大門@中野

c0016177_21062613.jpg
 ひやひや中。これに卵の天ぷら。冷たい出汁に冷たいうどんが大変美味しい。ただ、若干麺が柔らかすぎないかという感じも。固さが欲しいのではなく、しなやかさの強度。
# by atsushisaito | 2018-07-07 12:59 | 飯@中野 | Comments(0)

iHerb サマーセールで対象商品が最大30%に!

 昔からサプリは海外から購入しているのだけど、最近はとても簡単になった。iHerbを使う前はvitacostというサイトで購入していたのだが、もちろん全て英語だし、購入してから到着まで一ヶ月以上もかかることもありとても不安定だった。ただし値段はvitacostの方が安かったのでずっとそちらを使っていた。

 いつからかiHerbで購入するようになったのだが、やはりwebの使いやすさが一番の決め手だった。そして輸送の安定。注文してから到着まで一週間とかからず、国内の配達業者もヤマトか佐川の好きな方が選べる。4500円以上の買い物から送料が無料になるので、もう関税に引っかかるギリギリの量を買わなくてすむ。気が向いた時にちょこちょこっと購入できる。

 もちろんそれらの費用は商品に転化されているのだろうけど、利便性は何ものにも代え難い。手数料が高くても利用者が増加しているメルカリがいい例だろう。なぜアメリカのサプリを購入するかというと、割と単純な考えからきてる。
・国内のサプリの含有量の低さと割高さ
・アメリカの保険制度の関係で病気になる前の予防に重きを置いている。
・訴訟大国において適当なものを売れない(だから信頼がおけるのではないか)
 どういうわけだか国内のサプリの高さは異常。それはサプリを飲む人口が少ないからではないだろうか。国民皆保険制度の日本では、格安で受診することができ、薬も安価に購入できる。病気になるまでの意識が、そう簡単に保険の恩恵を受けられないアメリカ人とのそれと大きく違う。使用する人が少なければ、単価は必然的に高くなり含有量を減らさないとおいそれと購入することができない値段になってしまう。
 それと真逆のアメリカではサプリで健康を補うという意識が高く、広く使われることにより単価が低くなっているのではないだろうか。もっともアスピリンをサプリのように飲む彼らは、少し異常ではあると思う。

まあとにかくお手軽にアメリカのサプリが購入できるのがiHerb。
日本語対応
ユーザーに日本人が多いので、日本語のレビューも多い
¥4,442 ( $40 USD) 以上で送料無料
一週間以内に到着

手際の悪い日本のショップより便利。ただ扱う品数が多すぎて最初はよくわからないかもしれない。
これまで使ってきて、信頼度が高いなと思うブランドは
Life Extension (高いけど間違いない)
Jarrow (値段とのバランス良し)
Country Life (質実剛健)
Paradise Herb (青汁やハーブの信頼度高)
ここらあたりでまとめると、まず間違いない
nowやDoctor's Best, Nature's way、あたりも。Garden of Lifeなんかは個人的に好み。
組み合わせは
基本的なマルチビタミン
お腹のプロバイオティクスに
中性脂肪対策と様々に必須な魚のオイル
アーユルヴェーダで肝臓をデトックス
こちらも肝臓の助ける上記のヒマラヤのとは全く構成が違うサプリ

とまあ、オススメを書き出したらきりがないのだけどこんな感じで手軽に購入できる。

サマーセール
40米ドル以上の注文で5%割引! 次のプロモコードをご利用下さい:SUMMERJP5
80米ドル以上の注文で10%割引! 次のプロモコードをご利用下さい: SUMMERJP10
開催期間: 6/30 0:00 ~ 7/16 23:59

タイムセール ‐ 80米ドル以上の注文でコード SUMMERJP10 を入力すると、対象商品が最大30%に!
開催日: 6/30(土)、7/1(日)、7/2(月)、7/7(土)、7/8(日)、7/9(月)、 7/14(土)、7/15(日)、7/16(月)の計9日間
(その日ごとにタイムセールの商品は変わります。)



 

# by atsushisaito | 2018-07-06 22:11 | Comments(0)

野方ホープ@中野

c0016177_21062697.jpg
 人気があるのかあちこちに増殖中の野方ホープ。本店が近くにあるのにも関わらず中野駅の方にも出店してきていた。調べてみるとホープ軒とは全く関係ないとか。今でいうとラーメン二郎でいうラーメン大的なインスパイア系なのだろうか。吉祥寺のホープ軒以降の系譜をみるとほんと歴史を作っているなという感じで素晴らしい。
 ホープ軒系のラーメンでこれまで一番食べたのは下高井戸にあった木八かなあ。学生の頃にあのあたりでバイトしていてちょくちょく行ってた。その味と比べると野方ホープは同じ味の組み立てだけど、旨すぎるんだな。バージョンアップしたものだから当然かもだけど、粗野な感じがなくなり優等生で面白みがないという。それでも完成度がもたらす安定感は一般受けは良く、その結果いろいろと店舗を拡張できているのかと。
 味は背脂チャッチャッを踏襲してそこそこに濃厚な味わいのスープ。ジャガイモのマッシュポテトがのっていたのは新しい。途中まで食べた後にそれを混ぜ込むと、濃厚さを下支えする働きとなり、旨さが増す。食べ終える直前に杏仁豆腐をサービスしてくれたりで、いい感じではある。まあ中野でわざわざ食べる必要があるかというと、いささか疑問ではあるのだが。。。

