<   2020年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

御殿山 那覇空港店

御殿山 那覇空港店_c0016177_19501108.jpg
御殿山というと古民家で食べる沖縄そばってイメージだったのだが、今回、那覇空港の新ターミナルに合わせてできたフードコートに出店していたので行ってみた。資本系が入ってしまったみたいで、今後は海外展開なども視野に入っているのだとか。普通の沖縄そばで860円と高い。正直なところそういう情報が入った上で食した、そしてフードコートという場所なので、本気度が足りない化学に頼った味になっているかな、と感じたのが正直なところ。

つまるつまらないの二極で話せば、つまらなかったんだなあ。化学を否定する気はさらさらないのだが、パウチされたコーレグースに紅生姜。フードコートだからいたしかたないとはいえ、これじゃない感が強い。ただ、沖縄そばを食べ逃した人たちの最後の牙城として空港にあるのは良い事だと思う。ちょっと歩くけど。麺は十二分に存在感があるので、振り返ってみれば別に悪いものではないなあ、とも思ったり。

by atsushisaito | 2020-01-17 12:14 | 飯@23区外 | Comments(0)

煮込みや まる。@荻窪

煮込みや まる。@荻窪_c0016177_23413781.jpg
煮込みや まる。@荻窪_c0016177_23413752.jpg
煮込みや まる。@荻窪_c0016177_23413748.jpg
本当はdancyuに掲載されていたお隣の鳥七に行こうとしたのだけど臨時休業。その隣にある鳥七の奥さんがやられているという人気の酒場の「まる」を覗くと席に余裕があったので中へ。いやあ、空間の構成力が新しい酒場としてはもう完璧だな、と思った。これは人気でるわ、と。コの字カウンターで1人で回せる料理とお酒。難しいものはないが、仕込みで仕事をしている料理、酒は本当に日本酒が好きなんだなというセレクト。

塩煮込み、おしんこに冷奴。酒はシャリキンレモンサワー、そして杉勇。実は中野より荻窪の方が飲兵衛のパラダイスなのでないか、と羨ましくなるいいお店。

by atsushisaito | 2020-01-16 12:55 | 飯@杉並区 | Comments(0)

宮里そば@沖縄県名護市

宮里そば@沖縄県名護市_c0016177_19500953.jpg
名護で泊まったホテルはホテルデルフィーノ名護というビジネスホテル。ネットの予約サイトでは引っかからず、グーグルマップで探して電話で予約した。歩いて居酒屋に行きたかったのだが、意外と中心部にはホテルがない。微妙な感じがするとこが他にいくつかありはしたものの、ここが良さそうだったので決めたが確かに正解であった。無料の朝食もなんとなくローカルな沖縄気分を味わえたので満足。
宮里そば@沖縄県名護市_c0016177_19500976.jpg
宮里そば@沖縄県名護市_c0016177_19501032.jpg
朝食後、しばしの休憩したのちに向かったのが近くの宮里そば。けっこうなう有名店らしく行列ができていたらスルーかなあ、と思ってたのだが、流石のオフシーズン。ガラガラであった。食券を渡し、お茶でほっこり。なんていうかのんびりした沖縄の食堂の雰囲気のいいこと。1人でその空気に浸ってようとした矢先に注文の昆布そば登場。沖縄そばは製麺所から運ばれてきたゆで麺を使うので、出来上がりが早い。

カツオの旨味がドン!なんだけど、正直なところ多少の差はあれどどこもこのレベルなので、これが噂の宮里そばですか!とはならなかったのだけど、昆布そばに鎮座する結び昆布を見るからに、昆布の旨味の下支えがこのお店の引きではないかな、と思う。それにしてもこれが400円かあ。

by atsushisaito | 2020-01-15 12:21 | 飯@23区外 | Comments(0)

やきや@荻窪

やきや@荻窪_c0016177_23413374.jpg
やきや@荻窪_c0016177_23413476.jpg
やきや@荻窪_c0016177_23413422.jpg
久しぶりにやきや。イカが主力の立ち飲み屋でとても安く、そして美味い。昔はこことカッパあたりをセットでたまに飲んでた。北口から南口に移転してから随分と時間が経っているのだが、もしかしたら今回が移転後から初めての訪問になるのかも。なんとか16時過ぎに入ることができたが、中はほぼ満員。

