はな子のいる風景 イメージを(ひっ)くりかえす

c0016177_16310688.jpg
c0016177_16310666.jpg
c0016177_16310600.jpg
c0016177_16310794.jpg
c0016177_16310776.jpg
c0016177_16310752.jpg
c0016177_16310784.jpg
c0016177_16310847.jpg
c0016177_16310830.jpg
c0016177_16310849.jpg
c0016177_16312586.jpg
c0016177_16312529.jpg
c0016177_16312514.jpg
c0016177_16312509.jpg
c0016177_16312625.jpg
c0016177_16312692.jpg
c0016177_16312680.jpg
published by 武蔵野市立吉祥寺美術館 Kichijyoji Art Museum / 2017/

69年間という時間を紡ぐのに、こんな方法があったのかと驚いた。吉祥寺動物園にいたはな子の前で記念写真をとる人たちの写真で一頭の像の人生を紡ぐ。点と点を結んで直線に。この本を手にとって衝撃が走ったのを覚えている。それぞれの写真はインターネットから拾ったりファウンドフォトのようなものではなく、一般に募り家庭で眠っていたプリントを送ってもらって編纂された。

年代がバラバラなので、当然ながら使われた機材やプリントされたフォーマットも違うので、それぞれを統一しモノクロに変換したものが本編となっている。また、リサイズする前の実寸のプリントが本文に貼り付けられているという、非常に凝った造本だ。中には貼り付けられたプリントの裏面にアザーカットが印刷されてるものもあり、捲る楽しみがあり面白い。

写真集を開く前はなんとなく「はな子大好き!」的なベクトルの1冊かと思っていたのだが、良い意味でその先入観は大きく裏切られた。一枚一枚は本当にただの記念写真。ただ、そこにはな子がいたから撮った写真。それは個別では全くもってはな子への愛などというものではない。それぞれの家族のそれぞれのストーリーの断片がそこにあるだけで、決してはな子は主要な出演者でもない。しかし、それらを集積し時系列に整理して並べた途端、長年に渡りそれぞれの家族のストーリーの背景にスポットで登場した名脇役の存在が大きく光ることになる。延々と続く背景のはな子を見ていくうちに、はらはらと感動し涙を流している自分がいた。

提供者それぞれのコメントを収録した冊子も同梱されていて、そのテキストを読みながら写真を見るという楽しみ方も。とにかくこの1冊に注ぎ込まれた労力を考えると2000円で買えることが信じられない。歴史に残る傑作。1刷はすぐに売り切れたみたいだが、その後、2刷が出てるので今でも普通に購入できるので、是非この本だけは見ておいた方がいいと断言できる1冊。



現在、一般の書店での在庫がなく、版元の吉祥寺美術館のミュージアムショップに在庫があるそうです。

さくっと書いたので、詳しいレビューはこちらで

夜にはな子のところに忍び込んだ酔っ払いを殺してしまったり、飼育員も1人亡くなっているのだけど、それらの時期はぽっかりと時間が空いていたりするので、なるほどなあ、と思ったりも。



# by atsushisaito | 2019-11-10 17:28 | 写真集 | Comments(0)

長浜や

c0016177_21494266.jpg
元長浜やの中野の潤が期待値以上の旨さというか、本場の臭みでかつ昔食べてたラーメンに近くてテンションが上がったのだが、果たして、長浜やというチェーンそのものがそういう味なのかどうか、ということで長浜やへ。

この店舗も凄い臭いを放っていて、期待よりなんか不安になってくる感じの雰囲気ではあった。しかし、やはりここも潤の時ほどではなかったが、博多のラーメンという感じはでていて悪くなかった上に替え玉までしてしまった。ただし、服に汁が飛びつくと最悪ですね。。。。

# by atsushisaito | 2019-11-10 12:49 | Comments(0)

珊瑚礁 モアナマカイ店@神奈川県鎌倉市

c0016177_21505931.jpg
c0016177_21514476.jpg
c0016177_21510089.jpg
c0016177_21510014.jpg
鎌倉のいい眺めの、といいたいところなんだけど、この店の前の国道134号の渋滞には毎度辟易させられるという。なんとかならないのかと。今回は近くのホテルに泊まったので、徒歩でお店に。テラス席に座ると水平線、時間帯を選べばかなりいい雰囲気ではあるなあ。そんな雰囲気は無用なんだけど、老舗のカレー屋珊瑚礁の海岸通のお店でカレーを食べてみた。写真は松明を背にしていたので、影が、、、、。

