<   2007年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

村上仁一写真展「雲隠れ温泉行き」

村上仁一写真展「雲隠れ温泉行き」@ビジュアルアーツギャラリー
c0016177_22253770.jpg

 naguneで見て凄くいいと思ったが、やはりいい。 すっごい露光時間長そうで、もし自分がそれをやると、、、なんて想像すると寒気がする。写真集も2100円と安価なのがいい。まだ購入してないけど、近いうちに買う。

金村修「ダンテ ロブスター」@ void +

 ロール紙を使ったでかいプリント3枚。近づいたり離れたりして見てみたが、なにがいいのかさっぱりわからない。 これはいいと思う人がいるのだろうか。不思議だ。本人に素直につまらない、っていう人いないのかなあ。


松井 洋子「son et lumière #2」@Dazzle
c0016177_22471374.jpg

 DMの写真がいい感じだったので期待していってみたのだが、はずれだった。そもそもこの人が受賞した「写真の会賞」からして、なんで?という感じだったが、ここまでひどくはなかったと思う。撮って並べた、という感じ。まだまだ制作中のものだと思うので、この先どう変化するか見てみたいとは思う。

杉本博司「漏光」@ギャラリー小柳
c0016177_22561024.jpg

 シアターが4枚。当たり前の話だが、よかった。 壁が稼動式だったのか、奥が区切られていて、光がついたり消えたりする部屋が設けられていた。壁にはパネルみたいなのが規則的に並べられていて、そのパネルが光を蓄えるようになっていて、明かりが消えるとそれが仄かに光る。なんだろうなあ、と近づいてみると全部本。本の表紙にそういう塗料が塗られている。変なことするなあ、と受付に置いてあった説明を見ると、それは写真集(中身は森美術館での個展の際に出版されたもの)だそう。で、あなたの部屋でも光ります、みたいなことが書かれていた。一冊21万円だったので、買えなかったが、それでも何冊か売約済みだった。

井村 和人 「ドリーム・ランドスケープ」@PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo
c0016177_23133196.jpg

 個展するレベルじゃないなあ、と思った。作品もそうだが、プリントそのもののクオリティーも低い。伸ばす大きさって考えないのかなあ。

柴田敏雄 作品展"Work : Man "@ZEIT-FOTO SALON
c0016177_2319578.jpg

 「20年近く前、80年代も終わろうとしていた頃、ようやく作品作りが軌道に乗りかけてきた。丹沢に宮ヶ瀬ダム工事が始まっていた。撮影していると、ヘルメットをかぶった工事関係者らしい 中年のおじさんがにこにこしながらやってきた。
挨拶をして話をすると、対岸の法面を指差し、あれは私の作品だ、ちゃんと撮って残しておきたいといい、私の 8x10インチのカメラを見て、これなら良く写るだろう、と言ってくれた。名刺と5千円を渡されぜひ写真を送ってほしいと頼まれたので後日、バライタ紙にプリントをして送った。 現場監督のおじさんが彼らの作ったダムの法面を作品と呼び、私はそれを撮影し、自分の作品にした。
このことを時々思い出すのはなぜだろう。私の作品作りの原点だからだろう。」(ZEITのHPから)。 

 なんか素敵な話。工事のおじさんは、手元にあるプリントが数十万の値がついているなんて想像しないだろうなあ。 それはさておきカラーの柴田の作品って見たことあったかなあ。作品はよかった。

中 乃波木写真展「Noto」@Foil Gallery
c0016177_233371.jpg
 
 能登の写真。静かで優しい感じの作品。だが、好みではない。
by atsushisaito | 2007-12-08 23:33 | 写真展 | Comments(2)

