<   2015年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

BERG@新宿

c0016177_2255678.jpg

 新宿駅のオアシス、BERG。十数年前も混んではいたけど、今ほどではなくもう少しがっつり飲めたなあ、って十数年も東京に自分がいることが驚きだったり。 味は少しづつ変わっていってるのかもしれないけれど、最近ではビールを買うごとに並ぶのも(チケットを買えばショートカットできる)面倒だし、あまり行くことがなくなってしまったので、そんな自分には昔と変わらずのおいしさを保ち続けている名店。
 
by atsushisaito | 2015-02-14 12:05 | 飯@新宿区 | Comments(0)

皆川食肉店@福島県会津若松市

c0016177_2246662.jpg

c0016177_22461747.jpg

c0016177_22462671.jpg

 雪道を歩いて進むには辛そうだったので、タクシーにお店の名前を告げると、目的地と全く違う方に向かおうとするので、こっちじゃないですか?というと、ああ、そっちの方ねと進路変更。なんでも家族で何店舗か肉屋を営まれているので同じ名前がいくつかあるとか。 肉屋兼飲み屋の店はこちらだけだそう。
 皆川食肉店はその名の通り、肉屋さんのお店。店舗の裏を改造して作ったようなお店の造り、最初に道路に面していない奥の正式な店の入口から入ろうとすると、ほぼ満席。狭いお店なので人がいると奥の席への移動が困難。お店の方から入って、と言われ表通りの営業を終えてる肉屋の入口から席へ。
 コの字型のカウンターには各席に焼き台が埋め込まれている。 まずはビールをもらって落ち着いて店のメニューを眺める。焼き物に惹かれるのだが、最初は馬刺し。モモの部分で淡泊な味わい。臭みがないなんて陳腐な表現は使いたくないのだが、本当に淡泊で臭みがない。醤油でその味わいを堪能するのはいいのだけど、醤油についてくるにんにく辛子味噌が薬味としては強すぎて、なんかもったいない。
 せっかくなので焼き物も馬。目の前の鉄板でバラ肉を焼き、そこにたっぷりのキャベツ。これを焼肉のタレっぽいもので焼き上げる。量がたっぷりすぎて、次の焼き物を注文するのは断念した。 バラ肉の部位で、脂の味わいがいい感じに口に広がる。この部位はその脂のせいで生食はできないとか。
 最後に玉子焼き。これはおばあちゃんが作ってくれる。このばあちゃんがちょっと苦手だった。ツンデレ系なのかあまり余所者とは関わりたくない感じで不愛想なのが残念(地元の人には愛想がよかった)。 会津ではこのばあちゃん以外の人がとても親切な人ばかりだったので、余計になんだかなあ、、というテンションになってしまった。
 が、たまたまとそう感じてしまっただけなのかもしれないし、店の味や雰囲気はとても好きなので、次に会津に行ったときにはまた行きたい。ちなみに昼は担々麺専門店と二毛作なお店で、昼には行列ができることもあるらしい。 夜営業も満席で何人か断っていた。 
by atsushisaito | 2015-02-13 12:44 | 飯@23区外 | Comments(0)

そば吉@日本橋

c0016177_21553894.jpg

 お目当てだったお店がまさかのテレビ中継で食べられなかった。中途半端な時間だったので、他にすぐに代替案も見つからず途方にくれていると、そういえばこのあたりで鰹節の製造業者が営業する立ち食い蕎麦やがあったな、と検索。
 その店に歩いて向かっていて、そろそろこの角を曲がればというところで、ぷーんと鰹のいい香りが流れてきた。角を曲がったすぐそばにそのお店はあった。中に入って券売機で卵入りの食券を買ってカウンターへ。しばらくして、出来上がった蕎麦を受け取り、席へというか席はないけれど、自分の立ち位置へ。 さっそく汁を啜ってみると、かえしは東京の立ち食い蕎麦のわりには薄味。出汁の味の良さが十分に生かされている。 こんな立ち食い蕎麦屋さんが身近に欲しい。
by atsushisaito | 2015-02-12 12:55 | 飯@中央区 | Comments(0)

写真集飲み会のお知らせ

c0016177_16263453.jpg

 2月11日に新宿御苑前で写真集飲み会します。 場所がPlace Mに変更になりました。19時からスタートです。会場使用料に一人500円だけいただきます。 あとは適当に酒やジュースやらつまみなど、なにか持ってきていただけると助かります。

