カテゴリ:飯@高田馬場( 100 )

ブラザー@高田馬場

c0016177_21420069.jpg
 ブラザーでキーマ鯖。登場した瞬間、パクチー山盛りかと思ってしまい気が折れそうになってしまったが、よく見ると三つ葉、そして刻んだミョウガで安心した。鯖とカレーの組み合わせで、まあなんとなく味は想像できたのだが、鯖の使い方がとても良くて、決して鯖の旨味だけに頼ったものではなくバランスがとてもいい。カレーを口にした後の爽やかさはマスタードシードからくるものなのか、和と印が絶妙にマッチしている。
 しかし、オープンエアーなお店なので、これからはちょっとした修行になるかも、、、、

by atsushisaito | 2018-07-15 12:25 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

海鮮三崎港 高田馬場店@高田馬場

c0016177_21062563.jpg
 あら汁に軍艦を少しのおやつ的に。回転寿司の醍醐味はなんといっても多彩なバリエーションの軍艦にあると思っている。回らない寿司屋で食べられないネタこそ、回転で食べるべき。もっともタッチパネルの注文で回りさえしないのだけれど。
by atsushisaito | 2018-07-04 12:05 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

さっぽろ羅偉伝@高田馬場

c0016177_22271861.jpg
c0016177_22271879.jpg

 純連の味を引き継いだ羅偉伝でチャーハン。思いの外、暑い日だったのでラーメンを食べるのもなあと思いつつ中に入った券売機で発見した「少なめチャーハン」。本当に少なめだったら寂しいなあと思ったので、ワンタンスープ付きで。登場したチャーハンは、多すぎもなく少なすぎもなくちょうどいいサイズ。シンプルにチャーシューと卵だけの焼き飯がなぜにこんなに美味いのかと問いたいくらいに、美味しい。家の台所ではなかなかこの味は難しいかと。
 スープはメインのラーメンに遠慮しているのか、通常の醤油ラーメンとは比べものにならない普通の中華スープ程度のあっさりしたもの。ただし量はたっぷり。少なめチャーハンとワンタンスープで立派なランチになった。

by atsushisaito | 2018-04-25 12:21 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

ブラザー@高田馬場

c0016177_21332807.jpg
 チキン野菜カレー。スパイスでご飯を食わせるソースにごろんとした鶏肉(美味)。焼き野菜はマスト。


by atsushisaito | 2018-03-21 12:56 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

ブラザー@高田馬場

c0016177_22005390.jpg
 全く気づかなかったのだが、昨年の8月にオープンしていたとのこと。風龍やゴーゴーカレーがあるとこをキュッと路地に入った所のお店。武蔵の鷹虎がある手前。駅に至近。以前は下落合にあったとのことだが、全然知らなかった。
 初めてだったのだがエビに惹かれエビカレー辛さ普通に。これはちょっと失敗だったかなあ。野菜カレーの方が見た目楽しそう(具材としてのエビも弱い)。エビ野菜カレーにすればよかったのか。ソースは旨味でぐいぐいと押すわけではなく、さらりとした口当たりでスパイスの香りが素晴らしい。さらとしたり具合はライスとの相性がぴったり。清涼なる風味と自然な旨味でぐいぐいと食がすすんだ。
 駅から至近なのが嬉しい(馬場のいい店はたいてい駅から少し歩く)し、魅惑の期間限定メニューなどこれからがとても楽しみ。
 


by atsushisaito | 2018-02-17 22:15 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

海鮮三崎港@高田馬場

c0016177_23323955.jpg
 回転寿司は、もうビジネスモデルが崩れているのではないかと思う。タッチパネルの普及で回転している皿は誰も取らない。僕はそういうすら煩わしく思うので、回転寿司では回っているものしか食べないのだけど、さすがに長時間周り続けたものを取る気がしなくなってきた。で、タッチパネルで注文。これが快適すぎて困る。海苔がパリパリ。回っているものと比較すると雲泥の差。いつも海苔巻きの注文だけど、海苔が一番コストかかってそう。シワシワの海苔と比較して。
 

by atsushisaito | 2018-02-01 12:32 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

