<   2019年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

煮干鰮らーめん 圓@東京都八王子市

c0016177_22031939.jpg
特製ラーメン。八王子の外れにありながら東京でも有名なラーメン店。最初にお店に入るとカウンターで客が1人。しかもラーメンを食べ終えて出る支度のところ。正直、名前だけ有名で全く支持されてないお店なのか、と食券を購入して席につくとあれよあれよと客が押し寄せて満席と待ち客。すごくたまたまの谷間だったのかもしれない。

ラーメンは一口啜ると煮干しの香りがブワッときて、その存在を全く感じさせない淡麗なスープなことに驚く。ただし煮干しの味わいを重視しているためか、スープの温度は低め。それぞれの具材が主役級の存在感を放つ中、はりはりの食感の麺の個性が際立つ。こちらもいわゆる八王子系のラーメンではないながら、八王子を代表するラーメンとなっている。

by atsushisaito | 2019-04-30 12:03 | 飯@23区外 | Comments(0)

松屋

c0016177_22220015.jpg
ネギたっぷりプレミアム旨辛ネギたま牛めし

by atsushisaito | 2019-04-29 22:25 | Comments(0)

竹の家@東京都八王子市

c0016177_21484728.jpg
八王子の老舗中の老舗のラーメン屋ということなのだが、いわゆる玉ねぎがのった八王子ラーメンではなかった。開店が10時と早かったため、たまたま入店。店の前から出汁の香りが漂ってきた。入ってすぐのレジで前払い。ラーメンを注文しプラスティックのフダをいただき席へ。目の前には大きな寸胴で茶濁している美味しそうなスープが見える。

早速登場したラーメンと対面したわけだが、いかにもな感じで美味しそう。周囲を見渡してもレンゲが見つからなかったから、そのままいただくものかと思い丼から直接スープを啜っていると、おばさんが「ごめんね」とレンゲを出してきれてくれた。開店直後で出し忘れていたみたい。正直なところ、スープからは店の前から漂っていたいい具合の出汁は感じられなかった。そのまま昔の味わいの中華そばというもので、美味い不味いという代物でもないかなあと。まあその中道的な味わいが昔からこの店を支えてきた原動力であったのは間違いなく。八王子で生活する全ての人に良くも悪くもこの竹の家のラーメンになにかしらの思い入れがあるのかもしれない。

by atsushisaito | 2019-04-28 12:48 | 飯@23区外 | Comments(0)

博多天神

c0016177_22220034.jpg
キクラゲ。
by atsushisaito | 2019-04-27 12:24 | Comments(0)

釜たけうどん 新大阪店@大阪府大阪市

c0016177_22574536.jpg
東京にも八重洲にもあるし、なんかあちこちで見かける釜たけうどんはもともと大阪難波の千日前にあった個人店から始まった。そこには一度行ったことがあるのだけど、今ではその店は閉店しているとか。なんか詳しくはわからないけれど、現在釜たけうどんを運営している会社にレシピとか丸ごと売却したみたい。現在は「き田たけうどん」という屋号で以前と同じ場所あたりで営業しているみたい。

そういう経緯は知らなくて、なんか増殖してるなとは思っていたのだが、新大阪駅にもあった。1Fの外れにありちょっとわかりにくくて、そして閑散としていた。カウンターだけのお店で最初は名前が似てるだけかな?と思ったくらいで、人気店とは思えない雰囲気。いわゆる穴場。ぶっかけを注文。ワンコインでお釣りがくる程度の値段で、上等のうどんが食べられる。

新幹線に乗る前にこちらでうどんを食べるのがこれからの習慣になるかも。もちろん南海で南海そばを食べた後で。

by atsushisaito | 2019-04-26 12:45 | 飯@23区外 | Comments(0)

大戸屋

c0016177_22215990.jpg
10年ぶりくらいかな。大戸屋に。早く出てくるというメニューで唐揚げを選択したのだが、全然早くなかった、、、、、、。そして肉も硬く。
by atsushisaito | 2019-04-25 12:20 | Comments(0)

