<   2008年 10月 ( 42 )   > この月の画像一覧

天津飯店@銀座

c0016177_2321078.jpg

c0016177_23211187.jpg

c0016177_23212099.jpg

c0016177_23213344.jpg

c0016177_23214365.jpg

 くそ。今日(10月6日)、銀座のガーディアン・ガーデンのオープニングパーティーでただ酒をいただこうと行ったら、違う日だった、、、、。看板がしまわれた電通向いのリクルートのビルの路上でかなりの気落ち。がっかりだ。レセプションだから、別に開催日初日にやらなければいけない理由もないんだよなあ。惰性で銀座にくりだした自分に腹がたった。
 たったら腹も減るわけで、中華。猫臭いカレーのニューキャッスルの隣。天津飯店という適当なネーミングの店へ。外観、内装、場末の中華料理屋のようなんだけど意外と繁盛している。まずはビール。注文は玉子とトマトの炒め物、空心菜の炒め物そして豚ハツの炒め物なんだけど間違えられて出てきた豚耳の炒め物。 どれも旨いのだが、火を通しすぎ。 その後、マーボー春雨。これも春雨が残念。ぶっといのでゆで具合さえよければ、、、。辛くてうまかったが。
 酒は紹興酒のボトルに切り替え。2000円しないくらいで安価。グラスで4杯ぶんだから十分元がとれると、、、しかし氷が有料なことに少しの驚き。 なにかこの店ならではのホームランが欲しかったので店内を見回すと、魚肉の餃子がお薦めみたいな貼り紙発見。これだ!と注文するも、数十分後にオーダーが通ってないことが判明。 変わりに焼きそば。 そこそこできる中華料理屋ではおいしいメニューなのだが、はたしてそこそこに旨かった(この「はたして」の使い方たまに見るけど、やはり違和感がある)。
 お勧めしていただいたマリエさんには申し訳ないのだが、お勧めしてもらったメニューを食べてないことを帰宅後に気づいた。またまた、次回。 しかし、正直このレベルだったらもっと安い店あります(こんど行きましょう。)! モツを使ったメニューが多かったので、もっとそういうのを食べればよかったかなあ、今になって思う。
by atsushisaito | 2008-10-06 23:56 | 飯@銀座 | Comments(2)

白銀屋@西新宿

c0016177_2371797.jpg

c0016177_2373353.jpg

c0016177_2375494.jpg

c0016177_238814.jpg

c0016177_2382226.jpg

c0016177_2383571.jpg

 西新宿の白銀屋で魚三昧。 美味かった。が、普通のレベル。もっと美味くていいのではないか。いや、でもまあおいしかった。 酒の濃度が低かった。ガブガブ飲んだので値段高め。

バガボンド@西新宿
c0016177_23143818.jpg

 激安居酒屋やまとのすぐそば。ちょっと敷居の高いバーっぽいのだけど、気軽に入れる。食べ物もけっこうおいしい。だけど、もういっぱいいっぱいなので酒盗とクリームチーズのみの注文。ちびちびやってると大きい音量のBGM。なんだか大きい音だなあ、と目をやると生演奏のジャズ。内装もいい感じで使える店。   使えるって、失礼だなあ、、、いい店です。 
by atsushisaito | 2008-10-05 23:21 | 飯@新宿区 | Comments(2)

本手打うどん房 エン座@石神井公園

c0016177_2073333.jpg

 車のディーラーが石神井というかその先の東伏見なので、車検のついでに立ち寄った。11時すぎに行ったら、開店が11時30分だったのでしばらく車内でファイヤーエンブレム。 そして40分くらいに行くとすでに先客あり。 注文は焼き豚もり特盛り(ちょうど1000円)。のんびりと待つ。 しばらくすると出来上がり。 きれいに盛られたうどんが美しい。しかし、、、なんで手打ちのうどんって長いのだろう。苦手なんだなあ、長いうどん。麺をつけ汁に移動させる必要がある「もり」では、特にそう感じる。
 なんとか汁につけてズルズルといただく。しっかりと腰はあるのだけど、口あたりが柔らかすぎた。開店当初のうどんとはだいぶ違ってきてる。もっとガチガチに硬かったのだけど。 ちょっと水っぽいなあ、口あたりが。 汁はそのままでも飲めるくらいの薄さ。もりだともっと濃くてもいい。 焼き豚、旨かった。 それにしても辺鄙なところにあるのに、繁盛しているのはすごい。 
 代車にMINI CooperSを貸してくれた。モデルが僕のやつより新しいので、いろいろ戸惑う。Sいい感じ。欲しいけど、僕には買えないなあ。
by atsushisaito | 2008-10-04 20:23 | 飯@練馬区 | Comments(0)

