<   2018年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Photobook JP 開催のおしらせ

c0016177_17114708.jpg
roshin books と flotsam books は3月1日から4日まで、横浜の大さん橋ホールで写真集に特化したアートブックフェア Photobook JPを開催いたします。

開催日:3月1日ー4日

開催場所:大さん橋ホール 〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目

開催時間:10時ー18時(最終日17時)

入場料:無料(CPプラスの事前登録が必要)

https://reg.cpplus.jp/public/application/add/55?lang=ja

Web : http://photobookjp.online/


問い合わせ先: info@photobookjp.online


出展ブース


赤々舎

Bromide Publishing House Limited

Case Publishing

CONTACT HIGH ZINE

crevasse

Ediciones Anómalas

edition.nord

flotsam books

ふげん社

GRAF publishers

IACK

IDEA BOOKS

街道

KANA KAWANISHI

Libro Arte

MACK

MAGNUM PHOTOS

ナナロク社

NAZRAELI PRESS

日本カメラ

2手舎

OSHIRIS

PHOTO GALLERY INTERNATINAL

PHOTOBOOK AS OBJECT / PHOTOBOOK WHO CARES

Unobtainium Photobooks

POST

RED PHOTO GALLERY

RONDADE

roshin books

shashasha

Shelf

蒼穹舎

SPEW

STAIRS PRESS

スーパーラボ

TAP Gallery

twelve books

ユカイハンズ

Zen Foto Gallery


Drink


BrewDog


協賛



山田写真製版所


c0016177_17141591.jpg

特製タブロイド



3000部限定の特製タブロイド(A3サイズ)を製作し、無料配布します。山田写真製版所の全面協力により実現しました。紙は新聞紙ではなく上質紙を、プリンティングディレクターを印刷界のレジェンド 熊倉桂三が担当するという超絶レアアイテム化必至のタブロイドです。一人一部のみ。


掲載作家:一人1作品(カバー担当Yehlin LeeとAlec Sothのみ2作品)


Yehlin Lee、石川直樹、鈴木理策、広瀬耕平、山谷佑介、細倉真弓、森栄喜、深瀬昌久、Alec Soth、Jonas Bendiksen、Max Pinkers、横田大輔、中平卓馬、阿部祐己、石内都、伊丹豪、尾仲浩二、草野庸子、安村崇、Ed Templeton、Deanna Templeton 、奥山由之、野口里佳、Jungjin Lee 、原美樹子



by atsushisaito | 2018-02-21 17:17 | Comments(0)

バラそば屋@中野

c0016177_22370086.jpg
 このシンプルだけど濁さない豚のスープって、派手さは少ないのだけどなんか記憶に残る。食べたい食べたいと思いつつなかなか行けなかったけど、ようやく。せっかくなので特製。九州の豚骨スープとは全く違う豚の風味を生かし塩でビシッとしめたスープは、古いものと新しい所、そのどちらにも属さない味わいで美味い。もう少しゴリっとコクや旨味が押してきてもいいんじゃないか、と思わせるそのあたりが絶妙なバランスなんだなあ、と。
by atsushisaito | 2018-02-19 12:36 | 飯@中野 | Comments(0)

カレーハウスピヨ@梅田

c0016177_22214633.jpg
 土曜日の大阪ランチを手軽にルクアですまそうとするとどこも行列。阪急の方にインデアンがあったなあと思い向かっても行列。そのあたりのお店はみんな行列、、、。大阪人は東京もんみたいに行列して食べへん、というのは過去の話になってしまったか、、、。
 気のきいた地元のお店を知らない僕はランチ難民になってしまい、慣れない地下を彷徨ってたどり着いたのがここピヨ。普通のカレースタンド。大阪らしく牛スジに青ネギがたっぷりのったカレー。東京ではこの組み合わせはまず見ないかと。
 ソースを口にすると、けっこうソースを煮込んでいじめぬいた感じ。しかしなぜか旨味に乏しく、苦味などの面が目立ってしまっているような。テーブルにはキャベツのピクルスが。こちらも少し雑な感じでインデアンのものと比べると差が激しい。その辺りをぎゅっと目をつむってみると、まあこれはこれでありかと。


by atsushisaito | 2018-02-18 12:21 | 飯@大阪 | Comments(0)

ブラザー@高田馬場

c0016177_22005390.jpg
 全く気づかなかったのだが、昨年の8月にオープンしていたとのこと。風龍やゴーゴーカレーがあるとこをキュッと路地に入った所のお店。武蔵の鷹虎がある手前。駅に至近。以前は下落合にあったとのことだが、全然知らなかった。
 初めてだったのだがエビに惹かれエビカレー辛さ普通に。これはちょっと失敗だったかなあ。野菜カレーの方が見た目楽しそう(具材としてのエビも弱い)。エビ野菜カレーにすればよかったのか。ソースは旨味でぐいぐいと押すわけではなく、さらりとした口当たりでスパイスの香りが素晴らしい。さらとしたり具合はライスとの相性がぴったり。清涼なる風味と自然な旨味でぐいぐいと食がすすんだ。
 駅から至近なのが嬉しい(馬場のいい店はたいてい駅から少し歩く)し、魅惑の期間限定メニューなどこれからがとても楽しみ。
 


by atsushisaito | 2018-02-17 22:15 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