# by atsushisaito | 2018-07-06 12:26 | 飯@中野 | Comments(0)

文吉@新井薬師

c0016177_21062580.jpg
 新井薬師に住み始めた人は、中野の方へ向かう道はともかく、まず駅周りのお店の少なさにいまいちな感じを覚えてしまうだろう。特に今は地下化の工事が始まり、これからもお店の数は縮小傾向にある。しかし、どうしてなかなかしっかりと一店一店を見れば、小粒ながらも一騎当千とまでは行かなくても、しっかりと美味しい店がある。
 この文吉はその代表格で、まず店頭に屋号を掲げてすらいない。今ではメニューが店頭に出ているのでわかりやすいが、初期の頃は一体ここはなに屋なんだ?という感じであった。しかしここ、はっきり言ってなにを食べても美味いお店。
 僕はだいたいカツカレーを食べることが多くて、あまり他のものを注文しないのだが、前回隣の人が食べていた牛焼肉定食があまりにも旨そうだったので、今回食べてみた。で、それは間違いなく美味しく、これ、ただの牛じゃなくて和牛。それが800円くらいと破格の価格。肉が旨すぎなので、ご飯大盛りは必須。セットに付いてくる豚汁も美味。

# by atsushisaito | 2018-07-05 12:10 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

海鮮三崎港 高田馬場店@高田馬場

c0016177_21062563.jpg
 あら汁に軍艦を少しのおやつ的に。回転寿司の醍醐味はなんといっても多彩なバリエーションの軍艦にあると思っている。回らない寿司屋で食べられないネタこそ、回転で食べるべき。もっともタッチパネルの注文で回りさえしないのだけれど。
# by atsushisaito | 2018-07-04 12:05 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

リッチ@新井薬師

c0016177_20412937.jpg
 随分と昔からあるのだろうなあという老舗の洋食屋さん。このあたりをなに商店街といっていいのかわからないのだけれど、中野からあいロードを通り新井薬師前駅に通じる道なので、このあたりに住んでいる人は中に入ったことはなくても誰もが目にしているお店。日常の景色とな理すぎていて、入るのは今回が初めて。
 本日のランチから唐揚げ定食、ドリンクは烏龍茶で。今まで入ったことがない理由の一つに、価格帯が少し高いこと。この定食は830円。しかしドリンクが付いていることを考えてみると別に高くはないんだなあ、と入ってみてそう思った。おつまみ的なメニューもあり、飲めるお店でもあることも確認。
 定食は味付けも量も上品な感じ。タレが酸味の効いたもので、少しチキン南蛮っぽさがあった。慌ただしく料理を食べるというより、ゆったりご飯を食べて食後にドリンクを飲むという感じのお店。外から見ると全然そんな雰囲気はないのだけど。

# by atsushisaito | 2018-07-03 12:41 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

はし本@中野

c0016177_16480479.jpg
 いつもながら美味いラーメン。これまでとの違いは玉子が割られないで盛り付けされていること。はし本の味玉は今まで二つに切って盛り付けされていた。わりと黄身が柔らかめな仕上がりの味玉で、切ると黄身がスープに流れ出しそうになりがちだったから、その為に切らないようにしたのかな?と思ったり。
# by atsushisaito | 2018-07-02 12:47 | 飯@中野 | Comments(0)

麺彩房@新井薬師

c0016177_21593031.jpg
 月曜定休日にうどんの店としてオープンするので、たまに行く。製麺所が作るうどんはとても美味しく、うどん?ラーメンないの?で帰っていく人はなんだか色々と損してる。毎週はやっていなくてtwitterなどで営業日をチェックしないといけないくらいに、レアなうどんの日。この日は肉汁うどん。麺は流石、という具合なのだがこの肉汁はいわゆる一般的な肉汁を期待して食べると、?という感じになるかも。
 ラーメンの力加減で出汁が出ているので、肉より魚の味わいが突出してしまっている。これはこれで美味しいのだけど、バランスという点ではとても中途半端で、ラーメンとウドンの狭間でブレてしまっているよう。これだとシンプルなぶっかけの方が麺の良さを素直に味わえるかなあ、と思ったしだい。

# by atsushisaito | 2018-07-01 12:06 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

家宴@新井薬師

c0016177_22593632.jpg
 海鮮焼きビーフン。ちょうど一気に客が入ってしまったみたいで、だいぶ待つのかと思いきや意外と早く登場した。一つの中華鍋なのに流石。ちょっとビーフンがダマになってしまっている部分もあったが炒め具合や味はとても良く、わしわしとビーフンを堪能できた。麺とは違うこのビーフン、たまに食べたくなるのだが、やはり家で鍋を振ってみても同じにはならないんだよなあ。
# by atsushisaito | 2018-06-30 12:59 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

吉野家

c0016177_21593083.jpg
 今年の麦とろ牛皿御膳は麦が倍増。個人的にはオクラにめかぶを入れないで、シンプルにオクラを楽しみたいところなんだけど。
# by atsushisaito | 2018-06-29 12:04 | Comments(0)