進藤万里子作品展『bibo 1681-2127』

進藤万里子作品展『bibo 1681-2127』@ZEIT-FOTO SALON
c0016177_19501748.jpg

 大きいサイズの展示かなあ、と想像していたら小さいサイズだった。 大きさで威圧するのも面白かったが、じっくりプリントが見られる今回の展示もいい。 これ、どうやって撮っているのだろう。ぼんやりアウトフォーカスやぶれではっきりしないイメージに、もやっとしたノイズが覆いかぶさっている。2重露光なのかなあ。いやあ、わからなかった。  
 明確になにが写っているという作品ではないのだが、不思議と成立している。でもいま反芻してみると、やはり大きいプリントの方がよかったかなあ。丁寧なプリントで細部が見えるので、なにが写っているのかが気になってしまって、一歩引いて見ることができなかったような。漠然としたイメージには漠然としたサイズが似合う(いい意味で)。
by atsushisaito | 2008-10-04 20:03 | 写真展 | Comments(0)

The Presidents of the United States of America


 The Presidents of the United States of Americaって再結成してたんだ。知らなかった。今週のヤングジャンプのインタビューで知った。もっとアンテナ張らないとなあ。。  バグルスの原曲も好きだけど、このカバーも好き。

by atsushisaito | 2008-10-04 19:18 | 音楽 | Comments(0)

中里和人個展『夜・自然・もうひとつの東京』

中里和人個展『夜・自然・もうひとつの東京』@現代美術製作所
c0016177_2125587.jpg

 夜の町の路地というあまり興味がわかない作品だったのだけど、ギャラリーに興味があって東向島まで電車。う~ん、なんか落ち着く駅周辺。5分ほど歩いてギャラリーに到達。予想通り広々とした清澄なんかにあるような感じ。工場跡地なのかなあ。 その広さに見合う大きい写真で雰囲気としてはいい感じだった。これはもう完全に好き嫌いなのだろうけど、僕はいまいち作品に入り込めなかった。フロアが2つあって、小さい方に足を踏み出すとその間のイスで作家がまったりしていた。

 そういえば隣の曳舟で大西みつぐの展示もあったなあ、と徒歩で移動。やあ、このあたりいい雰囲気。好きだなあ、商店街。 喫茶店で行われている展示はなにか注文しなければいけないので、場所だけ確認した。 甘味には興味ない。食べ物もなさそうだったし。 幸いにも外から中の様子が窺えたのでちら見。大西みつぐが談笑していた。

John Sypal展[Gaijin Like Me]@新宿ニコンサロン
c0016177_21412280.jpg

 キャプション。やっぱり日本に滞在の白人の外国人はそれなりの特別扱いな感じをわかっているんだ。そして、それらが街で出会う時に見せる表情。それをテーマに自身も外人の作者が撮影した作品。 面白い括り。たしかに自身のテリトリーを侵害されることを恐れるかのような、しかめっつらの被写体。 だけど、それって例えばそれが日本人であっても、そういう表情を抽出することは簡単でしょう。 コンセプトも写真、ともに面白いのだが腑に落ちない部分もあってうまく消化できなかった。 

西岡 寛子展[愛のかたち ~大切なものが手の上にあるとすれば~]@新宿ニコンサロンbis
c0016177_21483963.jpg

 タイトル通り、いろんな人にそのイメージを手で表してもらったものを撮影した作品。ファインプリントなのだが、属性悪の僕には、こそばゆくてなんだか直視できなかった。

奥山 淳志展[明日をつくる人]@新宿ニコンサロン
c0016177_21531551.jpg

 先週の展示だけど。 いいポートレート。ドキュメンタリーっぽくないところがよかった。
by atsushisaito | 2008-10-03 21:35 | 写真展 | Comments(0)

