さらしな総本店 北口店@中野

c0016177_21350949.jpg
北口南口に1店舗ずつあるさらしな総本店。北口のお店は初めて。そば打ち台を囲むようにカウンターが配置されていて、こちらの方が南口より楽しい感じ。注文は三色盛り。田舎、レモン切り、笹切りの三種。レモンや笹は面白い。まあでもこうしてしまうと、蕎麦の香りは吹っ飛んでしまって、果たして蕎麦というものがこの形でいいのか、といささか疑問に思ったりも。

カウンターの、厨房に一番近い場所に座ってしまうと、親父の従業員に対する叱責が聞こえるので、反対側の方に座った方がいい。開店直後だったからかもだけど。

# by atsushisaito | 2019-09-17 12:40 | 飯@中野 | Comments(0)

こうかいぼう@門前仲町

c0016177_14252219.jpg
こうかいぼうでつけ麺。メンマと玉子をトッピング。ここは美味しいのは当然で、さらにお店の人の丁寧さに凄いなと思わせられる。ご主人と奥さんの2オペなのだが、常に丁寧。客として大事に扱ってくれる。いや、ほんと私らなんか、おら注文なに?決まった?よっしゃ、ほいきたこれな!って感じでも従順に受け入られる素養があるただのラーメン好きなのだが、1人の人間として大事に扱ってくれる感ってのは、それは一杯のラーメンからも伝わるわけで、食べさせてくれてありがとうございます、という感謝しかない。

そうは言いつつ、ラーメンばかりの注文の中、ただ1人つけ麺を注文するというメンドくさい客になってしまったにも関わらず、ご主人は割りスープ言ってくださいね、とわざわざ厨房から運んできてくれた。ラーメンのスープは味わい的に優しさ漂う感じなのだが、やはりこれはつけ麺。まあるい味は基本、そこに多少の強さが見え隠れする。

ワカメの存在だけが唯一の謎ではあるのだが、それ以外の具材は完璧。ただし。このあとスープ割をしたのだが、想像ではこの美味いつけ汁が出汁で伸びることにより、さらに香りが広がるのかなあ、と期待して口に含んだのだが、、、、、塩分もがっつり上がっていて、え?何これ?ってなった。蕎麦の汁を蕎麦湯で伸ばしても塩分が増えることはない。濃すぎて凝縮していた旨みが口の中で解放される瞬間を楽しめる。

それを期待していたのだが、え?ちょ?これ違うんじゃ?って思ってしまったんだなあ。魚介のスープを魚介のスープで割ったらダメとか?例えば、煮干しこってりのつけ汁を煮干しこってりのスープで割ると塩分が多くなるとか?

つけ麺の割りスープに関してはよくわからなかったが、次回からラーメンにしよう。

# by atsushisaito | 2019-09-17 12:38 | 飯@江東区 | Comments(0)

インターコンチネンタル大阪

IHGの会員としてはやはりメリットをフルに使いたいので、インターコンチネンタル大阪に宿泊。
c0016177_23261341.jpg
着いてプールで泳いだ後にアフタヌーンティーをクラブラウンジで。残念ながら今まで飲めてたインターコンチネンタル大阪ブレンドのTWGの紅茶がなくなってた。1Fのストレスでしか飲めなくなったみたい。お土産としてそちらで買えるので、今度買って帰ろう。
c0016177_23261304.jpg
夜ご飯は20FのNOKAで。クラブラウンジのカクテルタイムもいいけど、こっちのご飯の方が美味しい。
c0016177_23261437.jpg
朝はクラブラウンジでエッグベネディクト。メインを1品選んで、あとはブッフェ。といってもラウンジのブッフェの品数は少なく、NOKAでも無料で食べられるので、ハシゴしてもいいかも。クラブルームにすると、確かに部屋料金は高くなるのだけど、それ以上の価値がついてくるのでクラブルームに泊まる価値はあると思う。
# by atsushisaito | 2019-09-16 12:55 | Comments(0)

Cafe Miyama 中野ブロードウェイ店@中野

c0016177_21345592.jpg
ルノアールの系列であるミヤマ。このブロードウェイが最悪で、狭い店内で一応分煙としてるのだが、入った途端にヤニ臭い。奥が喫煙、手前を禁煙としているのだが、空間を仕切るものが何もなくて、受動喫煙をするためだけの空間になっている。タバコで健康が!なんていうつもりはさらさらないのだが、普通にしんどいので本当に地雷店。タバコが無理な人は入ってはいけないお店。まあ、逆に吸いたい人にはオアシスなんだろうな。
# by atsushisaito | 2019-09-15 12:34 | 飯@中野 | Comments(0)

北極星 ルクア大阪店@梅田

c0016177_23261366.jpg
気づいたら北極星って多店舗展開していて色々なところで食べられる。学生のころ、オムライスといえばこの店で、本店はあたかも料亭な感じの雰囲気で学生の自分にとっては背伸びした感じをしながらオムライスを食べていた記憶が。梅田のルクアイーレのお店は全然そんな雰囲気ではなく、普通の手軽な洋食屋さんな雰囲気のお店で気軽にあのオムライスが食べられる。

記憶していたよりずっと卵の衣は薄くて、ご飯が微妙にスパイシー。コテコテな大阪の感じは全くなく意外と繊細な味。昔に食べていたオムライスはこれだったかあと、記憶との照合をしながら食べた。美味しかったけど、やはり本店のあの雰囲気あってこその北極星だと思うので、次はそちらに。

