吉野家と松屋

c0016177_12464420.jpg
c0016177_13064788.jpg
c0016177_13064714.jpg
c0016177_13064602.jpg
どっちも美味い。
# by atsushisaito | 2019-06-01 12:04 | Comments(0)

児ノ木@落合

c0016177_12464491.jpg
前回、煮干し100%のスープの旨さに驚いたが、今回は鶏煮干しそばに。食べてみると、明らかに正解。煮干しの純粋な旨さはそれはそれでいいのだが、料理としては鶏と煮干しの相乗効果が奏でる美味さが断然上。もちろんそれはベースとなる煮干しのスープのレベルが高いからなわけで。他のメニューも食べてみたい。
# by atsushisaito | 2019-05-31 12:50 | 飯@新宿区 | Comments(0)

ニボロク@新井薬師

c0016177_12464334.jpg
c0016177_12464363.jpg
煮干しラーメン。今回は和え玉も。油そば的に味わい、途中で残ったスープに投下。1玉だと僕には量が多めなので、半玉メニューが欲しいところ。

# by atsushisaito | 2019-05-30 12:44 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

煮干しそば 梵@中野

c0016177_21473321.jpg
もともと鶏白湯のお店があったところで、そちらが近くの場所に移転した跡。煮干しのラーメン。最近、児ノ木@落合、ニボロク@新井薬師とヘビーな煮干しラーメンを食べたところだったので、同じ感じかなと思って食べてみたのだが、こっちは比べるとかなりライトな煮干し。どちらかというと万人向けな味でその分、尖った特徴はなくなっているものの、卓上には煮干し酢を置いていたりで基本のところは押さえている煮干しラーメン。

ただ正直なところ、中野のラーメン屋さん全般的に尖ったところがない優等生ばかりでなんとなく面白みはないんだよなあ。

# by atsushisaito | 2019-05-29 12:35 | 飯@中野 | Comments(0)

好日@東中野

c0016177_18101792.jpg
c0016177_18101854.jpg
かしわぎ、キナリの開店で一気にラーメンの平均値が上がってしまった東中野、両店の入り具合を見て回って、ちょっと混んでるから他にしようかという時に第一選択肢に入るのが、昔から東中野のラーメン界を引っ張ってきたここ好日。

ランチサービスの焼き飯の小鉢。注文はつけ麺大盛り。正直なところ、ここ数回は好日のラーメンに対する僕の感想は芳しくなく、無化調はともかくやけにあっさりしすぎで掴み所のない味という感じあった。そういうわけで全然期待していないある種の消化試合的なもののつもりであった。しかし、そんな勝手な想像は一口目で吹き飛んだ。

しっかりとした味わいのつけ汁。麺も決して弱いものではないのだが、それをがっしりと受け止めるだけの力がつけ汁にあった。他のお客さんがお会計の時に、「今日は魚出汁が強めですか?」と質問していた。店主は素材が天然のものだからブレはあるが、いつもと同じですと答えいた。僕も確かに出汁の強さは感じたから、日によるブレって意外と大きいのかも。もう一度あらためてラーメンも食べよう。

# by atsushisaito | 2019-05-28 12:29 | 飯@東中野 | Comments(0)

爽亭@池袋駅構内

c0016177_21473385.jpg
ここの運営を名古屋駅のホームのきしめんで有名な「住よし」と同じ会社がやってるということは初めて知った。名古屋駅の新幹線までの時間にちょっと啜るやつ。僕は在来線のホームのお店の方が美味しいと思うけど。

この店はそんなにいい印象はなく、でも乗り換えの合間の小腹にちょうどいい場所にあるものでたまに行く。麺は昔ながらのいかにも立ち食いの蕎麦。汁も割合とあっさり系なのでインパクトはけっこう弱い。どっちかというと麺がやわやわすぎるのもあり、ちょっといまいちな感じではあるのだけれど、立ち食い蕎麦のレベルが向上した今、この一杯は逆に貴重なものになるのかもしれない。知らんけど。

# by atsushisaito | 2019-05-27 12:28 | 飯@豊島区 | Comments(0)

cuud 第2旅客ターミナル店

c0016177_18101629.jpg
羽田第一ビルにあるカレー店が第二ビルにもできてた。第一はJALの搭乗口がある方。ANA中心に乗る僕には全く縁がないのでそんなお店が第一にあることを知ったのも食べ終えてから。意外と羽田のレストラン、ふらっと一人で軽く食べるお店ってなかなかなく、天丼かうどんで迷ったが今回はうどんにしてみた。

店内はシャレオツな空間で、厨房をステージに見立てた感じでそれをぐるりと囲んでカウンターが段々になって設置されている。僕は一番上の段のカウンターに座ったのだが、前方下部に座っている客の無防備な後ろ姿が視界に入るのは、なんとなく落ち着かず、、、、。

普通のカレーうどんを注文した。うどんの他に小鉢が3つ。ご飯、ピクルス、割りスープ。スープは和出汁がベースで支えつつ各スパイスの香りがツンと立つ形で美味い。マネーの虎で大阪王将の虎が発言した「まずいカレーなんかないわ」っていうのがずっと印象に残ってしまっていて、このうどんを食べながら、これを不味く作るのも難しい話だなあと思ったり。要は内装などのコンセプトから固めて行かないと、カレーうどん単体での差別化って難しいのかなあ、と美味い美味いと思いつつ、しかしまあ普通の美味しさだよね、と変なレイアウトのお店を俯瞰しながら食べ終えた。

# by atsushisaito | 2019-05-26 12:57 | 飯@大田区 | Comments(0)

ふらて@新宿三丁目

c0016177_21473280.jpg
c0016177_21473313.jpg
新宿三丁目のバーふらてでジントニック。
# by atsushisaito | 2019-05-25 12:07 | 飯@新宿区 | Comments(0)

富士そば

c0016177_18101644.jpg
月見そば。
c0016177_18101717.jpg
もりそば大盛り。

# by atsushisaito | 2019-05-24 12:31 | Comments(0)

ニボロク@新井薬師

c0016177_22132035.jpg
新井薬師の居酒屋とラーメンの二毛作のお店のニボロクでつけ麺。スープも麺も基本同じもの。麺はたっぷり2玉で嬉しい。麺をワシワシ食べたいからつけ麺を選んでいる訳で、この盛りだけでも麺食いの気持ちを理解してるなあと思った。汁は昆布出汁の水に半分沈んでいる。汁は煮干し100%の出汁の塊のようなつけ汁。程よい濃さで美味しく食べられた。ただ、残念ながらスープ割をお願いすると、麺を浸していた昆布汁で割ってくれとのこと。うーん、もちろん昆布汁で割って不味くはないわけなのだが、一旦冷えた汁を温め、濃い濃度から程よく伸ばしたところで閉じていた味や香りが顔を出してくるところが割りスープの良さなので、そこはちょっと残念かなと。
# by atsushisaito | 2019-05-23 12:59 | 飯@新井薬師 | Comments(0)