<   2018年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

石松@中野

c0016177_21485967.jpg
c0016177_21490066.jpg
c0016177_21490006.jpg
c0016177_21490065.jpg
前回から5ヶ月も空いてしまっての石松。相変わらずの旨さ、そしてホワイトボードの設置は初見のお客さんにも優しくなってる感じ。この日は牛のレバーなんかもあったり。石松で牛のレバーを食べるのは初めてかも。最近家に引き籠りがちなので、もう少し外で飲まないとなあ。


by atsushisaito | 2018-08-31 12:46 | 飯@中野 | Comments(0)

台北酒場@中野

c0016177_22073667.jpg
c0016177_21485922.jpg
c0016177_21485918.jpg
年のせいかだんだんと知ってるお店しか行かなくなる傾向が強くて、この日も南口まで遠征したのに北口まで帰ってきてしまった。無駄にフラフラして時間を食ってしまい、ちょうど台北酒場のオープンの21時に店へ。この店は遅くに開いて朝までやっているという形態。

ここで30年店をしているというママさんとのんびり台湾紹興酒を飲みながらお話。別に料理が美味しいわけじゃないけど、バーみたいな感じでの使い方も大丈夫なお店。

by atsushisaito | 2018-08-30 12:07 | 飯@中野 | Comments(0)

高はし@飯田橋

c0016177_21485850.jpg
以前から気になっていた飯田橋の高はしへ。ランチタイムに差し掛かる寸前だがすでに二名の並び。もう少し並んでいればすぐにでも諦めるのだが、これくらいならいいかと待ち。すぐに前の二名が店内へと案内されたところで中の人に注文を聞かれてしまって、慌ててつけ麺を選んでしまった。たっぷりとスープを飲みたかったのに。

しばらくして中に案内された。コの字型カウンターの小さい店内。登場したつけ麺を見て、やはり失敗したなあと。麺が全くつけ麺向きではない。ラーメンに使う麺をそのままつけ麺に流用した感じの。町の中華屋によくある感じの。汁もこれが微妙。いや焼豚の短冊がたくさん入っていて、この焼豚を食べるには最適なスープなのだけど、麺となるとそうもいかず、なんだかくっきりしない食事に。

絶対にラーメンなら美味しいのになあ、と思いつつ不完全燃焼な一杯になってしまった。

by atsushisaito | 2018-08-29 12:50 | 飯@千代田区 | Comments(0)

吉野家

c0016177_21485892.jpg
牛丼並みに卵。七味をたっぷりと。

by atsushisaito | 2018-08-28 21:50 | Comments(0)

奈良美智 Yoshitomo Nara 「Will the Circle Be Unbroken」

c0016177_16301115.jpg
c0016177_16301160.jpg
c0016177_16301197.jpg
c0016177_16301292.jpg
c0016177_16301273.jpg
c0016177_16304643.jpg
c0016177_16304678.jpg
c0016177_16304632.jpg
c0016177_16304799.jpg
c0016177_16304706.jpg
c0016177_16310983.jpg
c0016177_16311075.jpg
c0016177_16311078.jpg
published by Fine Art Photography Association, 2017, edition of 1000

昨年の代官山フォトフェアの展示に関連して千部限定で出版された写真集。美術作家として絶大な人気を誇る奈良美智の写真作品で話題を呼んだ。展示会場と所属ギャラリー以外では、銀座蔦屋のみの取り扱いと珍しい展開をしていた。B4変形サイズと大きい判型。普段のドローイング作品とどこか通底する共通の空気感が漂い、日頃の作家の視線を知ることができる興味深い作品。

by atsushisaito | 2018-08-21 16:48 | 写真集 | Comments(0)

タンタンタイガー@新井薬師


c0016177_21315485.jpg
あいロードにオープンしてすぐに行ってから、しばらく間をあけてからの2回目。汁なし担々麺の辛さ中の痺れ中。やはりマイルドな口当たり。確か前回も中中だったと思うが、次は大と大で食べてみよう。しっかりとした旨さはあるのだが、もっと痺の方に針をふった方がわかりやすいかな。たぶん美味しすぎるのだと思う。上品に。これで完食の一皿というより、コースの中の一皿という印象。

