カテゴリ:飯@東中野( 47 )

波と雲@東中野

波と雲@東中野_c0016177_00370042.jpg
黒醤油の奥出雲。この日、このラーメンを食べる前に少し味の濃いものを食べてしまったので、正直全然味がわからなかった、、、。とても繊細な出汁のラーメンなので、こちらもそれなりのコンディションで望まなければいけなかったと反省。いや猛省か。

by atsushisaito | 2020-01-20 12:30 | 飯@東中野 | Comments(0)

SUPER RAMEN MAGIC@東中野

SUPER RAMEN MAGIC@東中野_c0016177_23420520.jpg
どうしていいラーメン屋が次々と東中野に誕生するのだろうか。雲と波がバーの昼間を間借りして営業しだしたのがつい最近だけど、今度はそのすぐ近くでバーの昼間を使ったラーメン屋さんが開業した。

SUPER RAMEN MAGICという鶏白湯のお店。鶏白湯というと、あーあんな感じかあ、目新しさはないのね、という感じになるのだがこの店は針がいい感じに振り切れていて、鶏白湯でもかなり濃厚なスープ。麺もその濃厚さを受け止めて弾くというよりは、一緒にその濃厚さを楽しむ感じでもったり感を助長す流という選択のもの。スーパーといういわゆる全部盛り的なオプションを選んだのだが、卵、海苔に加えて鳥チャーシュー1枚追加というちょっと肩透かしなスーパー。スーパーの内容充実化を望みます。

by atsushisaito | 2020-01-18 12:10 | 飯@東中野 | Comments(0)

飛騰@東中野

飛騰@東中野_c0016177_23015986.jpg
飛騰@東中野_c0016177_23024127.jpg
丼を新調したのだけど、それに合わせて汁が極少に、、、、、。替え玉すると汁多めの和え玉みたいになってるんですけど。美味しいのに、、、。かなり残念。写真はある日のラーメンキクラゲ、そして他の日の黒ラーメン。

by atsushisaito | 2020-01-08 12:36 | 飯@東中野 | Comments(0)

波と雲@東中野

波と雲@東中野_c0016177_22494589.jpg
今回は白醤油のラーメン。旨し。ただ、これだけでは満腹にならないので、今後の新たな店舗での展開が楽しみ。
by atsushisaito | 2019-12-19 12:35 | 飯@東中野 | Comments(0)

波と雲@東中野

波と雲@東中野_c0016177_20531758.jpg
10層天然出汁と煮切り醤油のラーメンという看板で、東中野のバーの昼間に間借りで営業が始まったラーメン屋さん。開店してしばらくして行列ができ、すぐにスープ切れになるレアキャラなお店となってしまった。幸いにも行列が発生する時期より前に行けたので、普通に座れて食べることができた。

メニューは黒醤油、白醤油の2点のみで、トッピング類もない。注文は黒醤油。実際のラーメン美味しいのだけど、何よりプレゼンテーションが上手だな、と思った。出汁のお店のこだわりの概念を視覚化して伝える、こう食べてもらいたい、こう味わってもらいたい、というのをイラストで伝える、10種類の素材を使っているラーメン屋さんは数多くあれど、しっかりとラーメンそのもの以外で客に伝達しているところが、アートにも通じるプレゼンテーション能力を感じた。

黒醤油は今流行りの醤油でバシッと押すタイプかと思いきや、やはり出汁の良さを生かす優しいあたり。具材それぞれシンプルながら、一仕事していて美味い。しかししかし。すみません。チャーシューに関して、食べたときに鳥のささみかなと思ってしまった。珍しいなあ、と。それくらい動物出汁を感じさせないスープだった。そうだなあ、振り返って思い出してみれば、これは動物系の出汁は使ってないのかもとも思っていた。それくらい繊細なあたりのラーメンだった。



by atsushisaito | 2019-12-16 12:52 | 飯@東中野 | Comments(0)