ハートランドビールをもらいガーリックポテトから。ちょいきつめの塩加減だけど、揚げたてのポテト美味い。量もたっぷり。地のサザエをエスカルゴ風に。ニンニクが効いたオイルが美味しく、パンにつけて最後までいただいた。素材がかぶってしまったけど同じくサザエを使ったピラフ。あっさりした味わいながらも、これまた美味しい。サザエの味はよくわからず。ハートランドをお代わり。

けっこう満腹に近いところで真打のシーフードミックスカレー。量が多いのな。。。基本のカレーはどちらかというと日本式というか、インドとか関係ないぜ的なルーを使った感じ。ま、これはこれで嫌いな人はほとんどいないだろうし、そこよりさらに当然ながら深みはあり、何よりしっかりとシーフードの旨味香りが突出しているので、1700円という価格は全く高くないな、と。具の素材を見ても、ここからこの香りが生まれているのか、と思える。

ただ、なんかシーフードにソースが負けてるような感じも。ソースが支配的すぎてシーフードの意味がなくなるとそれはそれで困るのだが、ただしっかりと作りすぎて結果、アンバランスだな、と思ったり。でも、観光地で景色も良くてこのレベルだと十分いい店。ただし渋滞がなければ。

# by atsushisaito | 2019-11-09 12:33 | 飯@23区外 | Comments(0)

手打ちそば 山商@落合

c0016177_22180006.jpg
子連れお断りの貼り紙で、気難しい感じかと少し構えてしまったが、全然そんな雰囲気ではなく、店員さんもとても丁寧。逆になんの注意書きもなしに、お互い嫌な感じに成るより、こうしてあらかじめ知らせてくれる方が親切かな。落ち着いたお店作りにしたいだけ。そう考えると蕎麦屋ってけっこう入るシチュエーションを選んでしまうなあ。考えたこともなかったが。

注文はランチの蕎麦と親子丼のセット。蕎麦は石臼。注文してから、ちと失敗したかな、と。三色蕎麦にすればよかった。この石臼の他に白雪(更科)と季節の蕎麦で芥子切り。シンプルにこの三色にすれば。というのも、蕎麦と親子丼、この組み合わせはどういう食べ方をすれば一番いいのだろう、と蕎麦を目の前にして悩んでしまった。親子丼から食べると、蕎麦の味がわからなくなる。蕎麦から食べるとせっかくの親子丼の卵に火がどんどん入ってしまう。蕎麦と親子丼を交互に食べるのも変だ。

悩んだ末に、親子丼の卵を犠牲にし、蕎麦から食べ始めた。蕎麦、汁とも共に良く、美味い。しかしどうも親子丼のことが気になりいまいち蕎麦に集中できない。パパッと食べ終えて親子丼。やはり最高のタイミングは既に過ぎていた。こちらも美味いのだが、残念さで喉の通りが少し悪くなってしまったようだ。

というわけで、シンプルに蕎麦で攻めるべきだったな、と蕎麦湯でほっこりしながら思った。でもここは蕎麦だけではもったいなく、お酒を飲みながら色々と摘みたい感じ。あ、酔ってしまうと蕎麦の味が、、、、、。

# by atsushisaito | 2019-11-08 12:28 | 飯@東中野 | Comments(0)

海老名サービスエリアのシラス丼

c0016177_21505910.jpg
タイトル以上に特に意味はなくて、海老名のサービスエリアでシラス丼を食した。家だと普通にシラスをご飯にかけるだけだけど、少し手間を加えると料理になるのな、と今更ながら思ったり。ごま油を使うといい感じになるかも。おやつにポテりこを食して出発。


# by atsushisaito | 2019-11-07 12:28 | Comments(0)

松屋と吉野家

c0016177_22180096.jpg
c0016177_22180046.jpg

# by atsushisaito | 2019-11-06 12:26 | Comments(0)

多摩動物公園

c0016177_22175940.jpg
動物園でラーメン。この海苔に絵を書く技術はなんでんかんでんが持つ特許が生かされているのだろうか。味はともかく、かまぼこがかわいい。


# by atsushisaito | 2019-11-05 12:23 | 飯@23区外 | Comments(0)

上海麺館@中野

c0016177_22175952.jpg
麺彩房を経営している大成食品のお店なので麺の美味さはさすが。鶏つけ。美味いのだけど、屋号とラーメンがなんだかうまく頭の中でリンクしないんだな。
# by atsushisaito | 2019-11-04 12:44 | 飯@中野 | Comments(0)