痺の方に振れば振るほど海老の旨味は感じられ難くなるのだろうけど、一般的には痺れでひーひー言わせた方が客受けはいいと思う。オープンから客が一巡したようだが、これからのメニュー展開に注目したい。坦々つけ麺なんかあれば嬉しいが。


by atsushisaito | 2018-08-19 12:30 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

吉野家

c0016177_22534330.jpg
スマートニュースのクーポンを利用して30円引きで牛丼。卵くらいつければよかった。
by atsushisaito | 2018-08-18 12:53 | Comments(0)

バラそば屋@中野

c0016177_22324643.jpg
バラそば屋で冷やし肉そば。出汁が効ききつつ、脂を極力取り除きさっぱりとした仕上がり。夏にぴったりでちょうどいい。ちょうどいいけど、なんかこれはラーメン屋で食べなくてもいいんじゃないかとも思えてきた。香川のうどんの出汁、岩手の冷麺の麺を合わせればこんな感じにならないだろうか。いや、別にそれはなってもいいんだけど、そしてポイントはそんなとこじゃなくて、暑いからこそ冷やしを求めてるわけだ。

ただ、なんとなく美味しいけれど、ちょっと自分の中でピントが外れてるなと。あくまで私自身の問題。ああ、ただ一点、スッキリくっきりなスープとしてはやや雑な感じも。それくらいワイルドじゃなければ、今度は一転大人しすぎるって言ってしまうのだろうけど、出汁を生かすという意味では何か良いところ同士が打ち消しあっているようなそんな印象。

冷房が寒すぎるんだよな。寒い中で冷たい麺だったから、たぶん印象があまり良くなかったのかも。場所が悪かったのか。そう、たぶん店に入ってすぐにこの冷たい麺が来てたら、暑いのに美味しいなあって思ったのかもしれない。が、一度に作る数が少ないのか、けっこうな時間が経っても麺が登場しなかった。店外に待ちもないのに。それがたまたまなタイミングだったら致し方ないが、自分の左右にラーメンが登場する前から座っていた後客には、結局自分が食べ終わり外に出るまでラーメンが登場しなかった。店内で食べている人の方が少ない。

そのせいで体が冷えてしまったんだよなあ。それでなんで寒いのに、こんなキンキンの冷やしを食べてるのかなあ、っていう気になったというわけ。混んでる時に行ったことがなかったから、たまたまだったのかもしれない。

by atsushisaito | 2018-08-17 22:53 | 飯@中野 | Comments(0)

龍栄@下落合

c0016177_22464270.jpg
龍栄が今週の18日を最後に閉店してしまうとのことで、行ってきた。創意に溢れるメニューをまだまだ食べきれていないうちの閉店でとても残念。注文はダヌダヌ麺240g。ダヌダヌとはなんぞって感じだけど、坦々麺(つけ麺)に近いけど坦々麺じゃないということで「ダヌダヌ」としている。高齢のご夫婦が生真面目にダヌダヌのオーダーを受けているのがなんとも不思議な感じ。

ダヌダヌつけ麺の汁は麺が沈まないくらいの濃度、でもどっちかというと旨味が少なく、塩気が強い。素直に美味しいのか、と振り返るとそんなに美味しいものではないけれど、なんかまた食べたくなってしまう味だ。ちなみに最初にスープ割ができることを伝えてくれるのだが、スープで割っても全然割り切れないので、今回はしなかった。

お客さんが帰り際に、他でもやって欲しいなあと名残惜しそうだった。もうこの店舗は取り壊しで他でもやらないそう。最後にもう一度くらい行けたらいいなあ。

by atsushisaito | 2018-08-16 12:45 | 飯@中野 | Comments(0)

吉野家

c0016177_23030687.jpg
麦とろ。味噌汁とオクラを奥に、牛皿を手前に配置して欲しい。
c0016177_23032753.jpg
旭酒造による西日本豪雨被災者復興支援の島耕作ラベル。このお酒も水害による停電の被害により、本来の獺祭のポテンシャルを発揮できないということで、支援用に。実際に飲んだ感じでは、十分に美味しいお酒だった。獺祭にも色々と種類があり、それはランダムで詰められているそう。運のいい人には獺祭の最高品質の「その先へ」が詰められているかも。
by atsushisaito | 2018-08-15 12:02 | Comments(0)