駅前食堂@新井薬師

c0016177_1984734.jpg

 駅前食堂で汁なし黒胡麻坦々麺。好きな一品。 今日はなぜか唐揚げが2つのっている!サービスなのだろうか。その唐揚げがおいしかった。揚げたての唐揚げに不味いやつなどない、と思いながらもうれしいサプライズ。次回、唐揚げ定食を食べたいと思ってしまった。
 麺はいつもの感じで美味しいのだけど、気のせいか辛味がちょっと控えめだったかな。そして残念なことは、山の頂点に盛られた目玉焼きの黄味が固くなってしまっていたこと。柔らかい黄味をとろーり崩して、麺に絡めたかった。
by atsushisaito | 2007-12-06 19:13 | 飯@新井薬師 | Comments(3)

四文屋@新井薬師

c0016177_19571994.jpg

c0016177_19575093.jpg

c0016177_1958621.jpg

c0016177_2001943.jpg

c0016177_2004244.jpg

c0016177_20057100.jpg

 なんだか鳥肉が食べたくて、近所の四文屋。ずいぶんと久しぶり。 初めは基本のレバ刺し。歯応え良くまあまあおいしい。続いて煮込み。いつもながらこれも旨い。 ナンコツ刺しは、湯引きしてある。これも好きな一品。 そしてモモ肉をタレで二本。すっごい旨いってわけではないんだけど、今日はこういう普通の焼き鳥の焼きたてをたべたかった。 キンミヤをお替りして、ガツキムチ。100円は安い。そしてしっかり辛いので、酒がすすみ。最後はネギとアスパラ。ネギはちょっと見栄えがさみしい。アスパラはうまかった。

 こんないい店だったかなあ。

by atsushisaito | 2007-12-05 20:15 | 飯@新井薬師 | Comments(2)

ミルクホール@鎌倉

c0016177_21334491.jpg

 小町通を一本外れた通りにある雰囲気のある喫茶店。ハヤシライスを注文。ランチタイムなのでドリンクとデザートがついてくる。 甘み、酸味そして苦味が入り混じった濃厚なソースはおいしい、だがご飯が少なすぎる。大盛りにしたのだが、全然物足りない。ここに井の頭五郎(孤独のグルメ)がいれば、そのまま勢いカレーライスください!と叫びだすだろう。

 
by atsushisaito | 2007-12-04 21:37 | 飯@23区外 | Comments(1)

みそ一発@高円寺

c0016177_21523658.jpg

 タンメンを注文。もやしが400gのってるのだそう。スーパーで2,30円で売られているもやし二袋分かな。食べた感想としては、たしかにもやしが多かった。それよりもスープがどうにも単調というかおいしくない。最近のカップラーメンの方がうまい。だからといってまずいわけではないのだけど、なんとなく一食損をしたという気分だ。 店員はおやじばかりだったが意外と接客はよかった。

by atsushisaito | 2007-12-03 22:00 | 飯@高円寺 | Comments(4)

桃桜@中野

c0016177_2345239.jpg

 普通のつけめんは何度も食べているので、たまには、ということでカレーつけめん。普通のカレー、例えばボンカレーなんかとは一風違っていて、ラーメンの魚介スープの風味が感じられ面白く、そして美味しいのだけど、やはりカレーはカレー。しっかりした麺はその風味に負けずおいしい。だが最終的に、なにを食べにきたのだろう、という思いが残って少々欲求不満な結果。普通のつけめんの方が好きだなあ。

