カテゴリ:飯@杉並区( 12 )

煮込みや まる。@荻窪

煮込みや まる。@荻窪_c0016177_23413781.jpg
煮込みや まる。@荻窪_c0016177_23413752.jpg
煮込みや まる。@荻窪_c0016177_23413748.jpg
本当はdancyuに掲載されていたお隣の鳥七に行こうとしたのだけど臨時休業。その隣にある鳥七の奥さんがやられているという人気の酒場の「まる」を覗くと席に余裕があったので中へ。いやあ、空間の構成力が新しい酒場としてはもう完璧だな、と思った。これは人気でるわ、と。コの字カウンターで1人で回せる料理とお酒。難しいものはないが、仕込みで仕事をしている料理、酒は本当に日本酒が好きなんだなというセレクト。

塩煮込み、おしんこに冷奴。酒はシャリキンレモンサワー、そして杉勇。実は中野より荻窪の方が飲兵衛のパラダイスなのでないか、と羨ましくなるいいお店。

by atsushisaito | 2020-01-16 12:55 | 飯@杉並区 | Comments(0)

やきや@荻窪

やきや@荻窪_c0016177_23413374.jpg
やきや@荻窪_c0016177_23413476.jpg
やきや@荻窪_c0016177_23413422.jpg
久しぶりにやきや。イカが主力の立ち飲み屋でとても安く、そして美味い。昔はこことカッパあたりをセットでたまに飲んでた。北口から南口に移転してから随分と時間が経っているのだが、もしかしたら今回が移転後から初めての訪問になるのかも。なんとか16時過ぎに入ることができたが、中はほぼ満員。

ビールをもらってから落ち着いたところで注文を焼き台の兄さんにお願いしようとしたら、ちょっと待って、とぶっきらぼうに言われてしまった。タイミングを見計らっての注文のつもりだったのだが、口開けの客のオーダーが立て込んでいてそれをこなすので一杯一杯だったよう。しかし、若いのに随分と拗らせてしまっているような。別に丁寧に優しくして欲しいなんてこれっぽっちも思わないが、この人のこの先は大丈夫だろうか、勝手に思ったり。

わた和え、大根にイカゲソ。これだけイカを安く美味しく食べさせてくれる店っていうのも他にないし、おばちゃんが無愛想すぎるのもそれはそれで名物みたいだし、お兄さんがそこに加わったと思えば、別になんてことはないかな。また行こう。

by atsushisaito | 2020-01-14 12:31 | 飯@杉並区 | Comments(0)

旅人の木@荻窪

旅人の木@荻窪_c0016177_2259077.jpg

 以前から名前だけは知っていたお店なのだけど、行くのは初めて。中野に住んでいるのに住めば住むほどなんだか荻窪が遠くに感じてしまうというか。トマトや徳大、、、たくさん行きたい有名なお店があるのだけど。
 あまり時間がないときに荻窪にたまたまいて、さくっとなにか食べようと思って歩いて路地に入ると、ここが旅人の木というお店なんだ、と中へ。数席のカウンターのお店でこじんまりとしながらいい雰囲気のお店。
 普通にラーメンのお店かと勝手に思っていたのだけど、油そば押しのメニュー構成。気分は醤油ラーメンなんだけど、この日はとても暑い日だったのでラーメンを避けて油そば。といっても熱いメニューなんだけど。メンマをトッピングしてでてきた油そばはとてもいい雰囲気。
 ぐちゃぐちゃと底から混ぜ合わせて食べるのだけど、油そばって正直、他の店との差別化って難しいよなあっていうのが実際の感想。珍珍亭の油そばを初めて食べたときに、旨い!って思ったけどもしかしたら、今ではそれほどに感動しないかもしれない。20年近く前に経堂に住んでたときは、はるばる亭の香麺をうまいうまいって食べてたけど、今はそう思えないかなあと思いながら油そばを食べた。
 どちらかというと油そばにするには細め、じゃっかんゲホゲホいうくらいのラー油、軽く酢を回すと安定するのかな。珍しいのがトッピングの生姜(無料)。これが意外と全体をしめるので面白かった。でもやはり汁ありの麺の方がお金かかってる感じがしていいな、と思った。今度行こう。
by atsushisaito | 2016-10-27 12:58 | 飯@杉並区 | Comments(0)

