カテゴリ:飯@中野( 595 )

風龍@中野

c0016177_11072853.jpg
 博多天神のラーメンが食べたくなったので近くの風龍で代用してみたが、やはり違うんだなあ。スープが脂濃すぎて麺に弾力がありすぎ。ラーメンとしては風龍の方が上なのかもしれないけどなあ。博多天神のラーメンは店の張り紙によると、ブラックコーヒーのようなもので色々と客が加えることで味が完成するとのことだが、風龍のラーメンは最初からブラックコーヒーじゃなくてクリープが入っている感じ。まあ、これは好みか。後発のジェネリック医薬品も元の薬と全く同じってわけじゃないし。
by atsushisaito | 2018-05-22 12:53 | 飯@中野 | Comments(0)

大門@中野

c0016177_20473857.jpg
 ブロードウェイの地下の讃岐うどんのお店。この日はひやひやで。しなやかな腰のうどんをさっぱりと澄んだ出汁でいただいた。何度もここで食べてるけど、ブロードウェイの名物の一つに仲間入りしそう。
by atsushisaito | 2018-05-15 12:30 | 飯@中野 | Comments(0)

はし本@中野

c0016177_22414121.jpg
 ラーメンに玉子のトッピング。店主がワンオペなので、基本的にラーメンと簡単なご飯もので構成されたメニュー、そして大盛りにはできない。店と客、双方にとって効率がいい。ほどほどな濃さのスープが僕にはちょうどよくて、これよりこってりしてきてしまうと、食べ疲れてしまう。もう少しあっさりな感じだと菜華のラーメンもいい。年をとると好きなラーメンも変わってくるなあ。今はなき「平凡」のラーメンをこの年で食べてみたかったな、と。

 「平凡」という屋号で昔、中野にあったラーメン屋さんがあって、もう僕の中では微かな味の記憶しかないのだけど、例えるならば有楽町にある「ひょっとこ」みたいな感じの味だったかなあ。当時はそんなに美味しいものだと認識してなくて、そしてそんなに「ひょっとこ」のラーメンほど美味いものではなかったと思う。ただ、素朴で平凡なラーメンに柚子を効かせていたような、そんな記憶。
 10年前くらいにその平凡を大成食品と惣菜のわしやが今の上海麺館の場所で平凡という名のラーメン屋を開店。ブログとは便利なもので、そんな昔のことが書き残っていた。
 で、さらに検索してみると11年前のありし日の平凡の写真が!たぶん、今の自分が食べてみると美味い!!ってなりそう。

by atsushisaito | 2018-04-29 12:40 | 飯@中野 | Comments(0)

やまよし@中野

c0016177_22271911.jpg
c0016177_22271994.jpg
 神居古潭の跡、というと中野で飲み食いしてた人ならすぐにわかる場所に昨年にオープンした餃子屋さん。行ったことがないのだけど肉山という有名店プロデュースだとか。ブロードウェイの地下をふらふらしている時になんとなくお腹が空いてしまったというか、ちょっと一杯したいなと思いそういえばここがあったかと中へ。16時からオープンしているのはありがたい。
 ちょっと一杯なので、蒸し鶏とメンマ、それに肉餃子に生ビールを。餃子ができるまでの間のメンマがちょうどいいおつまみ。お通しがないので注文して正解。餃子は肉、野菜、しそにラムパクチーの4種類。肉餃子を口にするとゴロゴロとした粗挽きの肉がたっぷり、というかほぼ肉。アクセントに筍か蓮根みたいな根菜が少し。こういう餡の餃子は初めて。ビールがすすんでしまったので、もう一杯追加。他の餃子もぜひ食べたいのでまた行かないと。

by atsushisaito | 2018-04-26 12:39 | 飯@中野 | Comments(0)

元祖寿司@中野

c0016177_22271872.jpg
 
 ちょっと小腹が空いた時に重宝するのが回転寿司。中野にはこことすぐ近くに海鮮三崎港があるのだが、こっちの方がローカル感があって好きだ。が、レーンに流れているお皿を取りたい派としては昨今の何が何でも廻ってるのは取らない派勢力に押されてしまい、レーンを回り続ける無残な寿司の中からまだ大丈夫そうなのを選ぶのだが、やはりそれには限界を感じている。ここは割と廻っている方ではあるのだが、時間帯が悪いとやはり難しいものがある。かといってタッチパネルの三崎港に入るのもなんだか味気ないしなあ。というわけで、数皿をパクパクっと食べてごちそうさま。

by atsushisaito | 2018-04-23 12:44 | 飯@中野 | Comments(0)

