カテゴリ:飯@豊島区( 56 )

中国家庭料理 楊 2号店@池袋

c0016177_22460252.jpg
久しぶりに楊で汁なし担々麺。10年ぶりくらいなのか。そんなに経ってはいないとは思うのだが、記録に残っているのはそれくらい。当然ながらだいぶ印象が違う。食べる前に底にたまった汁と麺を混ぜ和えるのだが、粘度がかなり高い。最終的にドロドロのミートスパゲティみたいな見た目になってしまった。

食べてみると花椒が弱いなと思った。味付けの強弱の注文はしていない。こんなに舌が痺れてしまっていいのかっていうくらいに痺れが強いのが楊の真骨頂かと思っていたのが崩れた。普通に捉えると辛さもあり、痺れも少しありで強度はさほど弱いものではないと思う。しかし、これではない感が終始つきまとった。だから、どろどろのタレを纏った麺の不快さだけが残ったという。

もしかしたら孤独のグルメ以降、標準をマイルドなものにしてしまってたのかなあ、と思ったり。

by atsushisaito | 2018-09-19 12:08 | 飯@豊島区 | Comments(0)

爽亭@池袋駅構内

c0016177_21555418.jpg
 駅ナカの立ち食い。何回か食べたことがあるのだけど、あまり美味しいっていう印象はなかった。しかし、今回は美味しかったなあ。出汁がちょうどいい感じで。調べてみるとこの会社は名古屋駅の立ち食いきしめんで有名な住みよしも運営しているのだとか。http://jt-s.net/shop-genre  こうやってみると名古屋駅の全ホームに立ち食いきしめんがあるんだなあ、、、、、。
by atsushisaito | 2018-06-17 12:15 | 飯@豊島区 | Comments(0)

松葉@南長崎

c0016177_18492606.jpg
 目白の丸長まで自転車で行ったのだけど、到着したのが14時30分すぎでもう行列を打ち切っているところだった。まいったなあ、と引き返している途中に松葉があることを思い出して寄ってみた。中に入ると客はおらず、厨房の人も出て来るような気配がなく、もしかしたらここも休憩に入ってしまったのかと一旦外に出てお店の情報を確認していると、お店の人が出て来てくれて中に招いてくれた。
 注文はチャーシューつけ麺大盛り。麺は細麺で、スープは優しい味。特別に美味いかというとそういうわけじゃなく、でも不味いというわけでもなく。普段着の味わいだよなあ。二日酔いで起きたらそのまま食べに行くような。意外と近所にこういう店がない、というかなくなってしまった。

by atsushisaito | 2017-12-29 19:06 | 飯@豊島区 | Comments(0)

大羊飯店@東長崎

c0016177_23031796.jpg
 豊島園のユナイテッドシネマでアウトレイジを見た後に、大江戸線の東長崎で下車。何かいいお店はないかとフラフラしていたら結局どこも決まらずに大羊飯店にピットイン。味のある、という表現が似合うボロボロの外観で中ではおじさんが昼間から一杯やってるような感じなのだけど、意外にも人気なのか次から次へとお客さんが。一瞬扉を開いてこりゃダメだ、と帰っていく人も。
 まあそのわけはとにかく安いっていうことだと思う。ラーメンが350円。チャーハンとのセットで700円。「半」じゃないから。老夫婦でやられていて、丁寧な接客でいい感じ。何十年と値上げしてないんじゃないかなあ。
 まずはチャーハンを一口。これが失礼ながらも意外に美味しく技を感じられる一品だった。家で作る焼き飯とは大きく一線を画していた。ラーメンはまあ、350円という値段から想像できる範囲のもので、美味い不味いという話のものではないが、ここで活躍したのが胡椒。ふだんはあまり使わないこのアイテムが見事に全体の味を締めてくれた。
 新井薬師はこういう個人の中華の店がどんどんなくなっていってしまっているので、近所の人が羨ましくなった。

by atsushisaito | 2017-11-07 12:03 | 飯@豊島区 | Comments(0)