 
 土曜日の朝から夕方まで、ネットが不通になった。光ファイバーの入力を示すボタンが点灯していなかったので、猫がかじったか、犬が異常な圧力をかけたかで断線したのかと思い、線を端から端まで精査したり、いろいろ考えられる接続に関する不良に当たっても解決しなかったので、サポートセンターに電話しようも、書類に記載されているtepco光の電話番号は現在使われておりませんのアナウンス。104でカスタマーセンターの番号を聞くと、KDDIのセンターへ。東京電力が光の取り扱いそのものをkddiに移管したみたいで、そのあたりの事情がよく理解できず、自分が契約してるプロバイダーと今話してるkddiの違いがわからなく混乱。 いまでもよくわからないが、せめて電話番号変更の案内は継続して行ってもらわないと困る。
 結局、プロバイダーに電話してくれ、とのことなので携帯で有料のサポートへ(家電だと無料)。接続状況など説明し、折り返しテクニカルから電話する、ということで待っていてもかかってこない。忘れたころの夕方にoptが点灯。そしてネット開通。すぐに説明でもあるのかなあ、と思っていたが、電話はこなくて、それから3時間後に電話。中野で火災があったので、それで光ファイバーが断線したとのこと。たしかに謝罪の言葉はあったのだけど、僕としてはそれより、そういう断線状況、もしくは事故情報がセンターで把握されてないことに物凄く不満を覚えた。 読んでないけど、多分特約などでそういった不慮の事故の際の免責が書かれているとは思うので、そのことに関してはしょうがないと思うのだけど、状況そのものは利用者に知らされるべきではないのだろうかと思う。 こっちの不手際かとあたふたした自分の時間がもったいない。

 で、その火災、かなりの生活圏内だった。病院の目の前で延焼しなくて幸いといった感じ。
c0016177_0111019.jpg

c0016177_0113119.jpg

c0016177_0115119.jpg
c0016177_012681.jpg

by atsushisaito | 2007-12-03 00:15 | 飯@中野 | Comments(2)

最近買ったCD

c0016177_22435356.jpg

De De Mouse/tide of stars SPECIAL EDITION

 オリエンタルな雰囲気を残すメロディーにブレイクビーツ。ほどよい速さのBPMでいい。これをクラブのスピーカーで、腹にずんずんくる低音を受けながら聞くとさぞ気持ちいいことだろう。 エイフェックス・ツイン好きには、すっと入り込める音。  エレクトロニカというジャンルって、ここ最近、全然見てなかったけど、これで一気に中毒になりそう。

c0016177_23123018.jpg

高木正勝/Private/Public

 美しい。これを生で聞ける瞬間があるなんて、そしてそれを逃していることがくやしいぐらいに美しい。girlsの楽譜がCDに付属しているので、家のキーボードで練習してみようかな。

 
 熱が高まりそう。調べるとAmazonだと1500円以上送料無料で、しかも割引があったりで楽。そこそこ深いとこまでカバーしてるので、これからがっつり買ってしまおうか。 それにしてもクラブに行きたい。最後までいる元気があるのかはわからないが。
by atsushisaito | 2007-12-02 23:28 | 音楽 | Comments(0)

今日みた映画

c0016177_0301891.jpg

 「ブース」
 基本のシーンがラジオの収録スタジオの中という、狭い世界での話なのだけど、回想、邂逅シーンがテンポよく挿入されて、飽きることなく楽しめたホラー(なのか?)。なんで?という部分を残して終わってしまうのが残念。

c0016177_0341621.jpg

 「トニー滝谷」
 「バーバー吉野」みたいなのかと思って見始めたら全然違った。見ながら、どこでかわからないが、この話知ってるなあ、と思って最後まで見てから調べたら、高校生くらいの頃に読んだ村上春樹の短編が原作でびっくりした。
 単純で明快な映画を期待して見始めたので、少々、だるさを感じたのは確かだが、宮沢りえの美しさに救われた。 
by atsushisaito | 2007-12-02 00:38 | 映画 | Comments(0)

風邪

c0016177_02238.jpg

 ここしばらく風邪をひきっぱなし。

 PX-5500素晴らしい。EOS5Dで撮影したものを、ちょこっと手を加えて出力してみたのだが、35くらいのフィルムと同等。もしくはそれ以上か。やっぱり手焼きのプリントにはかなわないだろう、という思いは吹き飛んでしまった。まだモノクロは出していないのだが、評判を考えると、それもかなりのレベルなんだろうな。 嬉しいやら寂しいやらでとても複雑な気持ち。 
 問題はやはりモニター。高いけどナナオ購入した方が、いやするべきだと思う。
by atsushisaito | 2007-12-02 00:14 | Comments(0)