カテゴリ:飯@新井薬師( 531 )

福しん@新井薬師

c0016177_22555097.jpg
 タンメンが旨いとわかってはいても、そんなど定番を選択してしまっていいのかという葛藤のせいで、かなりお久しぶりの福しんのタンメン。記憶も遠のきどの程度の旨さだったかももはや忘れてしまいそうではあったが、一口スープを飲んでみて、一瞬で記憶が戻った。間違いない。鍋肌で焼けたスープ。スープが油と乳化し、野菜の旨さが溶け込み渾然一体となった旨さは、タンメンのお手本。
 もう少し麺がストロングであれば別の次元の高みに行けそうだけど、それはそれ、これはこれ。福しんのタンメン、最高だ。

by atsushisaito | 2018-07-16 12:54 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

麺彩房うどん@新井薬師

c0016177_22280387.jpg
 麺彩房の定休日の月曜に行われるうどんイベント。先月から正式に毎週月曜ではなく、隔週の月2回のレアなイベントになってしまったようだ。注文は四川風冷やしまぜうどん。これまで限定でピリ辛うどんとして提供していたものの発展形。初期は辛さは控えめだったが、ここにきてしっかりと辛味も増し、食べ応えのある麺料理に完成した。 石臼挽きうどんの心地良い食べ応えが先行した後に、辛味が走る。しっかりとしたうどんに負けないタレで、そして主張しすぎない。つまりうどんの良さを殺さない。これを食べるチャンスが月に2回しかないのかと思うと、今後も見逃せない。しかし、これ限定だからそのうち終了してしまうのか、、、。


by atsushisaito | 2018-07-10 12:36 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

五香菜館@新井薬師

c0016177_21062616.jpg
 奥さんがお店に立たなくなってワンオペ状態になってしまったからか、暖簾を外に出さなくなってしまってなかなか中に入りづらくなってしまったのだが、入ってしまうと普通に注文できる感じであった。
 注文は通常のラーメン。けっこう食べてきたが、ここの麺って札幌とかあっちの味噌ラーメンでよくあるようなハリハリシコシコな感じの麺で、太さもそれなりにありそしてそれに負けない醤油で、このあたりが普通の中華屋で収まらない旨さであったりするのかな、と。メニューをみると味噌ラーメンもあるので、今度こちらも食べてみないと。この麺で不味いわけがない。

by atsushisaito | 2018-07-08 12:06 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

文吉@新井薬師

c0016177_21062580.jpg
 新井薬師に住み始めた人は、中野の方へ向かう道はともかく、まず駅周りのお店の少なさにいまいちな感じを覚えてしまうだろう。特に今は地下化の工事が始まり、これからもお店の数は縮小傾向にある。しかし、どうしてなかなかしっかりと一店一店を見れば、小粒ながらも一騎当千とまでは行かなくても、しっかりと美味しい店がある。
 この文吉はその代表格で、まず店頭に屋号を掲げてすらいない。今ではメニューが店頭に出ているのでわかりやすいが、初期の頃は一体ここはなに屋なんだ?という感じであった。しかしここ、はっきり言ってなにを食べても美味いお店。
 僕はだいたいカツカレーを食べることが多くて、あまり他のものを注文しないのだが、前回隣の人が食べていた牛焼肉定食があまりにも旨そうだったので、今回食べてみた。で、それは間違いなく美味しく、これ、ただの牛じゃなくて和牛。それが800円くらいと破格の価格。肉が旨すぎなので、ご飯大盛りは必須。セットに付いてくる豚汁も美味。

by atsushisaito | 2018-07-05 12:10 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