日時:2月11日(祝日) 19時から終電前に撤収
会場:Place M (新宿御苑前にあるギャラリーです)
会費:500円 (会場に貯金箱を置いておくのでいれてください)
酒&つまみは基本持ち寄りです。

なお会場では、写真集販売のポップアップストアが開店します。
現在の出店予定

flotsam books (脳内)
so books (代々木八幡)
roshin books (中野)
Place M books (新宿)
Libroarte (世田谷)
SHELF (外苑前)

 写真集飲み会とは、写真集が好きという名目のもとに集まって酒(ソフトドリンクでもOK)を飲む会です。特別なにかこうでないといけないという決まりはないです。まだ写真集は持ってないよ、という方でもお気軽にどうぞ。今回の販売ブースには、流通の過程で傷んでしまった本などを混ぜてもらうようにしています。お買い得なものが見つかるかも。 
 作品作りをしてる方はポートフォリオなどを持ってきて、会場にいる人に見てもらうというのはどうでしょうか。いろいろな人たちの意見(ためになる意見からどうでもいいものまで)に触れたりできるかも。
 なお写真は前回のものですが、いつもは椅子をだしてまったりしてる感じです。展示中の青山裕企さんの写真を眺めながらお酒を飲むのも、乙なものかと。
 とくに仕切りがあるわけでもなく、たんたんと始まりたんたんと終わります。参加するにあたって事前の申し込み等ありませんので、お酒を片手にふらっと遊びにきてください。

 なお、今回はアメリカのLittle Big Man booksから写真集を発売した滝口浩史氏の発売記念も若干兼ねています。写真集はflotsam booksのブースで購入することができます。300部限定です(題字はアラーキー)。会場には作家がいるので、サインもできます。ぜひお手にとってみてください。

 
 ブースに(団体、個人)関するご相談があればinfo(at)roshinbooks.comまでご連絡ください。

会場にいた人達、のべ70人超(スタッフも含む)という数時間の突発的なイベントだったのにも関わらず盛況でした。参加者の方々、ブースでの参加者の人達、皆様、本当にありがとうございます! 反省点は多いのですが、少しでも改善するべく努力していきますので、これからもよろしくお願いします!
by atsushisaito | 2015-02-11 16:25 | Comments(0)

時さえ忘れて@福島県会津若松

c0016177_14402548.jpg

 会津若松市の市役所近くの看板が出ていないバー。まだ開店して間もないお店。東北地方では珍しくBrewDogのPunk IPAが飲める。生樽の冷蔵保存のために冷蔵庫の壁に穴を開けてサーバーの口をつけるという拘りよう。大量に使用されたホップの香りがとてもいいビール。当然保存状態も。
 ウイスキーの品揃えはもちろん、日本酒も会津娘の各ラインナップが取り揃えられている。それもそのはず、店主は会津娘の蔵元 高橋庄作酒造で働いていた経験があるとのこと。会津で観光する際の情報収集に一杯、観光の終わりに一杯、いろいろなシチュエーションで楽しめる酒場だ。
 でも看板が出てないので、ちょっと入り辛いかも。そういう意味では隠れ家的なお店でもある。
by atsushisaito | 2015-02-11 12:39 | 飯@23区外 | Comments(0)

丸長@沼袋

c0016177_21213372.jpg

 あまり今後のことを想像したくないのだけど、今のところお昼だけの営業になってしまった沼袋丸長。いつもおじさんが調理していたのだけど、この日は店の人がおばさんになっていた。 つけそばを注文。いままでつけそばを注文するときには大盛りを注文することが多かったので気付かなかったのだけど、普通盛りでけっこうボリュームがある(胃袋が小さくなったのかなあ、、、)。 
 味はいつもの通りの昔ながらの薄いタレに、玉ねぎのアクセントがきいたタレ。最新鋭のつけ麺と比較すると全く太刀打ちできない旨さだけど、でもこの素朴な感じは全く嫌いではないし、なぜか無性にたまに食べたくなる。けれど、それもそのうちに叶わなくなる時がくるかもしれないので、もう少し頻繁に通おうかなあ。 
 スープ割ができるのかどうか、もう10年近く悩んでるところw
by atsushisaito | 2015-02-10 12:22 | 飯@沼袋 | Comments(2)