華吉@中野坂上

c0016177_21145896.jpg
c0016177_21145866.jpg
 椎茸そばで有名なお店。中野坂上駅直結なお店なのだが、ローカル感たっぷりの街中華。前回、その名物な椎茸そばを食べたのだが、ここで一杯やりたいなあという思いが募り、今回は夜。ビールに椎茸と豚肉の炒め、そして青菜炒め。一皿が多すぎて失敗した。。。。椎茸と豚肉炒めの椎茸のたっぷりさが凄かった。肉厚な椎茸がこれでもかと盛られてくる。一人でやっつけるには流石にしんどかった。紹興酒を追加。こちらはボトルで注文するのがお得だなあ、と思いつつシングルで。青菜炒めもたっぷり。ニンニクが効いていて美味しい。
 この2皿でお腹一杯になってしまったのが残念。次回からは数人で食べようと思った。もしくは一皿だけでいいなあ。ここの椎茸を使った料理はマスト。

by atsushisaito | 2018-04-16 12:53 | 飯@中野 | Comments(2)

伊藤松吉商店@中野

c0016177_20310609.jpg
 以前、青雲というラーメン屋が入っていた場所。青雲はもっと中野駅よりの方に移転したので、その後にきた立ち食い蕎麦。高円寺などにもお店があり、中野にある飲食のコンサル会社が展開するFCみたい。新井薬師の方にも松吉っていう居酒屋できてた。中野駅は富士そば、梅もとなどの定番のお店に加えて駅前のかさいという有名店があるので、なかなか難しい業態ではあるかと思うが、逆に激戦区を避けた早稲田通りを渡った駅から離れている場所というのが強みになるのかもしれない。 
 月見そば。一見、具は卵とワカメだけかと思うところだが、ここはネギが入れ放題。入れ放題っていってもそんなにたくさん入れて食べる物でもないのだが、何か一つ解放された感があり、悪くない。汁は若干甘みが重たいと感じた。そのせいで出汁が薄いなと最初に思ったのだが食べ進めていくうちに気にならなくなり、最終的には美味しくいただけた。食べログの投稿で麺がむらめんという製麺所のものだそう。茹でのむらめんの麺はたぶん初めてなのだが、生麺のそれと比べると特にインパクトはなく普通だった。いや、麺がやや太いのでその分、柔さが強調されてしまっているかなあという印象。駅から離れている立地なので、ここは生麺で勝負の方がいいかもしれない。もしくは生麺とゆで麺の二本立てとか。

by atsushisaito | 2018-04-14 12:33 | 飯@中野 | Comments(0)

中野

c0016177_20262291.jpg
c0016177_20262239.jpg
c0016177_20262361.jpg
c0016177_20262355.jpg
c0016177_20262397.jpg
c0016177_20262457.jpg
 まずはおかやん。最初にビール。注文は子持ちシャコにとり貝。春だなあ。シャコにはあまり卵なかったけど。お酒はみむろ杉、そして昇竜蓬莱。最後にマグロの皮の煮こごり。
c0016177_20262469.jpg
c0016177_20262497.jpg
 久しぶりに海賊船で一杯。
c0016177_20262460.jpg
c0016177_20262479.jpg
c0016177_20310556.jpg
c0016177_20310552.jpg
c0016177_20310677.jpg
 
 最後に石松でフィニッシュ。ホワイトボードが設置されていた。随分と久しぶりだった。最後のシビレは食べた記憶がないなあ、、、、。そういえば煮込みも食べた。中野で初めて中野で完結する飲みは随分と久しぶりで嬉しくなって飲みすぎた。

by atsushisaito | 2018-04-13 12:25 | 飯@中野 | Comments(0)

はし本@中野

c0016177_18164035.jpg
 安定の旨さ。この日は辛味を入れなかった。代わりに卓上の柚子胡椒を。大勝軒出身ということなので、いつかはつけ麺をやるのかなあと思ってはいたが、それはないとのこと。
by atsushisaito | 2018-04-10 12:24 | 飯@中野 | Comments(0)

らーめん大@中野

c0016177_22324500.jpg
 買い物の途中になぜかこってりなスープを少しだけ飲みたいと思い、大でつけ麺。以前も食べて思ったが、なぜつけ麺で麺の量を増やさないのかな、と。ガシガシと麺を食べる喜びを享受するのがつけ麺の醍醐味なのでは、と。もやしがいくらあってもその欲求は変わらない。あと、大の麺はつけ麺だともう少し柔い方が美味しいかもなあ、と。そんなこと思った矢先に、らーめん野菜ましましの猛者が来店して、お前そんなにもやし食べてどうするんだ、っていう盛りを目撃してしまって世界は広いな、と思ったしだい。
by atsushisaito | 2018-04-08 12:05 | 飯@中野 | Comments(0)