ビールをもらってから落ち着いたところで注文を焼き台の兄さんにお願いしようとしたら、ちょっと待って、とぶっきらぼうに言われてしまった。タイミングを見計らっての注文のつもりだったのだが、口開けの客のオーダーが立て込んでいてそれをこなすので一杯一杯だったよう。しかし、若いのに随分と拗らせてしまっているような。別に丁寧に優しくして欲しいなんてこれっぽっちも思わないが、この人のこの先は大丈夫だろうか、勝手に思ったり。

わた和え、大根にイカゲソ。これだけイカを安く美味しく食べさせてくれる店っていうのも他にないし、おばちゃんが無愛想すぎるのもそれはそれで名物みたいだし、お兄さんがそこに加わったと思えば、別になんてことはないかな。また行こう。

by atsushisaito | 2020-01-14 12:31 | 飯@杉並区 | Comments(0)

餃子の河童軒@沖縄県名護市

餃子の河童軒@沖縄県名護市_c0016177_19500907.jpg
開店は2018年なのだが、それ以前から河童軒として長らく続いていたお店だとか。一度閉店した後、そこで働いていた従業員の人が再開させて家族で経営しているというお店。沖縄まで来て餃子かとは思わなくもないが、こういうローカルなお店に地名は意外と関係なく、知らないお店に訪れる面白さが単純にある。

まずはビール。そして餃子。どんだけ具材を詰めているんだ、というくらいにパンパンに膨れあがった餃子を口に入れると、かなりパンチのあるニンニクと旨味が弾ける。これは美味いが、果たして明日は大丈夫なのかと思いもしたが、美味しいからまあいいか。もう一杯ビールをいただき、ご馳走さま。

by atsushisaito | 2020-01-13 12:55 | 飯@23区外 | Comments(0)

門仲そば@門前仲町

門仲そば@門前仲町_c0016177_23413342.jpg
小腹が空いたので何かないかと考えてみると、そういえばここに蕎麦やがあったぞ、と向かったのが門仲そば。以前、スリランカ料理の店に行った時に、目に入っていたお店。古いお店かと思いきや、近年開業された立ち食い蕎麦(座れるとこもある)。お店の屋号そのままの門仲そばを注文。

とろろ昆布、ネギ、天かすにワカメ。壁に貼ってあったお店紹介の記事をみると、ゆで麺を使っているのがこだわりだとか。時代は生麺で茹でるのに時間をかけても蕎麦の良さそうにこだわるお店が多い風潮の中、あえて立ち食い蕎麦の原点の「早さ」を重視した選択。ま、しかしとはいえそれが武器になるかというと、疑問ではあるのだが、富士そばで「今からお蕎麦を茹でますの3分ほどお待ちください」と言われるストレスを感じている身としは、悪くない。

難しいところだけど、ゆで麺でも中野のかさいのように個性を出しているところがある中で、後発で普通のゆで麺かあ、と思わないこともなかったり。

by atsushisaito | 2020-01-12 12:05 | 飯@江東区 | Comments(0)

???@沖縄県名護市

???@沖縄県名護市_c0016177_19500812.jpg
???@沖縄県名護市_c0016177_19500841.jpg
名護市内中心部に宿泊するにあたり、いくつかのお店を調べていたのだが、まずは散策だろとうろうろしてると、山羊の丸焼きを楽しんでいるお店なんかもあり、これは色々面白そうだし75ビールも飲みたいなあと思っていた先に、何やら気になるお店が。屋号がない。洗練された外観、そこに赤提灯が二つ。久米仙の名前はあるものの、肝心のお店の名前がない。外から見える中は普通のカウンターだけのお店。入ろうかどうしようかと迷ってとりあえず散歩を続けたのだが、やはり気になり戻って扉を開けた。

中年のおばさんがカウンターの端に座っていて、立ち上がってこちらを見たのでお店の人だとわかった。1人ですがご飯って大丈夫ですか?と卑屈な投げかけに、少しの戸惑いを見せたものの、大丈夫ですよと言ってくれた。とりあえずのビール。名護にはオリオンビールの工場があるので、ちらっと瓶の製造年月日を見ると、なるほど新鮮の出来立て。お通しの煮物をやりつつ、メニューを見た。