鳥益@会津若松

c0016177_1415165.jpg

c0016177_14152566.jpg

c0016177_14154924.jpg

 会津でもその知名度が全国区の籠太と鳥益。 籠太は元料亭というだけあって、デイリーに使える雰囲気ではなく少し敷居が高い感じ。それに反して鳥益は地元の人も多く来ている雰囲気があり、とても盛況だった。 お酒は花泉。いままで飲んだ福島のお酒の中では、かなり辛口すっきり。お通しをつまみつつメニューを眺める。
 残念ながらお腹が一杯だったので、泣く泣く会津の千枚漬けを注文。美味いが、せっかく来たのに他のものが食べられなくて残念だった。今年はまだ行く会津に行く機会があると思うので、是非次回は一店目から鳥益へ行こう。
by atsushisaito | 2015-02-09 12:14 | 飯@23区外 | Comments(0)

家宴@新井薬師

c0016177_21115441.jpg

c0016177_2112541.jpg

c0016177_21121764.jpg

 新井薬師の町の中華屋の新星、ってほどではないにしても、わりと流行っている。以前ここにあった三龍の朴訥とした雰囲気もよかったが、こちらはお店の人からして中国語が飛び交うチャイナな感じで、これはこれでいい。 
 夜に来たのは初めて。ホッピーを注文。白ホッピーがでてくると思って、グラスに注いだら黒かったので、一瞬変色してるのか、と思ってしまった。なぜか普通に注文したら黒ホッピー登場。おつまみにクラゲ。そしてお薦めのジャガイモと豚肉炒め。それに米粉が好きなので海鮮ビーフン。クラゲはまあ値段なり。でも量はたっぷり。ジャガイモ炒めは、具沢山な感じでもっとシンプルな炒めものを想像していたので、いい意味で裏切られた感じ。口にいれると、さすがの中華やの味わい。この油が乳化して旨味が具材と一体化する鍋振りは家庭ではできない味。 それは同じくビーフンにもいえる。
 近所で気軽に楽しめるので、割と気に入っているお店。
by atsushisaito | 2015-02-08 21:10 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

Tod Papageorge 「Studio 54」

c0016177_15143539.jpg

c0016177_15175142.jpg

c0016177_15181071.jpg

c0016177_15181727.jpg

c0016177_15182211.jpg

c0016177_15182980.jpg

c0016177_15183738.jpg

c0016177_15184375.jpg

c0016177_15185017.jpg

c0016177_15185876.jpg

c0016177_1519418.jpg

c0016177_15191290.jpg

c0016177_15192359.jpg

c0016177_15193383.jpg

c0016177_15194091.jpg

c0016177_15195077.jpg

published by STANLEY / BARKER, 2014, 2nd edition, edition of 1000,
by atsushisaito | 2015-02-07 15:22 | 写真集 | Comments(0)

食堂 なまえ@福島県喜多方市

c0016177_2141324.jpg

 喜多方あたりだと蕎麦も有名なのかなあ、と駅で聞いてみると、いろいろ定休日の日で、他の候補店も歩いていくには遠いかなあ、というところだった。なので、ラーメンに切り替えて駅から割と近くて有名なこちら、食堂 なまえに。
 小さいお店でテーブル4つ。会津や喜多方に来て思ったのは、お店の人は皆とても優しく丁寧。観光客然としてなげやりに扱われることなく、気持ちよく過ごせた。ここも、そう。 で、普通のラーメンを注文。少しそれが意外だったのか、太麺じゃなくて?と聞きなおされた。そのまま通常のラーメンをお願いしたのだが、名物としては極太の手打ち麺みたいで、他のどの客もそれを選択していた。
 ちょっと失敗したかなあ、と思いながら到着したラーメンを味わってみたが、これが一番想像通りの喜多方ラーメンな感じで、十分に美味しい。都会の濃厚さや派手さが伴った味わいとは対極なのだが、かといって控えめではない味わいで、そこに喜多方の麺の良さが美味さに拍車をかける感じ。あー、これが食べたくて喜多方まで来たのだなあ、という満足感でご馳走様。
by atsushisaito | 2015-02-07 12:41 | 飯@23区外 | Comments(0)