サバ6製麺所 阪急梅田店@大阪府大阪市

c0016177_22574547.jpg
東京にも1店舗できているみたいだが、凄い勢いで大阪を中心に増殖中のサバ6。ガツンと鯖節の効いたラーメン。出てきたラーメンのビジュアルはなんとなく高井田系みたいな醤油がビッと効いてそうな見た目。早速スープをいただくと熱い。熱すぎて味がわかんない。あまりにも出汁の酸味が先行しすぎて、最初の印象はちょっと酸っぱいのか、このラーメンは。と思ってしまった。しかし次第にその熱さにも慣れてくると、しっかりとした出汁の旨味が広がりその酸味は気にならず。

屋号からしてこれでもかというくらいの鯖感で来るのかと思っていただが、意外や強い醤油で上手くまとまったラーメンという印象。麺もそれに負けないストロングなものであった。

by atsushisaito | 2019-04-24 12:54 | 飯@23区外 | Comments(0)

富士そば

c0016177_22034661.jpg
富士そばで最高のメニュー、朝そば。春から上京して富士そばが不味いことに驚いている社会人1年生が多いと思うけれど、これが美味しいと思えて初めて東京の水に慣れた、ということだから。そして絶対慣れるから安心して。
by atsushisaito | 2019-04-23 12:23 | Comments(0)

インターコンチネンタル大阪

c0016177_23374915.jpg
枚方の用事があったので、枚方ツタヤに初訪問。中心地からの外れにこの規模は凄い。大阪は中心地から外れると何にもない感じなので、こういう形で投資が行われればまだまだ発展しそう。僕がいた頃は線路の反対側のビブレが枚方の中心だった、、、、。羨ましい。roshin booksの本も扱っていただいているが、専門書はまだまだという印象。将来、何かここでイベント行えたらいいなと。
c0016177_23375699.jpg
インターコンチネンタルのクラブラウンジ。けっこう久しぶりだったのだが、こんなにサービス良かったっけ?っていうくらいドリンクをサーブしてくれた。以前は自分でジントニック作ってたような(作るのが楽しい)。
c0016177_23375696.jpg
部屋が無駄に広くレジデンスにアップ、、、、、。IHGのシステムが少し変わって、ミニバー2000円分自由に使えるとのことだったけど、そもそもミニバーの値段設定が高すぎてブランデーの小瓶一つだけいただいた。頼まなかったけどルームサービスのメニュー見てたら、宮崎の焼酎の月の中があって「お!」と思ったけど値段が2万8千円、、、、、頼む人いるのかな、、確かに少しレアではあるけど。
c0016177_23375720.jpg
c0016177_23375717.jpg
朝食。とりあえずエッグベネディクト。1品オーダーできて、あとはブッフェ。でもブッフェは簡素なのでクラブラウンジの食事じゃなくてレストランのブッフェの方が楽しかったかなあ。こんなだっけ?っていうくらい品数少なかったし。
by atsushisaito | 2019-04-22 12:09 | Comments(0)

石松@中野

c0016177_22034445.jpg
c0016177_22034403.jpg
c0016177_22034484.jpg
c0016177_22034584.jpg
c0016177_22034533.jpg
c0016177_22034554.jpg
c0016177_22105499.jpg
c0016177_22034646.jpg
昔と比べると一見さんを撥ねつけるようなだいぶオーラがなくなり、入りやすくなったなあという印象。まあ以前から一度中に入ってしまうとマスターが優しく迎えてくれていたお店ではあったし、これからもそれは変わらないけど。ホワイトボードとか注文するハードルも随分と下がった。ここほど美味いモツ(モツだけじゃないけど)焼きはmずないので、是非。
オススメは
ミノ、ガツ醤油、ツクネタレ塩一本ずつ、チレ、
そのあたりを押さえておくと来て良かったと思えるはず。

特に美味しいミノを食べたことない人には、是非とも食べてもらいたい。

by atsushisaito | 2019-04-21 12:10 | 飯@中野 | Comments(0)