(辛いソース)が美味い、という情報を目にするので、今回はメキシカンダブルご飯大盛り(630円)とちょっと奮発。味がダメで食べ切れなかったらどうしよう、という不安をかかえながら着席。ジャンクな店なのに、女だけのグループがちらほら。隣ではすでに食べ終わった女の二人連れが、最近死んだらしいおじいちゃんについて喋っている。喋ってるというか、その親族らしい女がマシンガンのように「おじいちゃんわかかったのに(77歳らしい)」「死ぬ前日、一緒にご飯食べたのに」といった話を本当にえんえんと話している。 あのファンファンでさえ70歳で死ぬのだから、77歳まで生きれば、それなりに日本人の平均寿命(78歳)にも近いのだし、死ぬほうが自然だろう。なのに「おじいちゃんの友達は、死んだ人もいるけど生きている人もいる」「おばあちゃんは元気」などとどうも諦めが悪い。 別に聞き耳を立てていたわけではない。席を一つ挟んだ横でそのマシンガントークは展開されていた。また組み合わせが悪いことに、マシンガンを放つ女は、すでに完食していたので、お皿等は下げられ、一方、ふんふん頷き役の女は、ご飯も半分残し、あーなんか女の子だなあ、って感じで、二人のふくよかさもその食べっぷりに比例していた。そんな凸凹具合がちょっと気になったのもあり、二人の会話を覚えている次第だ。 あと「おじいちゃんに結婚式を見せてあげたかったあ」というセリフの後に、「相手がいないけど」と自分で突っ込みをいれていた。
 でメキシカン!うまい!っていう程ではないのだけど、辛味とソースの濃さでなんとか食べられる。つなぎが多いのかなあ、このハンバーグ。肉肉しくなく、パサパサというかもそもそした食感。いやあしかし食べ進めていくうちに、辛味で舌の感覚が鈍感になってくるのか、モリモリ食べられるようなって。あーなんかうまかったなあ、という錯覚におちいる。 変な満足感があった。また行きそう。近いうちに、、、。 ご飯の盛りがなあ。お皿だから少なく感じたのかも。丼に換算すると、これはこれでけっこうな盛りかもしれない。
 結局、入店前に既に食べ終わっていたお隣は、僕が店を出る時も、まだおじいちゃん話で盛り上がっていた。 

# by atsushisaito | 2006-06-04 11:10 | 飯@高円寺 | Comments(0)

蟹とキャベツのスパゲティ

c0016177_1549648.jpg

ちょっと蟹の味が弱かった。

BLOGの画像容量が無料で1Gにアップした。
# by atsushisaito | 2006-06-03 10:07 | Comments(0)

若月@しょんべん横丁

撮影の途中に下北沢!ちょっと懐かしい。下北が好きで、初めて住む街もわりと近い経堂を選んだ。 うまいもつ焼きに出会ったのも、ここ。そういえば「秀」にしばらくいってないな。 けっこう頻繁に行っていたわりにはうまい店あまり知らない。 よく行ったのは「秀」、「牛鉄」、で駅前の安い回転寿司屋くらい。 あ、地ビールたくさん揃えている店もあったなあ。  しばらくふらふらした後、キッチン南海で黒いカレーでも食べたろう、とお店に行くもやってなかった。 他に店、思いつかず退散。ヴィレッジバンガードもちょっと寄った。 女の子もかわいいし、やっぱり下北いい。
c0016177_14412644.jpg

c0016177_14433932.jpg

c0016177_14435311.jpg

c0016177_144468.jpg


新宿で飯。
c0016177_14451772.jpg

c0016177_14452715.jpg

ほんとは「かめや」でそばを食べたかったのだけど、満席なのでそのまま「若月」へ。 ラーメン大盛り(500円)。 うーん、おばちゃん湯切りろくにしないから、お湯が丼にボタボタボタっと注ぎ落ちて行く。B級すぎて気が遠くなりそう。 味も素晴らしく、僕がウエーバーと醤油で作るラーメンの方が味が濃厚でうまい、と断言できる。麺は平打ちのビロビロしたもので、これが最高に汁にからまない。いや、絡んでいるのかもしれないが、汁が弱すぎ。 でもしっかりと完食しました。 いやーまずかったけど、楽しかった。

佐内の写真展やってるんだ。近いうちに行こう。

なんでも江古田に「らすた」ができたらしい。6,7年前に日吉で食べたことがある。まだ上京して間もない時で、太麺が苦手だった時期なので、あまりいい印象はなかった。今は開店セールで200円で食べられるらしい。 多分、並ばないといけないので、通常の値段になったら行こう。

あー、あと調布の方で畠山の写真展もやってるはず。行かないと。
# by atsushisaito | 2006-06-02 14:55 | 飯@新宿区 | Comments(0)

