<   2009年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

スパイス@荻窪

c0016177_1935415.jpg

 荻窪には「トマト」、そして「スパイス」という超がつくほど有名なカレー専門店がある。トマトは欧風カレーで、どちらかというとあまり流行りのスタイルではないせいか、雑誌に登場する機会はスパイスに比べて少ない。 で、そのスパイス、dancyuなど食べ物雑誌には常連。 そこまで、押されるのなら絶対という言葉が裏切られることがないくらい美味いのであろう、と期待を胸に荻窪へ。
 扉をあけると、こ洒落た感じで雰囲気のいい店内。 事実、僕の後には女性の一人客が次から次へとやってきてカウンターに座っていった。 みんな野菜カレーだった。 僕は基本のチキンカレー。他の限定メニューも旨そうだったけど我慢。 辛さも変えられるのだが、初めてだ、ということと辛さの段階を追って課金されることになんだか抵抗があって基本の辛さに。 本当にたぶん、そうであって欲しいという願いもあるのだが、カイエンペッパーやブラックペッパー足すだけじゃないよね?
 で、肝心のカレー。 粘度なんてまったくない。サラサラとしたソース。 そのままソースだけ食べてみると、スパイスが幾重にも折り重なっていることが感じられる。 まだまだ最近ではあるものの、自分でスパイスからカレーを作ることを覚えたことのより、一つ一つのスパイスを嗅ぎ分けられさらにそのソースの深みに潜ることができたのではないか、と思う(大袈裟、、、)。 
 だけど、、、、驚くほど肩透かし。というか、勝手に膨らませた自分の中での想像とのギャップが激しかったのかもしれない。食べたカレーは本当にスパイスでライスを食べさせるといったもので、そのスパイスを支える骨格というものが存在しない。 簡単に書いてしまうと、コクというものがない。 以前、dancyuでレシピ(実際とは少し違うのだろうけど)が掲載されているのを読んだことがあるが、ベースのスープはチキンと野菜からとられていた。素人ながらそのレシピでは、もっとコクがでるような感じがした。 なんだろう、、、決して不味いわけじゃない。だけども感じる物足りなさは隠せない。 
 まだまだ経験値不足なのかなあ。 あ、意外とライスは多め。
by atsushisaito | 2009-06-23 20:11 | 飯@荻窪 | Comments(0)

桂花ラーメン@新宿

c0016177_15442554.jpg

 10年くらい前に食べたことあるのかなあ。渋谷で。残念ながらあまり記憶に残っていない。何度か食べたような。 というわけで久し振りに桂花。店内、旨そうな豚骨のにおいがしている。 これは期待できるんじゃないか、と思いつつ待った、、、、、。て、すぐに出てきた。 どれどれ、と汁を啜ると、ああこんな感じ、、、、記憶が蘇ってきた。 そう、臭いのわりに薄い。 どちらかというと売りはトッピングの肉なんだよなあ。ターロー食べてなんぼ、と。 そして僕のノーマルラーメンにはターローはのっていない。 いいよ、茎ワカメで。大丈夫。 また10年後に来るよ!ご馳走さま!てるやす!
by atsushisaito | 2009-06-23 15:53 | 飯@新宿区 | Comments(1)


by atsushisaito | 2009-06-21 13:53 | Comments(0)


by atsushisaito | 2009-06-21 13:31 | | Comments(0)

四文屋@新井薬師

c0016177_12583397.jpg

c0016177_12584188.jpg

c0016177_12584896.jpg

 帰り道に四文屋。 瓶ビールを注文すると、なんと一杯目をお姉さんが注いでくれた。突然のことにとまどってしまった。こういうときってどうしたらいいのだろう。 あ、すいません、とグラスに片手を添えてみたが、なんだかそれもおかしいような。 ワインみたいに注がれるままにしておけばいいのかなあ。 この日の煮込みは、なんだかいつもより薄かった。 玉子をトッピングした。 せこい話で申し訳ないのだが、当然ながら器には煮込みと玉子が入っている。だが、玉子の体積分、煮込みの量が減っているのではないか。 器サイズが変わらなければ、煮込みのみを注文した方が、たっぷりと煮込みを食べられる。 玉子は後から別で注文できるし。 、、、、、、かなりせこい話だ、、、。 だけど、そもそも器が小さいので実際玉子が中に入ると、容積のうちの大部分を玉子が占めてしまうことになるのですよ! そんなことを考えながらキンミヤをちびちび。
by atsushisaito | 2009-06-21 12:59 | 飯@新井薬師 | Comments(2)

