カテゴリ:飯@中野( 650 )

はし本@中野

c0016177_16172685.jpg
ここのところ割と魚介系にシフトチェンジしてる感じ。たまたまのブレかもだけど。

by atsushisaito | 2019-02-19 12:24 | 飯@中野 | Comments(0)

五丁目ハウス@中野

c0016177_22584756.jpg
煮干しのお店だったのだけど、色々とあり家系のお店に。トッピングはのりで麺固めであとは普通で。武道家と違ってライト。っていうと全く変な話で、家系というには武道家は濃すぎるし豚全開だしそもそもあれが家系か?っていう話なので、これが普通。ただし、かなり塩っぱいのが気になった。もっとパンチを!という狙いなのかもしれないが、家系本来の豚と鳥のせめぎあい的な旨味の相乗効果でもはや十二分に美味しいわけで、これ以上のものは、例えばこれは僕の話なのだけどそれはいらないかなあ、と。
by atsushisaito | 2019-02-16 12:41 | 飯@中野 | Comments(0)

やよい軒

c0016177_22584770.jpg
やよい軒で朝ごはんを食べるのは二度目。今回は銀鮭定食。最近、吉野家のあのぬるっとした感じのボイル仕立てです!的な鮭が苦手になってきたので、このやよい軒の鮭はちゃんと焼いてあってよかった。小振りではあったが他に生卵に納豆があるので全く問題ない。ましてやセルフでのご飯おかわりが自由。とはいっても2杯くらいで限界なのだが、卓上に無料のお漬物もあったりでなんか至れり尽くせりで、いい感じだった。

by atsushisaito | 2019-02-14 12:22 | 飯@中野 | Comments(0)

菜華@中野

c0016177_22584643.jpg
初めての菜華での味噌ラーメン。さらっとしたスープで魚介の風味がたっぷり効いていて美味しい。こてこての重い味噌スープじゃないところが良い。ただし麺がどうしても弱すぎる。せっかくの美味しいスープでも麺の弱さが途端にチープ感を演出してしまって、食べ終えた後にとても残念な気持ちになってしまった。
by atsushisaito | 2019-02-06 12:48 | 飯@中野 | Comments(0)

中野の夜

c0016177_20501046.jpg
c0016177_20501161.jpg
c0016177_20501121.jpg
泡グループの日本酒のお店、金魚。中野北口から最も近い立ち飲みのお店。日本酒を軽くいただき、少量の美味しいおつまみで、夜のスターターとして最適。
c0016177_20501104.jpg
c0016177_20501257.jpg
c0016177_20501277.jpg
c0016177_20501301.jpg
とりへいで肉。いつも準備中の看板のお店。マスターが個性的で楽しい。言われたものを飲み食いするのがこの店の楽しみ方(だと思う)。
c0016177_20505741.jpg
c0016177_20505730.jpg
c0016177_20505774.jpg
最後に海賊船で〆。


by atsushisaito | 2019-02-04 12:08 | 飯@中野 | Comments(0)

菜華@中野

c0016177_12283470.jpg
しょうゆラーメン。美味し。
by atsushisaito | 2019-01-31 12:56 | 飯@中野 | Comments(0)

立ち寿司横丁@中野

c0016177_20492375.jpg
c0016177_20492387.jpg
サンモールの立ち食いでさくっと寿司。ここは立ち食い寿司なのに店内がゆったりしているので圧迫感もなく、一人でも入りやすい。シャリの握り具合もとてもよく、立ち食いが気にならなければ、回転寿司より満足度は高い。程よい大きさの握りなので、とにかくたくさん食べたい、という人には向いていないが。
by atsushisaito | 2019-01-30 12:12 | 飯@中野 | Comments(0)

鬼熊@中野

c0016177_12283227.jpg
中野のレンガ坂にあったラーメン屋が業態変更ということで、神田にある鬼金棒というところが特許商標をとってるカラシビを前面に打ち出してきた展開に。屋号も似ているのでその辺り大丈夫なのかな、と。。。。

注文はカラシビ味噌ラーメン。辛さなどは普通に。雑い盛り付けで登場したのは別にいいのだが、麺上がりますと掛け声があった後に、ザクザクと野菜を切っている音が聞こえてから、しばらくの間(5分くらい)供されなかったのが気になったのだけど、やはりというか麺は柔い感じだった。ほどほどなラー油的な辛さに麻的な痺れは悪くなく、味噌って感じもしない程度のしゃばいスープとの組み合わせは、これはこれでありかと思った。神田の方は食べたことないからわからないが、こういうB級的なのが許される地帯だと思う。

ただしいろんな意味で雑な店なので、それは各人で体験してみないことには理解できないかと。店員さんは丁寧でした。

by atsushisaito | 2019-01-29 12:23 | 飯@中野 | Comments(0)

ブリック@中野

c0016177_20045002.jpg
もはや中野の名店というより日本に残るトリスバーの代表格とも言えるブリック。お店の雰囲気は外観からして時間の重みを感じさせてくれ、また内装もオーセンティック。重厚な重みがないのが逆にトリスバーとしての良さをさらに生かしている。やはりこの店のきて飲むのはトリスハイ。一杯200円。軽い口あたりで何杯でも飲める(だからお会計はいつもそこそこに)。2階の席には大人数でも対応できる席もあり、使い勝手もいい。意外と料理も充実していて、一軒目からこちらでも問題ない。いつまでも続いて欲しい。
by atsushisaito | 2019-01-25 12:55 | 飯@中野 | Comments(0)

環七ラーメン SEABURAジョニー@中野

c0016177_20044979.jpg
南口の花月の跡地にできたラーメン屋。かなり南口を南下しないといけないので、移転してきてから随分と日が経ってからの訪問。とにかく床が脂で滑りまくるのは要注意。味玉入りのラーメンを注文。どんなデザイナーに依頼しているのだろうか、気合い入りまくりのフォントが入り乱れるメニューに何だか脱力させられてしまう。今の時代は寿司屋みたいなミニマルなデザインが受けると思うけどなあ。

出てきたラーメン、汁を一口啜るとかなり醤油が強い。背脂の量は普通に。全然環七系の背脂ラーメンじゃない。これってもはやどちらかというと二郎じゃないかな。ライトな二郎。そう考えてあらためて麺を啜ると、それなりに美味しい。もちろん私には濃すぎるわけだが若い人には受けそう。

by atsushisaito | 2019-01-19 12:41 | 飯@中野 | Comments(0)