ハンバーグハウス@中野

c0016177_23231308.jpg
11年ぶりにハンバーグハウスへ。よく前は通るから、そんなに時間が経っているように思えないのだが、前回の記録を見返すと確かに11年。お店の奥の方のカウンターに腰掛け、スタンダードなハンバーグを注文。鉄板でジュージュー鳴ってるソースが実に美味そうなハンバーグが登場するのだが、これが美味しくないんだな。

多分、頭の中でのハンバーグとの乖離が激しい。汁気が少ない。かといって赤身で肉の旨味が強いとかでもなく、なんだか肉のようなものをソースで食べている感じ。これ、高円寺のニューバーグとかと同じ系統のもの。ただ、これハンバーグを食べるぞ、と思って食べるから?となるわけで、こういうものを食べるぞっと思って食べると、意外とこれはこれで美味しいというか面白い。

B級とはこういうものをいうんだという見本のようなもので、これを不味いと簡単に切り捨ててしまうと、それはそれで随分と世界を狭く見ていることになる。と、11年かけて悟りました。

# by atsushisaito | 2018-09-05 12:15 | 飯@中野 | Comments(0)

いわもとQ@高田馬場

c0016177_23231476.jpg
いわもとQが4店舗しかないと知ったのだが、なんだか意外。もっと色々とあちこちにあると思っていた。ファストフード的な蕎麦屋ではあるが、こだわり十分なお店。蕎麦も汁も美味い。富士そばなどの上をいっている。これで追随するものもないのでは?と思うのだが、多店舗展開するには原価率などの問題で難しいのかな、と。
c0016177_23231457.jpg
今年の秋刀魚は良さそうなので、期待。


# by atsushisaito | 2018-09-04 12:17 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

吉野家

c0016177_23231400.jpg
牛丼並みに卵。
# by atsushisaito | 2018-09-03 12:16 | Comments(0)

麺彩房@新井薬師

c0016177_23231398.jpg
麺彩房でつけ麺。一時期にはかなり重い感じの汁だったのが、だいぶ軽くなってきてるような。こっちの方が美味しい。どろどろは他に任せて、こちらの路線でこれからも行って欲しい。場所が場所なら行列のお店なんだけど、いつもすっと入れる。有名なお店だけど、穴場だよなあ。

# by atsushisaito | 2018-09-02 12:12 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

琴平荘@新宿小田急百貨店催事場

c0016177_23532377.jpg
山形県の酒田市の隣の鶴岡市から車で30分くらい、そこから大行列だという琴平荘。たしかdancyuの記事で目にしたことがあったのだが、多分行くことはないだろうと思っていたのだが、それが小田急百貨店の催事場に出展。富山での印刷立会いに行く前に新宿に寄って食べてきた。

魚の乾物の旨味がたっぷりのスープ。酒田市で昔にラーメンを食べたことがあるが、酒田の手打ちラーメンってこんな感じだったかなあ、となんとなく記憶を振り返ったり。こんなにプリプリとはしていなかったかなあ。もう8年前のことなのですっかり忘れてしまってる。鶴岡も一度行ってみたいなあ。

# by atsushisaito | 2018-09-01 12:50 | 飯@新宿区 | Comments(0)

石松@中野

c0016177_21485967.jpg
c0016177_21490066.jpg
c0016177_21490006.jpg
c0016177_21490065.jpg
前回から5ヶ月も空いてしまっての石松。相変わらずの旨さ、そしてホワイトボードの設置は初見のお客さんにも優しくなってる感じ。この日は牛のレバーなんかもあったり。石松で牛のレバーを食べるのは初めてかも。最近家に引き籠りがちなので、もう少し外で飲まないとなあ。


# by atsushisaito | 2018-08-31 12:46 | 飯@中野 | Comments(0)

台北酒場@中野

c0016177_22073667.jpg
c0016177_21485922.jpg
c0016177_21485918.jpg
年のせいかだんだんと知ってるお店しか行かなくなる傾向が強くて、この日も南口まで遠征したのに北口まで帰ってきてしまった。無駄にフラフラして時間を食ってしまい、ちょうど台北酒場のオープンの21時に店へ。この店は遅くに開いて朝までやっているという形態。

ここで30年店をしているというママさんとのんびり台湾紹興酒を飲みながらお話。別に料理が美味しいわけじゃないけど、バーみたいな感じでの使い方も大丈夫なお店。

# by atsushisaito | 2018-08-30 12:07 | 飯@中野 | Comments(0)

高はし@飯田橋

c0016177_21485850.jpg
以前から気になっていた飯田橋の高はしへ。ランチタイムに差し掛かる寸前だがすでに二名の並び。もう少し並んでいればすぐにでも諦めるのだが、これくらいならいいかと待ち。すぐに前の二名が店内へと案内されたところで中の人に注文を聞かれてしまって、慌ててつけ麺を選んでしまった。たっぷりとスープを飲みたかったのに。

しばらくして中に案内された。コの字型カウンターの小さい店内。登場したつけ麺を見て、やはり失敗したなあと。麺が全くつけ麺向きではない。ラーメンに使う麺をそのままつけ麺に流用した感じの。町の中華屋によくある感じの。汁もこれが微妙。いや焼豚の短冊がたくさん入っていて、この焼豚を食べるには最適なスープなのだけど、麺となるとそうもいかず、なんだかくっきりしない食事に。

絶対にラーメンなら美味しいのになあ、と思いつつ不完全燃焼な一杯になってしまった。

# by atsushisaito | 2018-08-29 12:50 | 飯@千代田区 | Comments(0)

吉野家

c0016177_21485892.jpg
牛丼並みに卵。七味をたっぷりと。

# by atsushisaito | 2018-08-28 21:50 | Comments(0)

奈良美智 Yoshitomo Nara 「Will the Circle Be Unbroken」

c0016177_16301115.jpg
c0016177_16301160.jpg
c0016177_16301197.jpg
c0016177_16301292.jpg
c0016177_16301273.jpg
c0016177_16304643.jpg
c0016177_16304678.jpg
c0016177_16304632.jpg
c0016177_16304799.jpg
c0016177_16304706.jpg
c0016177_16310983.jpg
c0016177_16311075.jpg
c0016177_16311078.jpg
published by Fine Art Photography Association, 2017, edition of 1000

昨年の代官山フォトフェアの展示に関連して千部限定で出版された写真集。美術作家として絶大な人気を誇る奈良美智の写真作品で話題を呼んだ。展示会場と所属ギャラリー以外では、銀座蔦屋のみの取り扱いと珍しい展開をしていた。B4変形サイズと大きい判型。普段のドローイング作品とどこか通底する共通の空気感が漂い、日頃の作家の視線を知ることができる興味深い作品。

# by atsushisaito | 2018-08-21 16:48 | 写真集 | Comments(0)