リッチ@新井薬師

c0016177_20412937.jpg
 随分と昔からあるのだろうなあという老舗の洋食屋さん。このあたりをなに商店街といっていいのかわからないのだけれど、中野からあいロードを通り新井薬師前駅に通じる道なので、このあたりに住んでいる人は中に入ったことはなくても誰もが目にしているお店。日常の景色とな理すぎていて、入るのは今回が初めて。
 本日のランチから唐揚げ定食、ドリンクは烏龍茶で。今まで入ったことがない理由の一つに、価格帯が少し高いこと。この定食は830円。しかしドリンクが付いていることを考えてみると別に高くはないんだなあ、と入ってみてそう思った。おつまみ的なメニューもあり、飲めるお店でもあることも確認。
 定食は味付けも量も上品な感じ。タレが酸味の効いたもので、少しチキン南蛮っぽさがあった。慌ただしく料理を食べるというより、ゆったりご飯を食べて食後にドリンクを飲むという感じのお店。外から見ると全然そんな雰囲気はないのだけど。

by atsushisaito | 2018-07-03 12:41 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

麺彩房@新井薬師

c0016177_21593031.jpg
 月曜定休日にうどんの店としてオープンするので、たまに行く。製麺所が作るうどんはとても美味しく、うどん?ラーメンないの?で帰っていく人はなんだか色々と損してる。毎週はやっていなくてtwitterなどで営業日をチェックしないといけないくらいに、レアなうどんの日。この日は肉汁うどん。麺は流石、という具合なのだがこの肉汁はいわゆる一般的な肉汁を期待して食べると、?という感じになるかも。
 ラーメンの力加減で出汁が出ているので、肉より魚の味わいが突出してしまっている。これはこれで美味しいのだけど、バランスという点ではとても中途半端で、ラーメンとウドンの狭間でブレてしまっているよう。これだとシンプルなぶっかけの方が麺の良さを素直に味わえるかなあ、と思ったしだい。

by atsushisaito | 2018-07-01 12:06 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

家宴@新井薬師

c0016177_22593632.jpg
 海鮮焼きビーフン。ちょうど一気に客が入ってしまったみたいで、だいぶ待つのかと思いきや意外と早く登場した。一つの中華鍋なのに流石。ちょっとビーフンがダマになってしまっている部分もあったが炒め具合や味はとても良く、わしわしとビーフンを堪能できた。麺とは違うこのビーフン、たまに食べたくなるのだが、やはり家で鍋を振ってみても同じにはならないんだよなあ。
by atsushisaito | 2018-06-30 12:59 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_21593040.jpg
福しんで味噌ラーメン。やはり前回の麻婆麺の麺の少なさはなんだったの?っていうくらいみっちりと麺があるんだけど。。。まあそれはともかく福しんは一手間かけたラーメンが美味い。
by atsushisaito | 2018-06-28 12:52 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_21555678.jpg
 麻婆麺。意外と美味しい。福しんのラーメンも麻婆も特にインパクトのないものなのだが、この組み合わせが成功して「!」と思わせる旨さに仕上がっていた。ただ、なんか麺が異様に少ないように感じてしまったのは、丼の大きさからきてるのか? 麺は大盛りにした方がバランスがいいかも。
by atsushisaito | 2018-06-24 12:01 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

麺彩房@新井薬師

c0016177_23022111.jpg
 月曜日限定のうどんの日に。注文はぴり辛うどん。何週間か前にこのメニューが出た時と比べてだいぶ変わっていた。前回はかなり控え目な味付けがグッと大胆に。うどんは加水率が上がってるのか、初日のごりごりした感は薄れて滑らかさがアップしていた。どちらもハイレベルで美味いうどんには変わりなく、美味しくいただいた。これはでも、辛さを段階でアップするとか花椒で担々麺風に針をふるとか色々面白いことができそうだなあ、と思ったり。池袋の楊が中華麺じゃなくて素麺っていうのだから、こちらでも合うはず。
 個人的にはあたかも蕎麦かのような打ち方であった最初の麺の具合が好きでもあるが、あれがうどんかと言えば、世間的にはちょっとずれてるのかな。

by atsushisaito | 2018-06-15 12:02 | 飯@新井薬師 | Comments(0)