カテゴリ:飯@江東区( 30 )

武道家 賢斗@東陽町

c0016177_11072830.jpg
 これを家系としてしまっていいのだろうかといささか疑問ではあるくらいに、豚が極端に濃厚な家系。こちらは開店してから半年後くらいに一度行ったことがあるのだが、その時と比べるとマイルドな感じではあった。とはいえ、もはやラーメンのスープがご飯のおかずくらいに濃厚なのは変わらず、若い人が食べるラーメンだなあ、という印象。味の濃さや麺の硬さは指定しなかったが、通常で柔らかめな麺だったので固めで注文した方がちょうどいいかも。

by atsushisaito | 2018-05-20 12:04 | 飯@江東区 | Comments(0)

黒潮@東陽町

c0016177_20473788.jpg
 居酒屋のランチ。この辺りはリーマンが多いのでランチも趣向が凝らされていて、この店では魚と肉の二本軸でランチのメニューを展開している。そしてどちらも選べない人のために肉と魚の両方とも盛られる選択肢が用意されていて、選べない私はそれを選択した。
 この日はホッケの焼き物にトンカツ、それにマグロの中落ち。正直なところ、まあまあというお味で特別に美味い!っていうわけではないのだがランチでは次第点に達しているかと。そして味噌汁にはたっぷりの魚のアラ。アラというより昨日の残りの刺身もぶち込んでいるのか、というくらいに魚たっぷりでこれは美味しかった。

by atsushisaito | 2018-05-11 12:55 | 飯@江東区 | Comments(0)

トナリ@東陽町

c0016177_21145969.jpg
 高田馬場にあった時に一度行ったことがあるトナリ。その時はタンメンなのに随分とコッテリなスープなんだなあと思ったけれど、今回は全然そんな感じではなくて普通にタンメン。麺が太めで強い印象、野菜がたっぷり、総じて悪くはないのだけど馬場での印象を受けての食事なので、印象に残らない一食だった。辛いやつや焼きそばなんかの方が美味しいのかも。
by atsushisaito | 2018-04-19 12:11 | 飯@江東区 | Comments(0)

らぁ麺やまぐち 辣式@東陽町

c0016177_20560145.jpg
 何度も食べたことがあり、そしてやまぐちでこれを食べる必然もないんじゃないかと毎回思いつつの再訪。dancyuで汁なし担々麺の記事をみて辛いものが食べたくなったから。券売機を前にして麻婆まぜそばだったことを思い出した、、、。スープのメニューが増えていたのでそれをつけるのもいいかなあ、と思ったものの麻婆まぜそば単品。
 やはり美味しいなあ、と。ただやはりどこかの優れた中華で代替が可能そうという思いもあり、ここは塩ラーメンではないかと、いつも思う。

by atsushisaito | 2018-04-04 12:16 | 飯@江東区 | Comments(0)

花村@東陽町

c0016177_12164948.jpg
 タンメンっていう気分じゃないなあ、とタンメンデルタ地帯を通り抜けた先の交差点にあるお店。志の田そばの看板が大きく目立つのでそれが屋号だと思っていたんだけど、暖簾をよく見ると『花村』と書かれていてそっちが屋号だった。
 お昼時を少し過ぎていたので、空いていた。テーブル席のみで昼は相席必至なのだろうけど、テーブルの大きさがゆったりと広いのでそれほど気にならないか。
 メニューを見るとわりと安め。注文は看板の志の田そばを。冷たい麺に冷たい汁だけどよいか、と確認された。志の田そばというのは、そういうものなのかあと大人しく待ってると蕎麦が登場。
 汁の中に天かすと油揚げが投入されている。たぬきときつねのいいとこ取りが志の田そばってことみたい。少し甘めの濃い汁で蕎麦をすする。間違いのない組み合わせなので、驚きなどはないけれど普通に美味しい。食べ終わりを見計らって蕎麦湯も出してくれた。
 なんか麺の盛り具合に独特の符丁があるみたいで、がっつり食べることもできるみたい。優秀な町の蕎麦屋さんって感じ。

by atsushisaito | 2017-02-19 12:24 | 飯@江東区 | Comments(0)

らぁ麺やまぐち 辣式@東陽町

c0016177_2234874.jpg

 何度か食べてるのだけど、いまいち好きではないんだなあ。それなりに美味しいけれど。麻婆まぜそばと塩ラーメンのお店だけど、どちらもそんなに。この日は海老ワンタンの塩ラーメン。まぜそばは汁がないのでなんだかもったいない気がして。
 すごく丁寧に手間をかけられた一杯だとは思う。ただ、なんだか上品すぎてお昼を食べた気にならないんだよなあ。でも女の人も一人で来るくらいに近所では人気のお店なので、まあ自分とは合わないだけなんだろうけど。西早稲田の方のお店の方が好み。
 麻婆まぜそばはブフォっと噎せてしまうしなあ。でも思いだしたら、なんだか食べたくなってきた。
by atsushisaito | 2016-12-01 12:33 | 飯@江東区 | Comments(0)