オーソドックスな沖縄料理、というか家庭料理が並ぶ簡単なメニュー。値付けもざっくりとしていて、違和感がよぎる。壁には友人の祝いの言葉。後で調べてわかったのだが、ここは元々、金城というバルがあったとこで外観が小綺麗なのはそのせいで、そこにぶら下げた赤提灯がミスマッチの妙というべきか、居酒屋ホイホイ的に本来なら普通の人は入らない所にマニアックな居酒屋好きが飛び込んでしまったという構図。

屋号を出してないのは、こだわりではなく、ある意味近しい人だけを相手にしたお店だったみたい。フーチャンプルーを注文したものの、それが最初からわかってしまい、まだ他の客がいないマンツーマンの状態ではかなりの緊張感が走っていた。僕も別にお店の人と特別にコミュニケーションをとりたい人ではないので、黙ってビールを飲み干し、泡盛をいただいた。

そして、黙々とフーチャンプルーを食す、という名護まで来て何やってんだか、という展開。終盤、お客さんが来てくれ、お店の人との会話が弾んでいたので、こちらの気持ちも多少和らいだ。もう一杯、泡盛をお代わりし、それを飲み干したところでご馳走さま。心の中で、すみません、入ってしまってと詫びながらお会計をして外に出た。

by atsushisaito | 2020-01-11 12:16 | 飯@23区外 | Comments(0)

カフェ&ビヤレストラン 宮 羽田空港店

カフェ&ビヤレストラン 宮 羽田空港店_c0016177_23021150.jpg
モーニングで連載されていた(現在はマンガ on ウェブに移籍)八百森のエリーで描かれていたステーキ宮のソースへの愛情の場面が忘れられなくて、いつかステーキ宮でステーキを食べようと思っていたのだけど、北関東中心の宮は東京23区内には存在していなかった。そんな宮が羽田空港に進出してきたというビッグニュースが入ったので、行ってみた。

ANAに人生の全てを注いでいるので、羽田空港第一ターミナルに行くのは2度か3度目。久しぶりにきた第一は第二より素敵、、、、、。レストランも多くて空間も洗練されている気がする。羽田での宮はカフェという位置付けでもあり、お茶だけでも大丈夫なカジュアルな空間であった。注文はサーロイン。お高いのだが、致し方ない。ステーキのソースはもちろん宮のタレ。

ステーキが登場すると、ハンバーグのチェーン「さわやか」のように食べる人が自らナプキンで飛び跳ねをガードし、お店の人が熱い鉄板にソースを流しこんでくれる。しばし鉄板でほとばしるタレを眺めつつ、それが落ち着いた頃に食べ始める。タレは生の玉ねぎを使用していて、加熱されて甘みが増すという仕組み。

なるほど、確かにしつこくない甘みがとてもいい。ただし、ステーキに負けている感じがした。もっと量が欲しい。たっぷりと下品なくらいにかけてみたい。そう思ったのも、実は宮のタレはお代わり自由とのこと。しかし、メニューに書いてないしなんとなく恥ずかしかったので、そのまま食べた。ステーキそのものは普通かなあ。タレのお土産も販売していたので、今度はそれを買いに第二から第一まで行きたい。無料のバスがあるので。

by atsushisaito | 2020-01-10 12:42 | 飯@大田区 | Comments(0)

麺家 にらい@沖縄県中頭郡

麺家 にらい@沖縄県中頭郡_c0016177_19500720.jpg
わりと珍しい沖縄そばの自家製麺。沖縄そばならではの朴訥とした食感は残しつつ、麺そのものの味わいが濃く、なるほどと思わせられる。汁はすっきりとした味わい、そこに肉から力強い旨味が流れ込んでくる。肉を食べてみて、それが沖縄の塩漬け豚肉のスーチカだということがわかった。スーチカの炙りの強い旨味と柔らかい出汁のマッチングがとても良い。これが500円。大盛りにしても値段変わらず。素晴らしい。

by atsushisaito | 2020-01-09 12:47 | 飯@23区外 | Comments(0)

飛騰@東中野

飛騰@東中野_c0016177_23015986.jpg
飛騰@東中野_c0016177_23024127.jpg
丼を新調したのだけど、それに合わせて汁が極少に、、、、、。替え玉すると汁多めの和え玉みたいになってるんですけど。美味しいのに、、、。かなり残念。写真はある日のラーメンキクラゲ、そして他の日の黒ラーメン。

by atsushisaito | 2020-01-08 12:36 | 飯@東中野 | Comments(0)