満州王@新井薬師

c0016177_955245.jpg

c0016177_9542880.jpg

豚肉とキャベツの中国味噌炒め、、だったかな(650円)。 以前、唐朝飯店があったところにオープン。 東高円寺のほうに同じ名前の店があるけど、関係ないみたい。というか、これただのリニューアルかな? 以前も店頭にベタベタ料理の写真を貼り付けていたが、この店も日が経つにつれ写真が増えてきた。 前の店は一度しかいったことないので、確信は持てないけどメニューも同じような感じではないかと。 で、炒め物は甜麺醤が主の味で、まあおいしい。のだけどご飯が、、、。うちで炊いた方がまだ旨いなあ。 まあご飯と炒め物の他に、スープ、サラダ、杏仁豆腐がつくのだから、文句は言えないのかもしれないけど、もう少しなんとかなるだろうに。 あと、客から見えるドリンクの冷蔵庫に雑然と食材を入れるのはどうかと思う。 丸の食材だけならまだしも、仕込んだキャベツを入れたボウルまで入ってるし。 清潔感なんて普段から求めてない僕でも、汚らしい印象を受けた。 一応、フォローしておくと一品一品が安いので、料理をつまみに酒を飲む人にはいいとこかも。

ちなみに隣の洋食屋の名前を見てきた。BUN吉だった。。おかしいなあ。けっこうしっかり見たはずなのに。僕が見たのは、店内に置いてあった小さなメニューのさらに小さい文字だったので、見間違えたみたい。もしくはBの真ん中が消えかけてたとか。

24season5終了~! 終了っていうか続く、、、て感じでseason6早く観たい。

テレビで駐禁取り締まる人の研修の場面を見たけど、頭弱そうな人多すぎ。委託先も小さいところから大きいとこまで様々。ちょっと心配。絶対トラブル起きるよ。

DAMONE、新曲かっこいい!!!!!!!来日しないかな。 あーちなみにサマソニにFlaming Lips見に行きます。

Windows購入して一年経つのに、いまだにウインドウ閉じるとアプリが終了してしまうのに慣れない。Macの方が使いやすい。遅いけど。
# by atsushisaito | 2006-06-01 09:51 | 飯@新井薬師 | Comments(3)

キッチン南海@高円寺

c0016177_858177.jpg

c0016177_8581958.jpg

ヒラメチキン(770円)。ここのところ丸長、団らんと続いたので、この普通の価格が少し割高に感じる恐るべし高円寺。 他のキッチン南海と違って、この店は普通の食堂みたいな内装。僕は梅が丘、下北、井草の南海しか行ったことがないのだけど、どれもカウンターがメインの渋い内装。いかにも街の洋食屋といった感じで、期待させてくれる。 やっぱ雰囲気は大事。 そういう意味では高円寺の南海は、南海らしくないなあ。  チキンが胸肉だったのも残念。胸肉でも調理しだいでは、十分に柔らかくおいしく仕上げれられるだけに、ぱさぱさ感が強調されたこのフライはいまいち。ヒラメも軽く魚臭さを感じた。 でもライスはいい感じに炊かれており、おいしかった。マグカップで出てくる味噌汁がジャンクな感じでいい。 ちょっとマイナスな感じで書いたけれど、よくよく考えれば、文句を言う値段ではなく、それ相応な感じで、いい店の部類に入ると思う。  最初は量も少なく感じたけれど、ゆっくり食べればこれくらいがちょうどいい具合だし。

# by atsushisaito | 2006-05-31 09:12 | 飯@高円寺 | Comments(0)

団らん@高円寺

c0016177_10534146.jpg

c0016177_10535151.jpg

焼肉定食(500円)。 さすがにここは少々難易度が高かった。お昼過ぎに酔客3名。かなり出来上がっています。 注文時に「生卵かハムどっち?」と聞かれたのだが、よく聞きとれなかったら、怒られた。「3回も言わすんじゃないよ!」って。 冗談でだけど。 出てくるまで、横の酔っ払いと店主との会話を楽しみます。  待つこと数分。お盆の上に登場したのは、こんもり盛られたご飯。うーん、丸長より器が大きい分インパクトはあるなあ。 焼肉の肉は豚肉で、甘く味付けされておいしかった。オプションには結局生卵を選らんだのだが、賞味期限って大丈夫なのか、、と。普段、あまりそういうの気にしないのだけど、さすがに、、、。 残すと、せっかくつけてくれたのに悪い気がしたので醤油をかきまわしご飯にぶっかけた。  大丈夫でした。  とても丁寧な店主で、酔客との会話でも「うちで2000円ももらうと、申し訳なくて」なんて言葉も。 僕がお金を渡すときも「ゆっくりできなくてごめんね」と言ってくれたり。  いい店だなあ。高円寺いいとこだ。
# by atsushisaito | 2006-05-30 11:06 | 飯@高円寺 | Comments(0)

大衆食堂 丸長@高円寺

c0016177_158669.jpg

c0016177_1582421.jpg

茄子とピーマンの肉炒め(550円)。ご飯はまんが日本昔話級なてんこ盛り。 炒め物の味付けは濃いめだが、それが大盛りのご飯にぴったり。わしわしと白飯を食らいます。 高円寺の定食屋さんではこの茄子とピーマンの炒め物をよく目にする。 定食屋では定番のメニューなのか、それとも高円寺独特のものなのか。 最後に、みかんをいただいてご馳走様。  
# by atsushisaito | 2006-05-29 15:17 | 飯@高円寺 | Comments(1)