カテゴリ:飯@中野( 605 )

味七@中野

c0016177_22280214.jpg
 味七で醤油ラーメン。こちらは赤のれんと言われる中野駅から少し離れた方の店舗(駅至近は青のれん)。五香菜館の麺に強くサッポロを感じたので、では中野のサッポロのお店の醤油はどうかな、と食べてみた次第。結果、やはり同系統の麺。しかし意外にも味七の麺の方が細いという。
 味七のラーメンはやはり東京ナイズされすぎているのか、さほど油膜も貼らないし醤油の強度も弱め。味噌ラーメン屋で堪能する醤油ラーメンというカテゴリーでは物足りなさが先行する。そしてなんだかスープに麺の臭いが溶け込みすぎ。これはかなり気になった。これって作り方によるものなのだろうか。いままでそんなに気になったことはなかったのだが。体調とかそういう外部環境の問題なのだろうか。

by atsushisaito | 2018-07-09 12:25 | 飯@中野 | Comments(0)

大門@中野

c0016177_21062613.jpg
 ひやひや中。これに卵の天ぷら。冷たい出汁に冷たいうどんが大変美味しい。ただ、若干麺が柔らかすぎないかという感じも。固さが欲しいのではなく、しなやかさの強度。
by atsushisaito | 2018-07-07 12:59 | 飯@中野 | Comments(0)

野方ホープ@中野

c0016177_21062697.jpg
 人気があるのかあちこちに増殖中の野方ホープ。本店が近くにあるのにも関わらず中野駅の方にも出店してきていた。調べてみるとホープ軒とは全く関係ないとか。今でいうとラーメン二郎でいうラーメン大的なインスパイア系なのだろうか。吉祥寺のホープ軒以降の系譜をみるとほんと歴史を作っているなという感じで素晴らしい。
 ホープ軒系のラーメンでこれまで一番食べたのは下高井戸にあった木八かなあ。学生の頃にあのあたりでバイトしていてちょくちょく行ってた。その味と比べると野方ホープは同じ味の組み立てだけど、旨すぎるんだな。バージョンアップしたものだから当然かもだけど、粗野な感じがなくなり優等生で面白みがないという。それでも完成度がもたらす安定感は一般受けは良く、その結果いろいろと店舗を拡張できているのかと。
 味は背脂チャッチャッを踏襲してそこそこに濃厚な味わいのスープ。ジャガイモのマッシュポテトがのっていたのは新しい。途中まで食べた後にそれを混ぜ込むと、濃厚さを下支えする働きとなり、旨さが増す。食べ終える直前に杏仁豆腐をサービスしてくれたりで、いい感じではある。まあ中野でわざわざ食べる必要があるかというと、いささか疑問ではあるのだが。。。

by atsushisaito | 2018-07-06 12:26 | 飯@中野 | Comments(0)

はし本@中野

c0016177_16480479.jpg
 いつもながら美味いラーメン。これまでとの違いは玉子が割られないで盛り付けされていること。はし本の味玉は今まで二つに切って盛り付けされていた。わりと黄身が柔らかめな仕上がりの味玉で、切ると黄身がスープに流れ出しそうになりがちだったから、その為に切らないようにしたのかな?と思ったり。
by atsushisaito | 2018-07-02 12:47 | 飯@中野 | Comments(0)

松屋@中野

c0016177_21555660.jpg
 和風タルタルチキン定食。松屋謹製のタルタルソースがなんだか期待したものと違った。無化調のせいか全体的に薄味。特に味噌汁。

by atsushisaito | 2018-06-26 12:09 | 飯@中野 | Comments(0)

幸運豚人 Tsui-teru! Porkman@中野

c0016177_21555617.jpg
 牛の熟成肉で有名なツイテルの豚肉専門のお店。まずはビール、4人だったので適当に色々と注文。写真は野菜串。どれも価格と量のバランスがちょうどいい感じ。何料理っていうわけではない創作系の料理で低温調理の肉も味わえる。お酒が安くて2000円くらいからワインをボトルで注文できて財布にも優しい。
 ちょっと洒落たというか明るい雰囲気なので、一人飲みには使えないかなあと思っていたのだけど、そんなことはなくて一人で飲みに来てる人も何人かいた。ランチも美味しいし夜も飲めるし、いいお店。

by atsushisaito | 2018-06-22 12:39 | 飯@中野 | Comments(0)

西安刀削麺 永祥@中野

c0016177_21555778.jpg
 小籠包のお店だったと思ってたけど、いつの間にか刀削麺のお店になってた。とはいっても中の人は同じのような雰囲気。もともと同じ屋号の永祥という池袋の小籠包のお店の支店だったみたいだけど、あまり売り上げがよくなかったのか刀削麺を前面に展開し直したといった感じ。
 暑かったので注文は冷麺。たしか黒椒冷麺と書かれてあったような。950円とかなりお高い。上段に盛られたパクチーは丁寧に端によけた、、、。最近特に苦手な気持ちが強くなってきてる。刀削麺ってもっとピロピロの薄いものだと思っていたら、けっこうお団子っぽい口あたりでなかなかいける。黒椒ってようするに黒胡椒のことだとが、それほど主張してこない。全体的にそのお団子の圧が強くてタレが浮いちゃってるので途中で飽きが。
 これ、汁ありだと多分だいぶ印象が変わってくると思う。麺の食感ももっと楽しめそう。冷たいのだと食べてる途中でこんなにいらないやって気分になる。不味いとかじゃなくて、こればっかり食べるもんでもないかなあって。なので次回は汁ありで。
 小籠包がメニューからなくなってしまったが、他に一品メニューもあり飲みで使うのも大丈夫そう。小籠包があるときに行けばよかったと少し後悔、、、。
 
 
 

by atsushisaito | 2018-06-16 12:55 | 飯@中野 | Comments(0)

おかやん@中野

c0016177_23135524.jpg
c0016177_23135693.jpg
c0016177_23135654.jpg
 なんとなく京都の蒼空は瓶のデザインからして夏酒っぽいので、蒼空。そして初夏といえばとり貝。生でもいけるがこの新鮮なものを茹でたものの甘みも素晴らしい。とり貝は本当に美味しい。いつかは丹後あたりまで出向いて、本場の味を食べてみたい。

by atsushisaito | 2018-06-12 12:58 | 飯@中野 | Comments(0)

幸運豚人 Tsui-teru! Porkman@中野

c0016177_20393242.jpg
 熟成肉のお店で中野で大人気のツイテル系列の豚肉専門のお店。低温調理の創作料理だとか。ランチでトンテキの定食。トンテキってたまに耳にはするけれど、どういう料理かわからぬままに注文したけれど豚肉のステーキのことなのね。エアーズロックみたいなどでかい豚肉の塊が登場して、その意味を知った。
 写真では伝わらないが、本当に大きくてびっくりした。そして柔らかい。低温調理所以だからなのか、スッとナイフが通る。ただし、その大きさのためにソースが足りない感じもあった。
 夜にぜひ飲みに行きたいのだが、一人飲みでふらっとという感じではなく、まだその機会には巡り合っていない。ランチメニューは他にも美味しそうなので、とりあえずランチを中心に攻めていきたいところ。

by atsushisaito | 2018-06-08 12:22 | 飯@中野 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_15003264.jpg
c0016177_15003845.jpg

by atsushisaito | 2018-05-28 12:00 | 飯@中野 | Comments(0)