綾瀬飯店@綾瀬

c0016177_22512332.jpg

 イカと青菜の炒め物。 まだ昼の日替わり定食がかぶったことない。素晴らしい。 外観がかなり入りにくい風貌だが、どうしてなかなか。 量では九州チャンポンにはかなわないが、味は最高(綾瀬周辺の中華では)。 この日の漬物は瓜(多分、、、、)とキャベツ。 おいしかった。
by atsushisaito | 2009-06-20 22:55 | 飯@足立区 | Comments(0)

ライカノ@北千住

c0016177_10434243.jpg

 ランチ。 イカのバジル炒めと春雨サラダにライスとデザートのセット。 すごい旨いわけでも不味いわけでもなく、普通。もっと辛いのかと身構えての食事だったが、大丈夫だった。 春雨がなんか温かかった。 
 来週からタイだけど、食事等、うまく注文できるか不安。まあ、「こんにちは」「ありがとう」「すみません」くらい言えたら、なんとかなるだろうと思うが。 せっかくだから字くらい読めたら、と思ってタイ語勉強しようとしたら、びっくりするくらい字が難しい。だけど文法はわりと簡単。読むのは諦めて、喋ることから始めた方がいいのかも。 よく考えたら、英語なんか中学生から凄い時間、勉強してるんだよなあ。もうちょっと喋れてもいいはずなのだが、、、、、。
by atsushisaito | 2009-06-20 10:56 | 飯@足立区 | Comments(0)

センセイの鞄

センセイの鞄 川上 弘美 (著)
c0016177_21461646.jpg

 孤独のグルメの画担当の谷口ジローが、アクションで新しく連載を始めた漫画が孤独のグルメの居酒屋版みたいだなあ、と思っていたら原作があって、それが有名な小説だということを後から知った。 そういえば孤独のグルメ新装版にこの小説の作家との座談が収録されていた。 それを見たときはなんでこの小説家となんだろう、と不思議にも思ったが小説を読んで納得。
 吉祥寺のある居酒屋が主な舞台。相当に酒が飲める作家なのだろう、居酒屋での描写がなんともいえなくて、いい。 酒場での人と人の間の空気感がうまく表現されている。 だけど実はこれ、恋愛小説で60過ぎの先生とそのもと教え子の30後半の女性が主人公。 いまいち身近にその年代の女性がいないので、その姿形振る舞いをうまく想像することができない。そして、その男性との年齢の隔たりもまったく遠い話。 例えば、それを僕自身に当てはめると、2,3年後に生まれてくる新生児と恋愛をすることになるのだ。 だけど、先に谷口ジローの連載を読んでいたので、それを思い浮かべながら読むと、なかなかしっくりきた。 
 これ映像でもいけるなあ、と思って、今調べたら映画化もされているんだ。 小泉今日子が主演。 あー、なんとなく、それはいい感じっぽい。 今度観てみよう。

 で、まあ関係のない話だけど、僕はよくbookoffの小説ハードカバーの100円コーナーを物色する。 単行本の100円コーナーに比べると、ハードカバーは場所をとって嫌われるのか、数年の落ちはあるものの意外といい作品がコンディション良く並んでいる。 で、この「センセイの鞄」もそこで購入したのだが、同時期に購入した舞城王太郎の「好き好き大好き超愛してる。」を最近読み始めた。 鞄にいれておくと表紙がぼろぼろになってしまうので、いつも取り外していれておくのだが、たまたま外し忘れた。 だいたい移動中の電車の中で読むのだが、車内で本を取りだすと表紙がピンクでけばけばしくなんだか恥ずかしい。 タイトルも知らない人から見ると明らかに変だ。 なので、家に帰ってから、表紙を取り外すと、こんどはきらきらと星が描かれていてやっぱり変。 R.D.レイン絡みの本を読んでいるのだ、ということにしておこう。
 
by atsushisaito | 2009-06-19 22:19 | | Comments(0)

福井県敦賀の立ち食い蕎麦

c0016177_12153617.jpg

 ちょっと所用があって、福井県まで。 敦賀には乗り換えで立ち寄っただけ。地方に行くと、どうしてもその地域の駅そばが食べたくなる。 最初はヨーロッパ軒でソースカツ丼を食べようと思ったのだが、探しているあいだに時間がなくなってしまった。 結局、来た道を戻って駅で蕎麦。さすがに汁の色が薄い。だけど、まだまだ味は濃いなあ。 ちょっと太めの蕎麦をずるずると啜った後、電車へ。

 
by atsushisaito | 2009-06-19 12:21 | 飯@23区外 | Comments(0)

三笠食堂@新井薬師

c0016177_13312117.jpg

c0016177_1330625.jpg

c0016177_13301395.jpg

c0016177_13302124.jpg

 三笠食堂で一杯。 ご飯セットと組み合わせることを前提としたおかずをつまみに。 どれも安価。ハンバーグですら400円に到達しない。 なおかつ旨い。
by atsushisaito | 2009-06-18 13:38 | 飯@新井薬師 | Comments(2)