大はし&天七@北千住

c0016177_2034566.jpg

c0016177_20341699.jpg

c0016177_20342887.jpg

 東京3大煮込みの一つに数えられる北千住の大はしへ。 店に入るとイスに座って待ってる客数人。僕もそこに並ぶ。意外にも広い。長細く広い。その店内をじいちゃんと息子くらいの店員が忙しく歩き回っている。順番に案内されて、いざ僕の番、、、なのだけどなぜかテーブルで相席。う~ん、4人掛けのテーブルじゃなくてカウンターに座りたかった。 じいさんが注文を取りにきたのでビールと煮込み!と初心者っぷりを精一杯隠しての一声。 待っていると同じく相席のおっさんのところにつまみが運ばれてきて、、、うおおい!うおおい!と威勢がよすぎて怖い感じの掛声とともに息子がだん!だん!とつまみを置いていく。正直、ビビった。すくみあがってしまった。 そして僕のところにはじいさんが煮込みを持ってきてくれた。普通で安心。  煮込みというとモツを想像するのだけど、普通に肉。牛のカシラだそう。スネっぽい噛み応え。 とろとろに煮込まれた豆腐がおいしい。薄味なので(いわゆる煮込みと比べて)ほいほい食べられる。 
 しかしここで誤算。相席のおっさんは常連らしく、一度に数種類のつまみを注文していた。その訳がわかった。カウンターではそれなりにじいさん又は息子を捕まえられるのだけど、テーブル席ではそれが容易ではない。特に僕みたいなアルコールが入るまで草食系のタイプ(アルコール後は動物系)では周囲を気にしてしまって、大胆に店員を呼びとめることができない。 早々に煮込みを食らった後、もじもじした時間を過ごすことになる。 
 相席のおっさんはカウンターの常連のよこが空いたため移動。その移動を手伝ってた息子に、僕もカウンターに行きたいんだが、と語ると「空いたら案内する、空いたら」と言い残して去っていった(結局移動できなかった)。 おっさんの跡地に老齢の夫婦。その人たちもキン宮のボトルをキープする程度には通っているみたいで、ダン!ダン!と氷やら梅シロップなどが運ばれてくる。 僕はといえば、注文するキッカケを見つけられないまま、落ち込んでいた。負けてしまったという敗北感。 向いの老夫婦のオムレツが眩しい。
 って、そこで終ってしまうのは不本意なので、もう手を上げてじいさんにアピール(息子はちょっと怖い)。 やったー、じいさん来てくれた! 焼酎梅割り、青柳刺しそしてアナゴの白焼きを注文。 アナゴは普通だったが、青柳美味かった。ここで相席のじいさんが話かけてくれる。しつこかったら嫌だなあ、と半分思っていたが、空気を読める人であまりいじることなくそっとしておいてくれた。 調子に乗った僕は息子を通りかかった瞬間に捕まえて注文。赤貝の肝をと注文するも「今日、肝ない!」と言われ、怯んだが負けずに、じゃあ煮込み!と返した。 やっぱ怖いや。 
 煮込みを食ってキンミヤ飲み干してお会計。 カウンターだったらなあ。意外と一人客が少なかった。

 そして駅そばの串揚げの天七へ。
c0016177_214984.jpg

c0016177_2142210.jpg

 立ち飲み。まずは生ビール。2本しばりなのが残念。しかも値段が高い。一番安い串で160円。新今宮周辺のおっさんが入ると失神するよ。 でもそこはルール イズ ルールなのでチーズとキスという水と油のような注文。 大阪で串カツというともったりした衣なのだけど、ここは普通の薄い衣。 食べ放題のキャベツを使いソースを皿へ、ちょいちょいと。こうすると2度付け禁止で調整が難しいソースをうまく使える。反則っぽいけど。 やはりチーズは一本でいいなあ。キスは普通。 そしてレモンサワーを注文すると同時にイカ。まあ旨いんだけど、やはり最低でも2人でこないと厳しい。 おやじ臭くていい店ではあるが。
by atsushisaito | 2008-10-03 21:14 | 飯@足立区 | Comments(0)

Elliott Smith


 残念ながら生前のElliott Smith知らないんだよなあ。
by atsushisaito | 2008-10-03 13:43 | 音楽 | Comments(0)

c0016177_15215077.jpg

c0016177_15215981.jpg

c0016177_1522557.jpg

c0016177_1522122.jpg

c0016177_15221847.jpg

c0016177_1522267.jpg

c0016177_15223232.jpg

by atsushisaito | 2008-10-02 15:22 | | Comments(4)

Radiohead


 一番好きなバンドってなにかなあ、って考えると大学生のころによく聞いていたバンドがすぐに思い浮かんでくる。でもってWeezerやRadioheadがぽんっと出てくる。中でもRadioheadの「Bends」が一番好きだった(いまでも好きだけど)。 やはりHigh & Dryいいなあ。でもこのPV、Limp Bizkitがパロってない?なんか同じ感じのやつあったような。







  Creepって僕が高校生のころの曲なんだなあ。当時は知らずに生活していた。でもまだカートが自殺する前でグランジ全盛だったころなので、しょうがないかあ。今みたいにネットで簡単に情報がある時代じゃなかったし。 カートの自殺も新聞の夕刊で知った。コバーンさん自殺っていうみだしで小さく下の方に。なぜか切り抜いてアルバムに貼ってる。

by atsushisaito | 2008-10-02 15:13 | 音楽 | Comments(4)