カテゴリ:飯@東中野( 39 )

飛騰@東中野

c0016177_20501019.jpg
替え玉無制限でお替り自由の豚骨ラーメンのお店、ということで味は二の次のダメダメなお店なのかと思っていて、これまで入ることはなかったのだが、たまにはそういうダメなお店もいいかと思って入ってみた。

原材料高騰とのことで、替え玉は2玉までとなっていた。どちらにせよ、そんなに食べられないので特に問題はなし。普通のラーメンを注文した。登場したラーメンは意外と悪いものでもなく、たまに食べるのもいいかなと思うオーソドックスな豚骨ラーメン。替え玉をお願いして、辛子高菜でブースト。サービスのご飯でお腹一杯になってしまった。

by atsushisaito | 2019-10-03 12:52 | 飯@東中野 | Comments(0)

キナリ@東中野

c0016177_21104128.jpg
山椒 白醤油ラーメン。この日は鼻炎が治りかけだったので、いまいち美味しく味わえず、、、、、。山椒がもっとガツンんと来るかなと思ってたけど、こちらも鼻炎のせいか、かなりやさしい印象だった。もう一度ベストなコンディションの時に山椒に挑戦したい。それにしても東中野は三国志の蜀のように閑散ではあるが屈強な武将が集まってるという感じで美味しいお店が多い。
by atsushisaito | 2019-09-29 12:41 | 飯@東中野 | Comments(0)

レストラン イト@東中野

c0016177_22191205.jpg
c0016177_22191201.jpg
東中野の老舗洋食レストラン。ボンボーヌというメニューが有名なので、食べにいってきた。外観に比べて内装はなかなかに重厚でコックコートがきまった料理人がテキパキと動いていた。ボンボーヌの作り方をみていると、薄く伸ばしたハンバーグみたいなやつの上にデミグラスソース、ベシャメルソースのようなものにチーズをのせてオーブンで焼くというもので、そんなにのっけたら美味いだろっていう旨みを重ねたもので、そして確かに美味かった。
by atsushisaito | 2019-09-24 12:32 | 飯@東中野 | Comments(0)

丸松@東中野

c0016177_22013474.jpg
c0016177_22013459.jpg
c0016177_22013482.jpg
c0016177_22013436.jpg
c0016177_22013512.jpg
野方の有名もつ焼き屋さんの秋元屋出身の人のお店。実は秋元屋には近いのに行ったことなくて、そこ出身の沼袋のお店しか知らないという、、、。沼袋の方はなんとなく一見には少し優しくない感じがして、うーんって思ってたのだけど、こちらは全然そんなことなく、いい接客だなあと思った。やはり初めてのお店ってそれなりに緊張するので余計に、店員さんのちょっとした気遣いが嬉しい。特別なことは必要ではなく普通でいい。ちょっとした会釈だけで、身構えていた気持ちが一気に軽くなる。

最初の注文は紙に書く。特に情報を仕入れての入店ではなかったので、適当に気になったものを。まずはレバー。良いものを良い焼き方で。あーこれはちゃんとしたもつ焼きだと実感させてくれた。次は孤独の五郎ちゃんよろしく、つくねピーマン、そしてチレ。もうどれも美味しく間違いない。ここまで良いチレ串は石松に匹敵する。あとなんか色々食べて飲んで酔っ払ってしまい、このスタミナ和えくらいから記憶が、、、、。最後に注文したのは煮込み。これ、牛スジの煮込みで良い意味で裏切られた。たっぷり量もあるし、いやあこの店、良すぎ。

by atsushisaito | 2019-09-10 12:00 | 飯@東中野 | Comments(0)

ルーブル@東中野

c0016177_23022801.jpg
c0016177_23022887.jpg
朝からルーブルで珈琲。広めの店内でゆっくりと落ち着く。
by atsushisaito | 2019-08-17 12:00 | 飯@東中野 | Comments(0)

つるかめ@東中野

c0016177_15145821.jpg
お店の外が雑然としていて、いまいちなんの店だかわからなかったのだが、10割の蕎麦が食べられると知って行ってみた。注文はもり三昧というもの。注文した時に飲み物はどうするかと聞かれたのだが、ランチだし酒ってのも気分ではないので、大丈夫ですと返答した。その後、メニューを見てると飲み物の注文を必ずお願いという注意書きがあったけど、夜のことでランチは大丈夫なのかなあ。