武道家 賢斗@東陽町

c0016177_9263168.jpg

 中野ではなんどか食べたことがある武道家。家系ラーメンから派生したラーメンではあるが、家系とはかけ離れて濃くなってたいった味で若い人に人気。早稲田や中野の西に展開しているお店だったが、東の東陽町にもあった。
 ついつい玉子とのりのトッピングセットのラーメンの食券を購入。食券機の一番大きいボタンだったので、つい。席につくと麺の固さなどのお好みが聞かれるのだが、初めての店だからとりあえず全部普通。後から隣にきたおじさんの固めの注文からけっこう時間がかかってから登場したので、普通と固めの差はかなり大きいのかも。
 実際、麺はやわらかすぎるなという印象。これは固め必須だな、と感じた。標準で柔らかめ。汁はもうタレかというくらいに濃厚で粘度も高い。家系のバランスを想像して食べるとびっくりするくらいに濃い。無鉄砲のような豚骨どろどろの汁は、もう家系ではないなあ。まさしく武道系。 
 僕にはもう濃すぎるのだけど、若い人達には最高に美味しいものだと思う。でも意外と脂たぎってるおじさん達もこれをおかずにライスをばくばく食べて元気。そのライスを食べる姿がちょっと羨ましくて、ランチ無料のライスをちょこっとセルフでお茶碗によそってラーメンの汁をかけて食べるなどしてみて、まあこういう食べ方もありだよな、と思いつつ、そっとお茶碗にをおいて御馳走様。
 食べた丼をカウンターの上に客にあげさせるのは、あんまり好きじゃない。だって、ホールの人間がいるんだから。一人営業で客の後ろを歩き回るスペースのない小さな店がお願いすることだと思う。
by atsushisaito | 2016-11-24 12:23 | 飯@江東区 | Comments(0)

宝家@門前仲町

c0016177_2218278.jpg

c0016177_22181386.jpg

 木場の宝家のことをネットで調べようとしたら、偶然にもこちらの門前仲町の方の宝家がひっかかった。ちょっと見てみるとなかなかに面白い店らしい。なので行ってみた。駅から歩いてすぐ。店のオーニングテントには「実家の餃子」という文字。餃子屋さんかな、と誰しも思うわけだがランチでは餃子はない。
 店の中に入るとおじさんが、開口一番に今日の日替わりは焼き豚かヒレカツと教えてくれる。焼豚をお願いした。メニューにはラーメンなどの中華メニューに生姜焼などの定食メニューも。近所で働いている人がよく来るのか、日替わりばかりでるものかと思いきや皆それぞれ思い思いのメニューを頼んでいた。
 しばらくして、はいとおばちゃんが持ってきたのはミニラーメン。福しんのおともラーメンな感じで出てきた。メインが出てくるまでの時間差が少しあったのでラーメンを食べ始めた。意外と麺がたっぷり、汁はあっさりの醤油ラーメン。そして登場したメインメニューの焼豚。サービスしておいたよ、とヒレかつがどんっと加えられていてボリュームが満点すぎる。
 ご飯の丼のサイズも盛りも普通で安心したのだが、その前にミニラーメンをやっつけないと麺が伸びてしまう。でもラーメンを食べてしまうと焼豚を味わうにはしんどくなってしまう。ジレンマをかかえながら、やはり麺が伸びる前にとラーメンの麺をあらかたやっつけてからの焼豚。ほどよく柔らかく、濃すぎない味付けはご飯にぴったり。付け合わせの玉子焼きもほどほどにとろとろ感があっていい。
 ヒレかつは少々油切れが悪そうだけど、こちらも男の子の味っぽくて美味い。ラーメンからやっつけてたらおばちゃんがカツにソースをかけてくれた。地味に優しい。
 もう半分くらいで食べたところで、十分にお腹一杯だったのだけど残すは忍びなくて、頑張って最後まで食べた。胃のコンディションのいいときに他のメニューも食べたい。夜は餃子があるみたいだけど、こちらはおまかせのみのメニューで、アラカルトでは選べないらしい。一人でいったら、餃子まで辿りつける自信ないなあ。


c0016177_22182719.jpg

 あまりにお腹が一杯だったので、駅前の喫茶店でコーヒー。東亜っていう名前だったのだけど、やたらとスペシャリティコーヒーの種類があって、飲んでる途中で大久保にあるToa coffeeのお店だと知った。飲み比べもできて、いいお店だ。
by atsushisaito | 2016-11-23 12:17 | 飯@江東区 | Comments(0)

宝家@木場

c0016177_19535241.jpg

 なぜか木場は来々軒、トナリ、そしてここ宝家とタンギョートライアングルが形成されている。タンギョーとはタンメンに餃子のセット。いつしか人はそれをタンギョーと呼ぶようになったとか。来々軒は一度、トナリは今は亡き高田馬場店で食べたことがある。来々軒はオールドスクールなタンメン、それに対してトナリは現代的にグレードアップが施されたタンメン、では宝家とはいうと、、、。
 古き良きというか、これはもはや普通の中華屋との差も難しいのではないかという普通というより平凡さ。スープ、麺共に弱いのはともかく、野菜への焼きも弱いということにはがっかりした。もはや取り柄がない。逆にいうとこの店で食べるべきなのは餃子ではないのか。
 そう思ったのだけど、餃子まで食べなくてもいいかなと注文しなかった。店を出た後にランチのセットでタンメンに100円+するだけで餃子が3つ食べられることに気付いたという、、、。次は餃子でライスでいこう。そういえば来々軒のときもそう思ったような。
by atsushisaito | 2016-11-22 12:45 | 飯@江東区 | Comments(0)

ちばき屋@葛西

c0016177_22380064.jpg
 その美味しさには定評があって、期待していったお店。注文はワンタン麺。初めてのお店ではノーマルなものを食べるのが基本なのかもしれないけれど、ワンタンに惹かれてしまった。汁を啜ると出汁の美味さより、オイリーさが先行してしまっていまいち。これってラーメン発見伝であったようなスープの上澄みだけしか味わってない状況なのだろうか。
 スープの油っぽさが気になって他のパーツに集中できず。でもワンタンは美味しかった。もっと出汁ががつっとくると思ってたんだけどなあ。

by atsushisaito | 2016-09-11 12:36 | 飯@江東区 | Comments(0)