# by atsushisaito | 2019-09-14 12:25 | 飯@大阪 | Comments(0)

天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草

ドーミーイン系列の和風ビジネスホテル「野乃」に泊まってみた。ホテルに入って、まずは靴を脱ぎ下駄箱に入れ手からのチェックイン。館内は全て畳なのでスリッパいらず。ここ浅草は7月末に開業したての真新しいホテル。チェックインを済ませて部屋へ。ツインの部屋で狭い感じはしない。しかしお風呂はシャワーブースのみ。富山の野乃には部屋に小さなヒノキ風呂があって、それがとてもいい印象だったのだけど、他の野乃にはついてないっぽい。境港にもなかったなあ。

大浴場はさすが、とてもいい感じ。お湯は黒湯。湯船の底が見えないくらい黒いお湯。東京はけっこうこういう源泉が多いみたい。場所柄か露天というほどの開放感はないのだが、外気浴できるスペースとそこに壺湯が2つ。こちらの普通のお湯。黒湯は塩素臭さはなかったけど、こちらは塩素の臭いがした。サウナも十分な広さ。熱い。水風呂が狭いというか、うーん1人が入ってるところの横にちょっとごめんよって入れる感じではなかった。事実、サウナを出ると水風呂に中学生くらいの子がお先に入っていて、あーこれは無理、と水風呂が空くのを待つ必要があった。

シャンプーやコンディショナーは、安定のポーラのアロマエッセ。
c0016177_15464447.jpg
ドーミーイン共通のサービスの夜泣き蕎麦。お腹が空いてなくても食べてしまう。
c0016177_15442783.jpg
c0016177_15442890.jpg
野乃の朝食は、ドーミーインと比べると品数も多く、ランクアップしている感じがするのだが、浅草は野乃ブランドの朝食にしては、少し寂しいかなあという気がした。その代わり、卓上にミニコンロがセットされ、1人肉鍋を楽しめる。すき焼き風に生卵に絡めて肉を食べる。今振り返ると、意外と悪くないなあ。あとお寿司なんかもあった。が、おかずが並ぶスペースはやはり狭いし、どうなのかなあ。これ満室の時に混雑した朝食会場でこの鍋できるのかなあ。外国の人には嬉しい演出だとは思うけど。


# by atsushisaito | 2019-09-13 12:44 | 飯@台東区 | Comments(0)

ニボロク@新井薬師

c0016177_22013590.jpg
ニボロクで全部入り的なラーメン。チャーシューは低温調理、卵は注射器で旨み注入、メンマは極太、お得な一杯。でも海苔や玉ねぎなんかは別皿の方がいいかなあ、と。見た目がうるさい。カマボコすらうるさい。チャーシューの盛り付けもちょっと下品かな、、、、。あと、伊藤ほどインパクトのある感じのスープではないので、汁ももう少し、せめて麺が泳ぐ程度欲しいなあ。近くの落合の児ノ木よりやさしい味わいだから、特にそう思う。

ラーメンだけじゃなくていろんな飲食に言えることなんだけど、引き算が上手い人って少ないんだよなあ。写真集でいかに引けるか、ということを考えているとこういう雑な組み合わせってすごくもったいないって思う。

# by atsushisaito | 2019-09-12 12:10 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

翁庵@上野

c0016177_23275288.jpg
老舗の蕎麦屋で冷やしたぬき蕎麦。入ってすぐの番台でまず注文と支払い。囲炉裏の席に座った。昼から酒を飲みたいとは普段思わないのだが、こういう蕎麦屋さんではむしろ「まずは酒」が正しいのではないかと思えてくるから不思議だ。飲まないけど。蕎麦はかなり細め。たぬきって天かすがメインの具でなんだか貧相な感じではあるのだが、意外とこれが美味い。やはりお店によって天かすも違って、普段は富士そばが基準の僕には、ここ翁庵の天かすは非常に美味に感じられた。
# by atsushisaito | 2019-09-11 12:09 | 飯@台東区 | Comments(0)

丸松@東中野

c0016177_22013474.jpg
c0016177_22013459.jpg
c0016177_22013482.jpg
c0016177_22013436.jpg
c0016177_22013512.jpg
野方の有名もつ焼き屋さんの秋元屋出身の人のお店。実は秋元屋には近いのに行ったことなくて、そこ出身の沼袋のお店しか知らないという、、、。沼袋の方はなんとなく一見には少し優しくない感じがして、うーんって思ってたのだけど、こちらは全然そんなことなく、いい接客だなあと思った。やはり初めてのお店ってそれなりに緊張するので余計に、店員さんのちょっとした気遣いが嬉しい。特別なことは必要ではなく普通でいい。ちょっとした会釈だけで、身構えていた気持ちが一気に軽くなる。

最初の注文は紙に書く。特に情報を仕入れての入店ではなかったので、適当に気になったものを。まずはレバー。良いものを良い焼き方で。あーこれはちゃんとしたもつ焼きだと実感させてくれた。次は孤独の五郎ちゃんよろしく、つくねピーマン、そしてチレ。もうどれも美味しく間違いない。ここまで良いチレ串は石松に匹敵する。あとなんか色々食べて飲んで酔っ払ってしまい、このスタミナ和えくらいから記憶が、、、、。最後に注文したのは煮込み。これ、牛スジの煮込みで良い意味で裏切られた。たっぷり量もあるし、いやあこの店、良すぎ。

# by atsushisaito | 2019-09-10 12:00 | 飯@東中野 | Comments(0)

富士そば

c0016177_23275218.jpg
朝そば。この日はワンオペで大変そうだったので、少々の盛り付けの乱れは問題ございません。
# by atsushisaito | 2019-09-09 12:21 | Comments(0)