天王@高円寺

天王@高円寺_c0016177_2394969.jpg

天王@高円寺_c0016177_23102471.jpg

天王@高円寺_c0016177_2313936.jpg

 天王の飾らないお店の雰囲気好きだ。そして味もいい。キクラゲと玉子の炒め物でビール。本来なら飲んで〆るなんてやらないんだけど、天王にきて麺類を食べないなんてとても後ろ髪を引かれてしまうので、胃に負担のなさそうなつけ麺。それも塩つけ麺。
 登場した麺を汁につけて啜ると、出汁の旨味と香りが先行して美味しい。そして後味を塩できりっとしめている。半分くらいまで、その出汁の美味さで食べていける。そこから先は、塩の強さがだんだんと目立ってくるのだけど、なんとか最後まで食べきれられる。ただここまで塩気が強いと、さすがにこれをスープ割で飲もうと思えず、このままご馳走様。
 いやあ、天王は相変わらずいいお店。
 
by atsushisaito | 2016-09-18 12:08 | 飯@杉並区 | Comments(0)

いしはら@西荻窪

いしはら@西荻窪_c0016177_21175378.jpg

いしはら@西荻窪_c0016177_2118462.jpg

いしはら@西荻窪_c0016177_21181794.jpg

 久しぶりに西荻の町を歩いてみると、なんだか美味しそうなお店ばかりでとても楽しくて、どこに入ろうかとふらふらしていたら、店頭で2人が開店待ちの店が。おお、と見るとラーメン屋。でも、あれ?これは飲めるタイプの店じゃないか、とちょうど開店してその二人が吸い込まれて行くのと同時に、僕も中へ。
 ラーメンのメニューの通常メニューの他に、ホワイトメニューには一品ものが並んでいて、明らかに飲んでいいお店。ただ、ちょうどいい具合の値段とのバランスがとれたものがいまいちなくて、結局頼まなかった。
 最初の注文はビールと餃子。コップだけを僕の前に置いたのはいいけど、他の二人のラーメンを作りだして、そこから放置。麺を茹でる前に、ハイっすーっと機敏に動けないというかなんというか、作業がシングルタスク。コップ置いたら、ビールを出してくれよ、という願いが最初の二人のラーメンが出来上がった後に届き、なんとかビールにありつけた。
 焼き餃子は、少しばかり粉っぽさは感じられるものの、皮の厚さと餡のバランスが良く、美味しかった。続いて茹でワンタン。こちらは海老と豚肉の二種類が混ざって登場。こちらも美味しい。ここでビールがなくなったので、日本酒の浦霞。浦霞はどうする?と聞かれて、冷やでお願いした。ここですぐに入れてくれるのかと思いきや、他の客のピータンを切り出した。それくらいは待ちますよ。と待ってたら次は、ワンタンを茹で始めた。
 それからすぐに酒を入れてくれるのかと思いきや、今度はラーメンを作り始めた。酒なしでワンタンを食べるわけにもいかず、辛抱強く酒を待った。ワンタンが冷めてしまった頃合いに、ようやく酒をいれてくれた。
 別に店主が無愛想だとか、そんなことは激しくどうでもいいことだが、酒飲みの気持ちをわかってくれないことに激しく悲しくなった。最後にラーメンを注文。これが悔しいくらいに美味しくて、たんたん亭の馬鹿野郎ーと心の中で叫んで店を出た。
by atsushisaito | 2016-03-11 12:17 | 飯@杉並区 | Comments(0)

大勝軒@永福町

大勝軒@永福町_c0016177_21443998.jpg

 永福町で大勝軒。 15時頃の入店。 さすがにこの時間は行列こそできないものの、席はほぼ満席状態。いつも思うのだけど、年配の方がよくこの量を食べきるなあ、ということ。とにかく量が多い。器もでかい。汁もたっぷり。 確かに昔は若者だった方々が、当時はこれをもりもり食べていたことは理解できるのだが、それが今も続いているのがなんとも。正直うらやましい。
 訪れるのは久しぶりだったのだが、眼前に鎮座するたっぷりの麺と汁を擁する丼に僕は初めから降参状態。 席につく直前に目にした、じいさんが生卵に麺をつけ麺のようにつけるのをみて、僕も真似して生卵をサイドに。
 いつまでも冷めることのない熱々のスープから麺を啜り始める。 どこまでいっても麺は減る様相をみせずに、しきりと体からぶわっと汗が出るのを感じる。 暑いので水をどんどん飲むのだが、ホールの人がわんこそばのように水を足していくのでそれも減ることはない。 途中生卵をとき、そこに麺をつけて食べてみるが、そんなに美味しくはない。もちろん不味くはないし目先を変えることで効果的に食が進むのだが、それだけだ。 麺をある程度片づけることができたのが、汁は最初からそこにそのままあったかのように量が変わった印象はない。
 もったいないお化けが背後に登場したので、その汁を飲み始める。 いまだ熱々のその汁の変わりに汗が体から出ていく。うおおおおん、と唸りたいところだったが、こりゃダメだと途中で降参してご馳走さま。
 お会計を終えて、バイクのミラーで顔をみるとありえないくらいの汗が噴き出していて、あわてて拭いた。 
by atsushisaito | 2012-09-02 12:43 | 飯@杉並区 | Comments(0)