爽亭@池袋

c0016177_22223658.jpg

 過去に何度か行っているけど、あんまりいい思い出がないなあ、と思いつつ月見そば。こんなに丁寧だったかな、と驚くくらいに丁寧な接客。汁をひと啜りしてみると、おお、悪くないじゃないですか、という感じに出汁が効いていて美味しかった。
 ただ、麺を啜ると、あーそーだそーだという感じで記憶が蘇り、そば粉1割の小麦粉9割じゃないかというくらいのグダグダの麺。もはや含有量の問題ではないのではと思えるくらいの麺で、やっぱりダメな路麺店だなあという。
 まあ池袋は別にここで食べなくても、そこそこ選択肢があるからいいかな。
by atsushisaito | 2017-01-29 12:21 | 飯@豊島区 | Comments(0)

らーめん 虎@東武百貨店 食の大北海道展

c0016177_20162344.jpg

by atsushisaito | 2016-01-28 20:20 | 飯@豊島区 | Comments(0)

ごとう@駒込

c0016177_22313666.jpg

 池袋のごとうが移転したというので、駒込まで出張。過去にごとうで食べたことは一度しかなくて、知っている情報が大勝軒出身とのことがインプットされており、そういう味なのかとつけそばをひと啜り。 あれ、けっこう違いますね。大勝軒というとそこそこチープな動物系に同じくらいの魚系がせめぎあうような軽いスープだと思っていたのだけれど、動物系が濃厚で魚系はひっこんでいる感じだった。
 麺のつややかさは素晴らしくて、とても美味しい。汁も大勝軒を意識しないで独自に進化した様子が窺えて、いい感じ。
by atsushisaito | 2014-07-10 12:30 | 飯@豊島区 | Comments(0)

しながわ@要町

c0016177_21211082.jpg

 バッソドリルマンの支店的なお店なんだとか。バッソドリルマンは食べたことはないけど。 注文したのはめんまそば。 ノーマルなラーメンを食べたことがないからよくわからないけど、ラーメンには細いメンマがトッピングされていて、別皿で極太メンマ。メンマ好きとしては両方の食感を味わえるのが嬉しい。 汁は淡麗というのだろうか、あっさり。 どちらかというと物足りなさが先行してしまっていて、魅力に欠ける。それらしい雰囲気はあるのだけど、ラーメンに求めているものが違うのかなあ、と。
by atsushisaito | 2014-01-21 12:20 | 飯@豊島区 | Comments(0)

丸喜寿司@東武百貨店 池袋店 食の大北海道展

c0016177_2058659.jpg

 特設会場だから余計にそうなのかもしれないけれど、3000円のランチにしてはちょっと味気なさすぎかなあ、と。 寿司にも特別旨いとも思わなかった。 3000円の価値はないなあ。 せっかく奮発したのだけれど、残念。
by atsushisaito | 2013-10-26 12:55 | 飯@豊島区 | Comments(0)

オリオン食堂@東長崎

c0016177_20234333.jpg

 オリオン食堂で濃厚魚介つけめん。 麺が歯応えが強く太く、固め。 最近こういう麺がどうも苦手になっている。食べることがしんどい。そしてこのタイプの麺ははたしてつけ汁と合っているのか。 無極のような、本当にストロングな汁だと、それもありなのだろうけど、魚介を売りにしてそこそこにドロっとした濃厚さのこの汁では、到底この強い麺とのいいマッチングはありえないのはないだろうか。 汁そのものは旨いのだろうけど、この組み合わせは僕の好みではなかった。  下手な中華屋のやわい麺と薄い汁のつけ麺や、スーパーのインスタントのつけ麺でもそこそこに食べられるという事実から、いささか飛躍しすぎているような気がする。 
by atsushisaito | 2012-12-16 12:23 | 飯@豊島区 | Comments(0)