児ノ木@落合

児ノ木@落合_c0016177_19042970.jpg
児ノ木@落合_c0016177_19043058.jpg
鶏煮干しそばに和え玉。ラーメンも美味しいけど、和え玉の油と麺のバランスが秀逸すぎて、これだけ食べたい。レギュラーメニューの油そばより和え玉の方が好き。少食の人でも必ず和え玉のハーフは必須。




by atsushisaito | 2019-12-11 12:52 | 飯@東中野 | Comments(0)

旬の香@東中野

旬の香@東中野_c0016177_00460947.jpg
ランチで若鶏の唐揚げみぞれかけ定食。唐揚げで白飯を食べたい気分だったので、みぞれは余計だったかな。。。。
by atsushisaito | 2019-12-05 12:37 | 飯@東中野 | Comments(0)

手打ちそば 山商@落合

手打ちそば 山商@落合_c0016177_22180006.jpg
子連れお断りの貼り紙で、気難しい感じかと少し構えてしまったが、全然そんな雰囲気ではなく、店員さんもとても丁寧。逆になんの注意書きもなしに、お互い嫌な感じに成るより、こうしてあらかじめ知らせてくれる方が親切かな。落ち着いたお店作りにしたいだけ。そう考えると蕎麦屋ってけっこう入るシチュエーションを選んでしまうなあ。考えたこともなかったが。

注文はランチの蕎麦と親子丼のセット。蕎麦は石臼。注文してから、ちと失敗したかな、と。三色蕎麦にすればよかった。この石臼の他に白雪(更科)と季節の蕎麦で芥子切り。シンプルにこの三色にすれば。というのも、蕎麦と親子丼、この組み合わせはどういう食べ方をすれば一番いいのだろう、と蕎麦を目の前にして悩んでしまった。親子丼から食べると、蕎麦の味がわからなくなる。蕎麦から食べるとせっかくの親子丼の卵に火がどんどん入ってしまう。蕎麦と親子丼を交互に食べるのも変だ。

悩んだ末に、親子丼の卵を犠牲にし、蕎麦から食べ始めた。蕎麦、汁とも共に良く、美味い。しかしどうも親子丼のことが気になりいまいち蕎麦に集中できない。パパッと食べ終えて親子丼。やはり最高のタイミングは既に過ぎていた。こちらも美味いのだが、残念さで喉の通りが少し悪くなってしまったようだ。

というわけで、シンプルに蕎麦で攻めるべきだったな、と蕎麦湯でほっこりしながら思った。でもここは蕎麦だけではもったいなく、お酒を飲みながら色々と摘みたい感じ。あ、酔ってしまうと蕎麦の味が、、、、、。

by atsushisaito | 2019-11-08 12:28 | 飯@東中野 | Comments(0)

飛騰@東中野

飛騰@東中野_c0016177_20501019.jpg
替え玉無制限でお替り自由の豚骨ラーメンのお店、ということで味は二の次のダメダメなお店なのかと思っていて、これまで入ることはなかったのだが、たまにはそういうダメなお店もいいかと思って入ってみた。

原材料高騰とのことで、替え玉は2玉までとなっていた。どちらにせよ、そんなに食べられないので特に問題はなし。普通のラーメンを注文した。登場したラーメンは意外と悪いものでもなく、たまに食べるのもいいかなと思うオーソドックスな豚骨ラーメン。替え玉をお願いして、辛子高菜でブースト。サービスのご飯でお腹一杯になってしまった。

by atsushisaito | 2019-10-03 12:52 | 飯@東中野 | Comments(0)

キナリ@東中野

キナリ@東中野_c0016177_21104128.jpg
山椒 白醤油ラーメン。この日は鼻炎が治りかけだったので、いまいち美味しく味わえず、、、、、。山椒がもっとガツンんと来るかなと思ってたけど、こちらも鼻炎のせいか、かなりやさしい印象だった。もう一度ベストなコンディションの時に山椒に挑戦したい。それにしても東中野は三国志の蜀のように閑散ではあるが屈強な武将が集まってるという感じで美味しいお店が多い。
by atsushisaito | 2019-09-29 12:41 | 飯@東中野 | Comments(0)