蘭鋳@高円寺

蘭鋳@高円寺_c0016177_215192.jpg

 方南町あたりの環七沿いのお店。 煮干しが効いたスープがとても旨い。 肉も。 チャーシューじゃなくて肉。僕は基本的にあまりチャーシューには興味がなくて、例えそれが美味くてもそのラーメンの旨さとは関係ないと思っているのだけど、この肉は旨い! 多少の魚介のえぐみもあるが、それが上品な器に収まらない少々粗野なアクセントとなって違和感がない。 
 もう少し、うちの近所にあればなあ。
by atsushisaito | 2011-03-04 21:10 | 飯@杉並区 | Comments(0)

丸福@荻窪

丸福@荻窪_c0016177_20415447.jpg

 ひさしぶりに丸福でラーメン。 まだ青梅街道の方がやってたときはそちらばかりに行っていて、お家騒動により出来た(らしい)こちらの商店街のお店は、まだ2度3度くらいしか食べたことない。 普通のラーメンを注文した後に、丸福といったら玉子だろう、ということを思い出して煮玉子を追加してもらった。 なんてことのないハイミーたっぷりのラーメンだけど、今より少し若かったころを思いだしてしまう味だった。
by atsushisaito | 2011-01-28 20:46 | 飯@杉並区 | Comments(0)

やき屋@荻窪

やき屋@荻窪_c0016177_11242364.jpg

やき屋@荻窪_c0016177_11243055.jpg

 いかといったら荻窪のやき屋。 呑兵衛には常識のお店。 しかし、ディープなお店によくあるスポット、常連席(立飲みなのでカウンターは席はない)みたいな店主の前あたりしか空いてなくて、かなり肩身が狭い思いをしてしまった。 なんか空気みたいな存在になっていたなあ。 まずは瓶ビール、そしてイカ刺しに塩辛。 相撲を眺めながらちびちびと。 横でおっさんが、こりゃ凄い!ほほー!なんて言ってるがどこが凄いのかは、普段見てないのでよくわからない。 瓶が空いたので、後ろを通るおばちゃんにホッピーをお願いします、というと、ちらっと一瞥をくれるもののそれ以外の反応なく、無言で去って、無言で持ってきた、、、、、。 この店のハードルを一気に上げてしまってるのが、このおばちゃんで本当に愛想というものがない。 そこそこに酔ってると、そんなことは気にならないし、ときにはそんなツンツンしたところも可愛くみえたりもするのだが、素面だと感じ悪いことこの上ない。 なんだかなあ、と思いながらわた和えを注文。 このわた和え、しばらく食べていなかったので忘れていたが旨すぎる! 美味くてテンションが上がりそうだったのだが、この日はあんまり長居する気分じゃなかったので、ソトのお替りもせずにホッピーを飲み干して店をでた。
by atsushisaito | 2011-01-27 11:41 | 飯@杉並区 | Comments(6)

大慶@阿佐ヶ谷か下井草

大慶@阿佐ヶ谷か下井草_c0016177_1435186.jpg

 むかーし、行ったことあるんだよなあ。そのときはお店は黄色い感じだった記憶があるのだけど、リニューアルしたのか、白っぽい感じに変わってた。 前は券売機なんかもなかったような。
 と、お腹が空いたころにいいタイミングで前を通りかかった大慶でラーメン。 記憶では旨かったなあ、という印象しか残ってなくて細部についての記憶はなし。 普通のラーメンの食券を購入して席へ。 お店の人の受け答えの感じがよくて気持ちがいい。 
 で、ラーメンは、、、、う~んとホープ軒ってこんな感じじゃなかったっけ?という思いが頭に浮かんだ。 まあ、おいしいのだけどこの背油のビジュアルのわりには軽い口当たりは、、、 とはいうもののホープ軒のことだって、そんなにたくさんの数を食べたわけじゃないので、なんとも頼りないのだけど、やっぱり僕の中ではホープ軒みたいな味、という結論。 答になってないか、、、

 このあたり駅から遠いので、近所の人達には重宝にされているのだと思う。
by atsushisaito | 2009-12-20 14:50 | 飯@杉並区 | Comments(0)