<   2009年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

綾瀬飯店@綾瀬

c0016177_2129822.jpg

 最近、写真展の話を書いてないけど、実はけっこう見てます、、、、。 一度、書いてる途中に誤って消してしまってから、気力がなくなってます。

 というわけでいつもの綾瀬飯店。 この日の定食はニラレバ。 正直そんなに期待はしてなかったのだけど、これが大当たり。 中華料理屋、しかも町のさえないお店で食べるニラレバで美味しい思いをしたことがなくて、むしろそのぼそぼそした食感と臭みが当たり前の話でそれ以上を期待するなら、もっとお金を出さないと思っていた。 そういう意味では福しんのレバニラ炒め定食の580円は妥当な数字で、これくらいの味でこの値段がいわゆる世間一般が普通だと思う価格であって、また、豚肉の代用であるかのようなそれほど美味くはないレバーという味も、値段とともに妥協できるラインの目安になると思っていた。
 だから、全幅の信頼をよせている綾瀬飯店であっても、そのレバニラというメニューが書かれている時点で、ある程度の妥協を伴っての注文だった。 しかし、でてきたレバニラのレバーは肉厚。 噛むとしっかりと歯に反発をする弾力を持ちながらも、ある点でぷつんと心地よい噛み応えの余韻を残し舌の上へ転がりこんでいく。 香りはレバーのもの。 だけども嫌な香りではない。 
 はっきりいって僕の牛のレバーに対する経験値は豚のそれよりも低い。 だけども機会があれば積極的に食べてきたつもりである。 その僕が断言するが、これはかなり上等の、それもホルモンに力を入れている焼き肉屋で食べられるレベルのレバーだ。 肉が美味くてもホルモンが不味い店はたくさんある。 内臓がどうしようもないのでタレでごまかす店も多い。 レバニラ炒めだって、プレーンな味付けではないけど、ごてごてのタレに比べるとずっとあっさりで質をごまかすには不十分だ。
 モツ好きの人にわかる表現だと、肉厚な豚のオッパイに近い歯応え。 本当においしかった。 だけど、これは日替わりの定食で、メニューを見直してみても、レバニラの文字はなかった。 週一くらいで通っていても同じメニューにぶつかることはほとんどない店なので、次にいつ食べられるかはわからないが、是非また食べたい。
by atsushisaito | 2009-11-06 21:28 | 飯@足立区 | Comments(0)

春夏秋冬@新井薬師

c0016177_19452753.jpg

c0016177_19442921.jpg

c0016177_19443758.jpg

 新井薬師に引っ越してきた頃には唐朝飯店というお店があった。 洋食の文吉の隣。 しばらくした後、満州王というお店になるもあまり時間をたたずに潰れて、ちょっと前にまた居抜きで復活してたなあと思いながらたまに前を通っていたのだが、またまたお店が改装され、今のラーメン屋となったことに気付いたのがつい最近のこと。
 店頭にはメニューの貼り紙がぺたぺたと貼られ、あまりそそられる感じではない。 まあでも一度くらいはいいか、と中を開けると前の店より小奇麗になっていた。 だけどなぜか椅子が鮮やかなピンク。ちょっと女の子っぽい感じが漂っていた。   
 むう、、、、やはりというか醤油も味噌もなんでもありな、中華料理屋さんからラーメン部門を抜粋した感じ。 値段はかなり安い。 ラーメンと炒飯のセットで600円(もう少ししたかな、、、)くらい。 女の店員さんから、今日から餃子半額なのでどうですか?と聞かれ、そんなに食べられるかなあ、と思いつつお願いした。 たぶん夫婦なのかな、二人でやってる。 「愛の貧乏脱出大作戦」のラーメン屋の志願者(つるはしで氷を割っていた人)な感じの男の人が調理する。 
 ラーメンは、やっぱり今時のラーメン屋と比べるとしんどい。 焼飯で店の底力を見せてもらいたかったのだが、これもぼんやりした味付け。セットだけど量はたっぷり一人前あった。 餃子は4つだけど大きい。そして肉汁がたっぷり溢れ出てくる。 
 僕個人としては、空いている静かな中華屋のカウンターで飲むのが好きなので、たまーに仕事の帰りに寄ってビールを飲むのはいいかなあと思うけど、、、、、。
by atsushisaito | 2009-11-05 20:08 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

綾瀬飯店@綾瀬

c0016177_19591672.jpg

 綾瀬飯店で飯。
by atsushisaito | 2009-11-04 19:59 | 飯@足立区 | Comments(0)

永楽@大手町

c0016177_2057216.jpg

 大手町の免許更新センターで、免許の更新のついでに立ち寄ったお店。 JA地下の食堂街。 すでに昼時のピークを過ぎた落ち着いた店内。 まずは入口で食券を購入した。 それほど腹が減っていたわけではないので、ラーメンの単品を注文。 食券というか、プラスティックの札を2枚渡された。 どうしていいのかわからないまま、席につくとそのうちの一枚を店員が持っていった。 そしてラーメンの登場とともにもう一枚を持っていく、というシステム。
 味は、まあ中華料理屋さんのラーメン、といった感じで特に感想はないのだけど、麺は美味しいなあ、と思った。 う~ん、それくらいだなあ。 だけど、その枠の中では美味しいほうかと。 
by atsushisaito | 2009-11-02 20:54 | 飯@千代田区 | Comments(0)

Kaeru@中野

c0016177_22303139.jpg

 最近、オープンした待望の二郎系のラーメン屋。 とはいっても、僕は二郎のことはよく知らなくて、食べたことがあるのは神保町と歌舞伎町だけ。 なんでも本家の系列とは別にいろいろあるらしく、ここもその亜流のぽっぽ屋で修業された方が開いたお店なのだとか。
 食べたのはつけ麺。 二郎といえば、呪文のような注文の仕方で一見にはつらい空間なのだけど、ここはラミネートしたトッピングの表を掲示されていて、初心者にもわかりやすい。 今回は、野菜と脂。 意外と器が小さいので、思ったほどの量ではない。 適度。 ごわごわした麺はさすが二郎、食べ応えがあっていいし、汁も脂が効いてこってり。
 僕などが二郎のなんたるかを語る資格はないのだけど、いい店だと思う。 中野という町は、ラーメン屋の数は多いものの、青葉があるおかげかラーメン激戦区などと語られることが多いが、意外とおいしいラーメンに巡り合えることが少ない。 もう少しすると、この店も行列しないと入れなくなるのだろう、と思う。 
 あまりにこってりした汁だったので、割ってくれとは言えなかったのだが(飲める自信がなかった)、割りもありなのだろうか、、、。
by atsushisaito | 2009-11-01 22:43 | 飯@中野 | Comments(2)