それにしてもメニューのデザインがカオス。ご主人がご自分で作られたと思うのだが色使いとかが本職のデザイナーが見ると卒倒しちゃうんじゃないかっていう感じ。おそらく蕎麦に対する熱い思いがこもりすぎた結果なんだろうなあ、とは理解できるのだが直した方がいいと思う。

特に何にも考えてなくもり三昧というメニューを注文したのだが、なんとなく蕎麦3種盛りかなあと思ってところ、蕎麦は1種類で汁が2種に岩塩。味が3種ということみたい。メニュー見ると確かにそう書いてた。作るところは見てないのだが、蕎麦はところてん方式の機械で押し出すやつ。汁は普通の汁とかえしを入れない出汁。どちらも弱いかなという印象。蕎麦の存在の方が強すぎるというか。岩塩を3種のうちの1種にしてるところがあまり納得できない、、、。

蕎麦屋というより、蕎麦も食べられるバーという感じのお店。お酒もいいものが置いてるし、夜に蕎麦前で一杯やる方が楽しそう。

by atsushisaito | 2019-07-05 12:37 | 飯@東中野 | Comments(0)

好日@東中野

c0016177_18101792.jpg
c0016177_18101854.jpg
かしわぎ、キナリの開店で一気にラーメンの平均値が上がってしまった東中野、両店の入り具合を見て回って、ちょっと混んでるから他にしようかという時に第一選択肢に入るのが、昔から東中野のラーメン界を引っ張ってきたここ好日。

ランチサービスの焼き飯の小鉢。注文はつけ麺大盛り。正直なところ、ここ数回は好日のラーメンに対する僕の感想は芳しくなく、無化調はともかくやけにあっさりしすぎで掴み所のない味という感じあった。そういうわけで全然期待していないある種の消化試合的なもののつもりであった。しかし、そんな勝手な想像は一口目で吹き飛んだ。

しっかりとした味わいのつけ汁。麺も決して弱いものではないのだが、それをがっしりと受け止めるだけの力がつけ汁にあった。他のお客さんがお会計の時に、「今日は魚出汁が強めですか?」と質問していた。店主は素材が天然のものだからブレはあるが、いつもと同じですと答えいた。僕も確かに出汁の強さは感じたから、日によるブレって意外と大きいのかも。もう一度あらためてラーメンも食べよう。

by atsushisaito | 2019-05-28 12:29 | 飯@東中野 | Comments(0)

究極のにぼし味噌らーめん 人間ばんざい@落合

c0016177_16310001.jpg
人間ばんざい、と凄い屋号、、、、。売りである煮干し味噌ラーメンを注文。煮干しのアタックが強いのかと思って啜ったスープはそんなこともなく、マイルド。ベースの味噌ラーメンの旧来あるいわゆる味噌ラーメン。ちょっと調べてみると店主は渋谷の味源出身だとか。なるほど、なんとなくそれで合点がいった。ダブルスープというより、煮干し油的なのを通常の味噌ラーメンに追加したような感じ。この辺りそもそもこういう味噌ラーメンの店もないし、ありかと。
by atsushisaito | 2019-05-19 12:47 | 飯@東中野 | Comments(0)

メンドコロ キナリ@東中野

c0016177_23070568.jpg
ふと店の前を通ったとき、行列もなく店内に二人しか人はいなくて、これはラッキーと中へ。すぐに一杯になってしまったけど。

注文は塩ラーメン。くっきりとわかりやすく美味しい一杯。後悔したのはお腹一杯すぎて和え玉を食べられなかったこと。全部のせの肉はいらなかったなあ。これはこれで美味しいが、お腹の余力あるだけ麺を食べたかった。

by atsushisaito | 2019-03-24 12:53 | 飯@東中野 | Comments(0)

えきそば@東中野

c0016177_21261973.jpg
以前に富士そばだった東中野駅入り口そばの立ち食いそば。5人も入ると窮屈になりそうな極小の店内。月見そばを注文。わりと昼時であったにも関わらず、けっこうな茹で置き。茹で置きというより茹ですぎなのかなあ。茹で置き賛成派の僕でもちょっとしんどいなという伸び具合。汁は濃いめ。少々濃すぎる感もあるかな、と。
by atsushisaito | 2018-12-11 12:47 | 飯@東中野 | Comments(0)