大吉@新井薬師

c0016177_22175815.jpg
c0016177_22175961.jpg
c0016177_22175911.jpg
大吉。大学のときに初めてバイトしたチェーン。半年くらいの期間だったけど、とても記憶に残っている。正直なところ今食べて凄い美味い!とかって思わないんだけど、でもバイトしてた若い頃に食べさせてもらって「凄い美味い!」って思った記憶は忘れらないんだよなあ。

つくねピーマンみたいに孤独のグルメのいいところを取り入れるなど、メニューはだいぶ変わってるなあ、と。すずめはなくなったのね。禁煙でテーブルもあるのでこれからもちょくちょく食べに行きます。

# by atsushisaito | 2019-11-03 12:23 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

Mark Cohen「Bread in Snow」

c0016177_13531373.jpg
c0016177_13531454.jpg
c0016177_13531412.jpg
c0016177_13531465.jpg
c0016177_13531404.jpg
c0016177_13531559.jpg
c0016177_13531547.jpg
c0016177_13531553.jpg
c0016177_13540758.jpg
c0016177_13540785.jpg

c0016177_13565464.jpg
c0016177_13540813.jpg
c0016177_13540895.jpg
c0016177_13540823.jpg
published by Super Labo / 2019 / edition of 1,000

Mark Cohenは1973年にNYのMOMAで個展をするほど当時はストリート写真の第一人者の1人であったのだが、その活動はぷっつり途切れて表舞台で再び脚光を浴びたのが2013年のLe Bal(フランス パリ)でのDark Knee展と、大きな空白の時間ができてしまっていた。なので当時の展示で初めてMark Cohenを知った人も多かったはず。私もその1人で、こんな構図で写真をとる作家がいたのか、と驚いた。

片手にカメラ、片手にストロボを持ち、ノーファインダーで撮影するスタイルで、日中シンクロで浮かび上がる被写体とそのトリッキーな構図の切り取り方で生まれる世界は実に新鮮で面白かった。 ちょうど当時の撮影している動画がyoutubeにあった。今なら通報されてもおかしくないくらいの暴力的とも言える大胆な撮影方法だ。

Dark Kneeはモノクロ作品で構成されているのだが、今作品は同時期の物でもカラー作品で編集された写真集。カメラにモノクロフィルかカラーフィルムのどちらが入っているかを意識しないようにしていたという。確かに驚くほどフィルムによる作品のブレはなく、一貫して全てが完全にMark Cohenの手の平でコントロールされている世界が続く。写真家は意外とカメラやフィルムの違いで作品がガラッと変わってしまうことも多いので、このあたりは本当に独特な感覚であると言える。

Mark Cohenの作品は目線が低い作品の割合が多く、それはなんだか犬の目線のようで面白い。また、子供を無防備にとらえた作品も多いのだが、それを欲望や願望から撮られたものではなく、目に入った、ただそれだけの理由でシャッターを押しただけのものだ。まさしく犬の目線。カラーもモノクロも彼にとっては些細な問題にもならず、ただただ「無意識のフレーミング」で世界を切り取り続けた。

そして、その無意識さの象徴でもあるのか、タイトルがとてもいい。Bread in snow、この作品群をこの簡素な言葉でまとめてしまうところがポエジーにも感じられる。確かに雪の路上でパンが落ちている写真が収録されている。もっと尖った、もっと禍々しく、もっとスマートなタイトルでも通用する作品群にbread in snow。それ以上それ以下でもない、現実をありのままタイトルにする、そのセンスこそMark Cohenという作家をもっとも簡潔に、そして完璧に象徴しているのではないかと思う。bread in snow。何度も口にしてみると、それはとても素晴らしいタイトルで素晴らしい写真に思えてくる。ただ雪の上にパンが落ちているだけなのに!

僕が購入したのはスリップケース入りの特装版。通常版は2種類、特装版は1種類の計3種類の表紙が用意されている。このうち特装版は神保町のスーパーラボのお店でしか購入できない。世界中でファンがいるMark Cohenの作品、その特別な表紙のものが神保町の店頭でしか買えないという、これはショップを持ってる版元の強みで、その戦略はとても上手だなあ、と思った。
ショップの空間もとても素敵なので、機会があればぜひ。

# by atsushisaito | 2019-11-02 17:56 | 写真集 | Comments(0)