青葉@中野

c0016177_22300052.jpg
 全然行かなくなったけど、最近また行きたくなって空いてる時間を見計らって行ってみた。毎日みてるわけじゃないけど、行列はできないなあ。中野駅近くでそもそもそういう店はないかも。注文は中華そば。
 一口スープを飲んで、うーん、、、、としばし考えてしまった。昔からこんな味なのかそれとも自分がもっと濃い味に慣れすぎてしまったのか。単純に味がぺらい。表面に浮いた油で口あたりはテロっとするものの、スープにおける動物系の味わいは弱い。そして魚系、つまり出汁なのだがこれが何とも単純。例えると粉末出汁で強く味を出した適当な味噌汁的な。もちろんここでいう味噌は比喩で、そういうテイストだと理解してもらえれば。
 食した感想としては、スーパーの冷蔵コーナーで販売している生麺の袋入りをカウンターで調理して食べてる感じ。付け加えておくが、あっさりでも美味しい店はたくさんあるし、こってりでも自分の好みに合わないからといって不味いとは書かない。しかし、この日の一杯はとてもじゃないが美味しいとは言えなかった。残念、、、、

by atsushisaito | 2018-02-11 12:29 | 飯@中野 | Comments(0)

倉敷らーめん升家@新井薬師

c0016177_20490068.jpg
 とにかく次から次へと開店閉店を繰り返す場所なので、誰しもが次は大丈夫かなあと心配してしまう所に倉敷ラーメンを名乗る升家が出店。実際に倉敷にお店があるみたい。どういう要件で倉敷ラーメンになるのかはわからないが、とりあえず倉敷の食材を使っているので倉敷ラーメンということみたい。
 注文は醤油ラーメン。スープが甘いというのはネットの情報で見ていたが、ほんとに甘い。最初は豚の脂の甘さがふうわりとくるのだが、そこからぎゅっと口の中で甘さが増していく。九州などでよく使われている甘い醤油を持ってしてでも、こんな甘さが出るものだろうか。その甘さに慣れさえすればライトなラーメンで普通に美味しい。こってりをだんだんと受け付けなくなってしまった体には嬉しい。メンマがこれまで食べたことがないくらいに極太なのが特筆。トッピング無料券もらったので、今度はメンマトッピングで行こうかと。 

by atsushisaito | 2018-02-10 12:32 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

博多天神@歌舞伎町

c0016177_20490026.jpg
 博多天神でキクラゲラーメン。キクラゲ多すぎ、、、。この日はそんなにお腹空きではなかったので替え玉するつもりはなく、最初から辛子高菜を投入。するとあんなに麻薬的に美味いはずの辛子高菜ブーストのスープがいまいちに感じる。やはり最初はノーマルスープで食べ終えて舌を調整しないとダメなのかも。替え玉辛子高菜ブーストからが博多天神の真骨頂。ちなみに紅生姜はスープが汚れる感じがして、入れる気がしないんだなあ。ゴマやニンニクにも興味がない。辛子高菜一択。
by atsushisaito | 2018-02-09 12:22 | 飯@新宿区 | Comments(0)

さかこし珈琲店@ブロードウェイ

c0016177_20490003.jpg
 ブロードウェイ2Fでコーヒー。さかこしはおばちゃんがやっていてのんびりした雰囲気。
c0016177_20490081.jpg
 同じく2FにあるAライセンス。改装して綺麗になった。洋食屋さんのイメージの方が強いかな。

by atsushisaito | 2018-02-08 12:06 | 飯@中野 | Comments(0)

まつや@吉祥寺

c0016177_20485914.jpg
 鴨せいろ。熱い鴨汁で食べる蕎麦。鴨の脂とかえしの辛さの絶妙なバランス。汁が美味すぎて蕎麦そのものはもはやなんでもいいくらい。ってそれはそれで料理としてどうなのって感じがしなくもないが。

by atsushisaito | 2018-02-07 12:01 | 飯@武蔵野市 | Comments(0)

かしわぎ@東中野

c0016177_20485956.jpg
 久々に行くと中のレイアウトが変更になっていて、いままであった一部のテーブルが撤去されて待ちのスペースに。あまりの行列の長さに対策を迫られたのだろうか。この日も開店直後に行ったのですぐに座れたものの、食べ終えて出る頃には待ちスペースが埋まっていた。
 醤油を食べるのは2度め。ぎゅっと醤油の旨味が強いスープだけど、僕にはちょっと強すぎるので塩の方が好み。このラーメンを食べてると新井薬師で数ヶ月で撤退してしまった久仁衛のラーメンも、場所が違ったら普通に繁盛してたのかなあ、と思ったり。

by atsushisaito | 2018-02-06 12:48 | 飯@東中野 | Comments(0)