<   2006年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

丸長@沼袋

c0016177_227938.jpg

c0016177_2272620.jpg

 はっきりいって、たいして旨くないし、人によっては不味い部類に入る沼袋丸長。不味いとわかってながら何度も行ってしまうのは、昼休憩なしで営業しているから。 つけめん大(600円)。ここ何度か、ずいぶんやわい麺だったのだけど、今日は、いい感じ。その麺を味の素たっぷりの汁につけるのだけど、スープが薄っぺらいものだから、太い麺にからんでこない。でも、なぜか食べられる。食べ終わったあとには、また食べてしまったかと、すこし後悔してしまうのだけど、それを忘れたころに、また来てしまうんだな。
by atsushisaito | 2006-09-11 22:16 | 飯@沼袋 | Comments(0)

c0016177_2233730.jpg
c0016177_2234867.jpg
c0016177_2235769.jpg
c0016177_22452.jpg

by atsushisaito | 2006-09-11 22:04 | | Comments(0)

ビー玉@新井薬師

c0016177_16365650.jpg

c0016177_16372571.jpg

c0016177_1637379.jpg

 新井薬師に引っ越してきた時から気になっていた店。このなんとも気の抜けた外観に惹かれて入店。 店内は常連さんばかり。てきとうにビールを頼むも、次の注文をなかなか言い出せない。ちなみにマスターの動きもブリキのおもちゃばりに遅い。 そしてつきだしに、なんかこんにゃくが出てきたので、それをちびちび食べてると、横のおっさんにいろいろ聞かれる。焼き鳥はもうない、とのことなので、無難そうな茄子のなんかを注文。 店内の話題は、いかにここのサワーが濃いか、という話題で盛り上がっていたので、レモンサワーを注文。たしかに濃いが、飲める。サービスタイムにはこれが100円。 腹は減っていなかったので、その後、何杯かサワーを飲んでいたら、大吉(FCから抜けて名前は変わっている)に行こう、という話になった。帰るつもりだったが、奢るから、の一言で行くことに。
 そして、大吉でレバ刺しなどを食べた記憶はなんとなくあるが、だいたいの記憶を失って次の日の朝を迎えた。別にうまいものがでるわけではないが、雰囲気はある意味面白いので、また行ってみたい。
by atsushisaito | 2006-09-09 16:52 | 飯@新井薬師 | Comments(3)

ハービー・山口写真展『FLIGHT TO EUROPE』@ギャラリー冬青

c0016177_16411017.jpg

イギリスの田舎街の写真。残念ながら、心にひっかかるものはなかった。 ハービー・山口氏の写真によく言われる「やさしい」という言葉は、なんとなくわかる作品ではあるが、やさしいだけじゃなあ。 入場料1500円の氏のトークショーが定員に達して受付終了だそう。人気あるんだ。
by atsushisaito | 2006-09-08 16:47 | 写真展 | Comments(0)

沖縄そば まかい@中野

c0016177_043469.jpg
c0016177_044478.jpg

 ゴーヤーチャンプルセット(850円)。 前から気になっていたお店。平日限定のセット。一人でやっているので、そば以外のメニューが重なるとけっこう時間がかかる。カウンターを照らす白色電球が暑い。それほど冷房が効いているわけではないので、じりじりと熱を感じる。時間はあるので、のんびりと雑誌を読みながら待ってると登場。
 ご飯がいい感じ。どういう名前か忘れたが。単品で頼むと200円。そばは鰹が効いた旨みたっぷりのそば。沖縄そばといえば、新宿のやんばるで味気のないのを食べたことしかないので、これはおいしかった。チャンプルで使われている豚肉は、そばで使われているものと同じものなのかな。肉、ゴーヤーと豆腐のシンプルな炒め物(家で作る時は、ついいろいろなものをいれてしまって、野菜炒めみたいになってしまう)。鰹節はのってなかった(レシピ本には、載せるものだと。)。おいしい。他のメニューも食べてみたい。。。。。でも、界隈の値段を考えると、もう少し安い方がいいのではないかと。

今度はぜひそばを堪能したい。でも、大盛り150円増しだそう。

こちらでこの店を知りました。
なかのひと
by atsushisaito | 2006-09-08 00:33 | 飯@中野 | Comments(0)

c0016177_23563320.jpg
c0016177_23564288.jpg
c0016177_2356519.jpg
c0016177_2357313.jpg
c0016177_2357134.jpg
c0016177_23572170.jpg
c0016177_23572815.jpg
c0016177_23573589.jpg
c0016177_23574299.jpg
c0016177_23574927.jpg
c0016177_2358032.jpg
c0016177_2358859.jpg
c0016177_23581654.jpg
c0016177_23582331.jpg
c0016177_23582886.jpg
c0016177_23583782.jpg
c0016177_2358473.jpg

by atsushisaito | 2006-09-07 23:58 | | Comments(0)