つけ蕎麦安土@高田馬場

c0016177_21411005.jpg
 長い間ブログを書いていると面白いもので2007年に初めて安土で蕎麦を食べた時の感想が残っていた。写真を見るとその頃に比べて現在は随分と洗練されているなと今回感じた。注文は鶏つけ蕎麦。随分とお洒落な盛り付け。開業当時は十割の蕎麦は二八に。汁が個性的で蕎麦の風味がある程度飛んでしまうことを考えると食感重視に二八を選択するのは悪手ではない。結果、美味しくなってると感じた。
 開業当時はがっつりガテンな方へ針を振りたいところと洒落っけの狭間で揺れていたのであろう。どっちつかずがいい結果に結びついているようには感じられなかった。今回11年ぶりに訪問したわけだが、それは見事に転換されておりカップルや女性一人客までも呼び込めるコンテンツを作りあげていた。駅からもう少し近かったらな、と思ったり。

by atsushisaito | 2018-01-31 12:40 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

鳥やす@高田馬場

c0016177_20285533.jpg
 馬場でフラフラしていると時にお腹が減ったので、すぐ近くの鳥やすへ。べんてんが移転してから、いつもなんとなく気の抜けた炭酸のよう。この店は中野にも支店がある高田馬場で有名な安い焼き鳥やさんなのだが、ランチも人気。チキン南蛮がいいかなあと思ったのだけど、売り切れ。なので血迷ってジャンボチキンカツ。何にも考えてなかったけれど、本当にジャンボサイズで出てきてしまった。
 一口目を噛んだ瞬間、意外と柔らかいなと思ったのだけど、さすがにこの量を食べ終える時点でそうとうに顎が疲れてしまった。基本、ソースの味で素材が淡白な味わいだから、ほぼソース味でご飯を食べてしまった感もあるけれど、まあ男の子のランチという〆方にはちょうどいいランチ具合だったかと。
 高田馬場駅の利用率は人生の中ではかなりの回数だと思うけれど、もう少し色々と開拓したいなと思った次第。



by atsushisaito | 2017-11-23 12:21 | 飯@高田馬場 | Comments(1)

座・麻婆唐府@高田馬場

c0016177_11015769.jpg
 高田馬場の気になっていたお店にランチへ。夜は火鍋が食べられる安旨中華みたい。お店が広くて人数が多い時に使えそう。ランチはいくつか選べて、今回は麻婆豆腐。注文するといくつかの小鉢が登場する。ライス、サラダそして味付けゆで卵がセルフサービスの食べ放題。麻婆豆腐は大きい皿でたっぷり。ガツガツ食べるにはいい店だなあ。隣のリーマンさんは何度も白飯をお代わりしていた。
 花椒がっつりのものと想像していたのだが、お味は意外とマイルドで食べやすい。多分注文時に辛めで山椒多めでお願いすれば、ご飯がいくらあっても足らないようなのが出て来そうではある。ご飯は一杯だけにしてゆで卵を2つ食べたが、そんなに美味しくなかった。でも他のランチメニューもなかなか良さそうだったので、気軽に高田馬場での中華ランチにちょうどいいかも。夜のメニューも安くていい感じだった。
 

by atsushisaito | 2017-11-18 12:53 | 飯@高田馬場 | Comments(0)

海鮮三崎港@高田馬場

c0016177_00350137.jpg
 回転寿司ではこういうサラダ巻きの方がコストパフォーマンスがいいと思うのだけど、どうも最近は回転しているレーンから取る気が起きない。萎びてしまってるからだ。握る人への声の通り方とか気にせずにレーンに流れているものを自由に取って食べられる良さが、手元のタブレットの利便性で逆に失われてしまっている。こんな状態なら回転レールってもはやいらないのではないかと思うのだけど。
by atsushisaito | 2017-09-09 12:33 | 飯@高田馬場 | Comments(0)