<   2015年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

雲海@京都府京都市

c0016177_14224144.jpg

 連日ブッフェってのも面白くないので、和食の雲海で定食。窓から庭園が見え落ち着いた店内。ブッフェのざわざわした感じもなく、客も少なめ。和装の店員さんがなんとなく京都っぽくていい。朝食のチケットに部屋番号が書いてあったのか、名前で呼ばれてびっくりした。前日の朝食をブッフェと雲海どっちで食べたか、という質問。前日も雲海だったら、連日に同じメニューにならないように、という配慮なのかな。
 ブッフェでいろんな料理を食べるのも楽しいけれど、定食の方が一品の質が高いように感じられて、いい。ご飯を白飯、雑穀米、お粥から選べるけど、全部といったら、全種類持ってきてくれるのかな、と下衆なことを考えたり。お粥に餡をかけて食べた。
by atsushisaito | 2015-06-09 12:21 | 飯@23区外 | Comments(0)

Rokka@京都府京都市

c0016177_14174212.jpg

 ちょうど一年前の京都グラフィを観に行った京都で、ホテルまでの帰り道に偶然入ったお店。そのときはまだオープンして数日だったので、今回の訪問でちょうどほぼ一周年。ベルモットとチーズのお店。今回はベルモットに生ハムをいただいた。落ち着いた照明で雰囲気があり、マスターもきさくに話してくれて居心地がいい。次に京都に来たら、また寄ろう。来年の京都グラフィーの時になってしまうかもだけど。 
by atsushisaito | 2015-06-07 12:13 | 飯@23区外 | Comments(0)

おかやん@中野

c0016177_231911100.jpg

c0016177_23192258.jpg

c0016177_23192937.jpg

c0016177_23193555.jpg

 ビールで喉を潤してからお刺身4点盛り。コハダ、がさ海老、桜鱒に子柱。あずきハタってのも食べたかったなあ。 お酒を竹鶴のにごりにしてから、しったかの塩茹で。初めて食べた小さい巻貝だけど、意外と美味しい。ワタまで綺麗にほじくるのが難しかった。
by atsushisaito | 2015-06-06 12:18 | 飯@中野 | Comments(0)

ごとし@京都府京都市

c0016177_15572440.jpg

c0016177_15574482.jpg

c0016177_1558563.jpg

c0016177_15581693.jpg

c0016177_15583189.jpg

 太田和彦本掲載店。魚と日本酒のお店。この日はたまたま早仕舞いの日だったようで、すでにほとんどの料理が品切れ。ちょっとご主人が怖い感じだが、こういうのは慣れているので気にしない。お燗にこだわりがあるお店なので、一杯目から燗をつけてもらう。お通しはあぶらめの唐揚げ。初めて食べる小さい魚。これがなかなかに美味しい。 
 さて、注文はといっても選択肢がない。食べたことがないの、と選んでみたら全部揚げ物になってしまった。小鮎の天ぷらにもろこの唐揚げ。もろこは思っていたより、ずっと大きくてあぶらめとは違って面白かった。小鮎が小さいのに関わらずしっかりと苦みがあって、むしろ成魚の鮎より苦いんじゃないかとまで思った。この後、もう一杯お燗をつけてもらって、御馳走様。次はもっと早い時間帯に行かないと。
by atsushisaito | 2015-06-05 12:50 | 飯@23区外 | Comments(0)

三笠食堂@新井薬師

c0016177_23173448.jpg

c0016177_23173948.jpg

c0016177_23174566.jpg

 ビールと小鉢でぐびり。それからマカロニサラダにミートオムレツ。軽い晩酌。
by atsushisaito | 2015-06-04 12:16 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

ブランカ@京都府京都市

c0016177_15494244.jpg

c0016177_15495632.jpg

c0016177_1550970.jpg

c0016177_15502125.jpg

 軽くバーで引っかけた後に、三条の方のお店に。ブランカ。小さなお店で6、7人くらいが座れるカウンターとテーブル一つ。お店の雰囲気もローカル感が溢れていて、観光客がふらっと入る店じゃない。ちなみに、同じ大学に通っていた地元の人に教えてもらった。
 ビールを注文、おつまみに生春巻き、鶏レバー焼きに水餃子。カウンターに座っている人たちの会話をBGMにゆっくりと飲む。お店の人や他の客との距離感、物理的な距離だけでなく気持ち的な距離感が近いお店なので、一人黙って座っていると、なんだか周りの人に雰囲気を壊してしまって申し訳なくなった。
 そのあたり、適度に空気を読んでくれたのかマスターが、こちらに話をふってくれるようになって、なんとか異物になることをことを回避することができたような、できてないような。レバーがとてもいい焼き加減で美味い。シナモンの香りが甘いタレと合わさって独特の味わいを醸し出している。ここで、胡麻豆腐を今日作ったので、どう?といわれ、もちろんいただいた。下ろしたてのワサビがいいアクセント。
 餃子も美味いが残念ながらパクチーはよけて食べた。いつかパクチーを食べられるようになるかと頑張ってきたが、やはり無理っぽい。バンコクなんかの避けて通るのが難しいときは諦め混じりに食べるけど。 しかし、この店の緩さ、こだわりの料理はなんかいい。沖縄の辺銀食堂出身ていうのも、納得。
by atsushisaito | 2015-06-03 12:41 | 飯@23区外 | Comments(0)

您好@幡ヶ谷

c0016177_14342875.jpg

c0016177_14344381.jpg

c0016177_1435129.jpg
 
 餃子で有名な幡ヶ谷の您好に。昔にみたdancyuの記事でいつか行きたいと思っていた。まずはネギシャーシューでビール。けっこう値段が高い。 お店の雰囲気はわりと良くて、店主もやさしくていい。まずは焼き餃子。注文が入ってから、皮を伸ばし始める。皮はそこそこにもっちり。ただ、皮を食わせる、というほどでもない。むしろアンの方に特徴があるかな。均等に肉と野菜を混ぜ合わせるというよりは、肉の塊を残した粗い混ぜ方。それで食べた時に肉の旨味が強く感じられる。 
 焼きビーフンもつまみつつ、水餃子も。目玉が飛び出るほど美味いのかと思っていたけど、それほどでもなかったという感想。皮の印象が意外と薄いのが原因かも。近所にあればよく行くというレベルかなあ。
by atsushisaito | 2015-06-02 12:32 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

河道屋支店 河久@京都府京都市

c0016177_1751257.jpg

 きざみうどん。京都のうどん、いや関西のうどんに腰などというものは求めてはいけない。かといって九州のうどんみたいに食べてるはしから水分を吸収して膨張していっているのではないかというほどでもなく、今の讃岐うどんを通過した後の我々の舌のは、もはや関西のうどんは麺を味わうものではなく、出汁を味わうものである。 
 と、割り切ることができればそれはそれで楽しめる。割り切れなければもはや、一口もその食事に楽しみを見いだせることはできないであろう。 という感じで、汁、美味しかった。刻んだ揚げからでる油分もいい具合に旨味を増幅させてくれ、黒七味もアクセントとして効いている。
by atsushisaito | 2015-06-01 12:49 | 飯@23区外 | Comments(0)