カッパ@中野

c0016177_12435499.jpg

c0016177_1244758.jpg

c0016177_12442661.jpg

c0016177_12443642.jpg

c0016177_12444464.jpg

またまたカッパ。この日は店主の姿はなく、中国人の女性が二人、カウンター内に、男性が一人ホールにいた。テーブル2席が埋まっている以外は客はなし。 荻窪と同じく、遅い時間は店主が引っ込むシステムなのか。 テーブルの客が中国語を勉強している学生なのか、店員とカタコトの中国語で盛り上がっている。焼き台では、女性店員が、てきとうに自分の食べたい串を焼いて、パクついている。 うーん。荻窪の渋い雰囲気はなし。 まずはビール小瓶に、レバ刺し。前回はなかったオッパイを焼いてもらう。タレがおいしい。荻窪ではシオで食べるのがほとんど。レバ刺しすらシオが基本だから。初めて行く人は、塩をかけられただけのレバ刺しに驚く。 トロやナンコツなどを食べ、おしんこを注文。やっぱり味が薄いような。おしんこには最初から、醤油がかけられているのだけど、それでは少ししょっぱいため、荻窪ではおしんこを醤油抜きで頼む人が多い。醤油がかかっているのに、これでは少し物足りない。 中国人の店員さん、仕事が少し大雑把な感じだけど、焼酎を注ぐ時にはその大雑把さが功を奏して、コップの受け皿が溢れるほどいれてくれる。 椎茸の石突(?足のところ)の串が残ってたので、注文。いつもあれば頼んでしまう。 適当に串を食べて、焼酎3杯で、2500円ほどだった。
by atsushisaito | 2006-09-07 12:48 | 飯@中野 | Comments(0)

五香菜館@新井薬師

c0016177_1625426.jpg

c0016177_16255174.jpg

広東麺大盛り(1080円)。 お腹が空いていたので、がっつり食べようと大盛りにしたら、200円増しだった。高いなあ。かなりの大きさの器にたっぷりの汁と麺、そして野菜。腹の方は大変満足したのだが、財布は少し寂しくなった。 見てのとおりパッとしない外見なのだが、地元新井薬師では、なかなかの人気店。今時のラーメン屋のような味ではなく、基本は中華料理屋でよくあるタイプ。中華料理屋といっても、無意味に値段高めなアスターとかそういう店で出されているようなちょっと本格的な味。八角の香りが特徴的。 おいしいとは思うのだけど、値段を考えると特に感動もない。なんかおいしくて当然みたいな感じで。 でも雰囲気は好きなので、また他のメニューを食べてみたい。しかし、野菜炒めライス890円など、どこからこの強気な値段が出てくるのか不思議。閉店してしまったけど、高揚みたいな店が近所にあったからかなあ。
五香菜館

by atsushisaito | 2006-09-06 16:46 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

c0016177_1646944.jpg
c0016177_16461729.jpg
c0016177_16462455.jpg

by atsushisaito | 2006-09-05 16:46 | | Comments(2)

石松@中野

c0016177_16131878.jpg

移転前のもつ焼き春の時から、ずっと行きたかった店。 常連率が高く、敷居が高いなあと思っていたので、なかなか足を運べなかった。  たまたま店の前を通ると、けっこう空いてたので入ってみた。The La'sのリー・メイヴァース似の店主が一人でやっていた。いままでいろいろ石松に関して調べた情報によると、注文を受けてから、肉を切り、串にさすので、手間も時間もかかる、一人でやってるので、誰かが注文したのに便乗して注文すると、店主も仕事がしやすいし、はやく食べられる、らしい。 飲み物を聞かれたので、ビールを注文。さて、誰かが注文するのに便乗するか、と待つが、誰も注文しない。みなさん、マイボトルの金宮を飲みながら、店主を交えて話をしている。まいったなあ、としばらくぽーっとしていたら、つきだし登場。 で、焼き物をきかれたので、とりあえずおっぱいを注文。 それから、またしばらくぽーっと待ってた。その間、何人かお客さんが入ってきたけど、凄いことに、みんな金宮をキープしている。へーって感心してたらおっぱい登場。ちなみにこの日はレバ刺しがなかった。 おっぱいはうまかった。で、他の人がタンを注文したので、便乗。けっこう待った。しかしもうビールはない。 どうしようか迷ったが、この日は退散。 このゆっくりしたペースについていけなかった。 また次回、レバ刺しがある日を狙って、行ってみたい。
by atsushisaito | 2006-09-05 16:37 | 飯@中野 | Comments(0)