カテゴリ:飯@新宿区( 241 )

らーめん佐高@新宿御苑前

c0016177_23385987.jpg
新宿御苑あたりは有名なお店がどんどこやってきて、今やどこも大繁盛。そういうとこに行ってみようと思うも満席、行列に怖気ずいてしまいちょっと空いてるお店に。空いてるといっても、この佐高も新宿の満来出身のお店で、繁盛してないわけではない。

お店に入って、すぐ右手でまず注文、お会計。めんまざる中華を注文。めんま入りのつけ麺。満来と比べると麺の量は少なめのような。で、汁の特徴として酢が多め。酸っぱい。満来っぽさはそのまま酢が前面に出ている。ここで大きく好き嫌いが別れてしまうのだが、やはりもう少し酢は少なめでいいかと思う。食後にスープわりしてもらったのだが、どこを薄めたんだっていうくらいのものだったし、うーん、、、という。

by atsushisaito | 2019-03-16 12:28 | 飯@新宿区 | Comments(0)

フルーツパーラーフクナガ@新宿区四谷

c0016177_22565538.jpg
老舗のフルーツパーラーでキウイのパフェ。この他にシャーベットも。果物はもちろん美味しいのだが、シャーベットがとても良い。素材の良さをそのまま引き出しかつ食感はシャーベット。生の果物と交互に食べても全く違和感のない自然な味わい。ここまでするのに随分と手間がかかってるのだろうな、と思った。
by atsushisaito | 2019-03-06 12:37 | 飯@新宿区 | Comments(0)

博多天神@歌舞伎町

c0016177_22333201.jpg
西武線の最終電車の少し前の電車の時間が10数分あったので、駆け足で博多天神へ。サクッとラーメンを一杯食べて戻り電車に乗って帰宅。

by atsushisaito | 2019-02-23 12:47 | 飯@新宿区 | Comments(0)

マドラグ@神楽坂

c0016177_16172402.jpg
ラカグのリニューアルと共に姿を消すカフェ。閉店するということで行列ができていた。この店が京都のマドラグの支店だと気づいたのは、まさしくこの時が初めてだった。老舗のタマゴサンドの味を引き継いだお店でそのうち京都に宿泊した時にでも行こうと思っていた。

しかし、キャパが追いついていないのか、厨房設備の割に席が多すぎて作るのが全く追いついていなくてホールの人間すら手持ち無沙汰な様子だった。タマゴサンドのタマゴがとても分厚いのでそれを作るのに相当な時間がかかりそう。食べたのはカグライスというケチャップライスにカレー。これくらいはすぐに出るよなと思ってたけど、結局30分ほど経ってから登場した。注文順にゆっくり作っているみたい。

盛り付けが無残にも崩れているのが残念。普段の営業の時は多分もっとゆったりとした空気で良かったのかな、とは思う。次回、京都に行った時に本店でタマゴサンドを食べてみよう。


by atsushisaito | 2019-02-13 12:16 | 飯@新宿区 | Comments(0)

あばらや@新宿

c0016177_16172626.jpg
c0016177_22333119.jpg
c0016177_22333163.jpg
c0016177_22333173.jpg
c0016177_22333206.jpg
隣のバガボンドに行こうと思ったのだけど、この日は生演奏をしていてちょっと話をするのには向いていないかな、と隣のあばらやへ。バガボンドはお酒はもとよりつまみも美味しいのだけど。

瓶ビールで初めてササミと玉ねぎをごまドレッシングで和えたお通しをいただく。そしてハタの刺身。ハタも色々あってどれがどれかさっぱりわからないけれど、美味い白身。続いてあばらや胡瓜、あばらやオムレツに特製つくね。一気にもってくるのではなく、ゆったりとしたペース。注文した端からドカンドカンと並べられるよりずっといい。もはやあばらや胡瓜がなんであったかは記憶から抜け落ちているのだが、オムレツは具沢山のチーズで美味しかった。つくねもそこそこ。

やっつけな酒場が多いこの界隈にしては貴重な一軒。

by atsushisaito | 2019-01-17 22:45 | 飯@新宿区 | Comments(0)

喜多方ラーメン 坂内 新宿西口思い出横丁店

c0016177_22191380.jpg
なんとなしにおやつがわりにサクッと食べたいと思って目に入ったのが坂内。汁が熱いと食べるのに時間がかかりそうな気がして、冷やしラーメン。坂内では冷やしラーメンしか食べたことないような気がする。汁も麺も冷たい冷や冷やのラーメンで、夏場にはなかなか重宝しそうならーめんなんだけど、これがそんなに美味しくない。さっぱりとこってりの間を彷徨うような中途半端な味わい(冷やしはどうしてもそうなるのかも)で、かつチェーン店の宿命なのか既製品感が前面に出てしまい、余計にチープな感じが増大していて。

しかし、最初からそのチープさを求めてきているわけで、まあこんな感じかなあ、美味しくないなあ、と思いつつまた食べに行くわけなのである。


by atsushisaito | 2018-12-21 12:18 | 飯@新宿区 | Comments(0)

博多天神@歌舞伎町

c0016177_22140597.jpg
博多天神と同じような形態で後発の風龍が値上げで650円というのと比べると、博多天神は未だ一杯500円と超優等生。風龍は替え玉2つまで無料だけど、650円まで上がってしまうと2つ注文して食べきらないと損、という印象にまでなってしまう蛇足の無料。そこにきて博多天神は値段変わらずの替え玉1つ無料なんだから、もう勝負にならない。

辛子高菜をブーストしたスープは最高に美味い。日本の経済を具現してるがごとくの値段維持だけど、さすがに中の人が心配になってしまうな、と。今の半玉を最初から玉子一つにして併せて100円くらいの値上げをしてもらって、末長く続いて欲しい。

by atsushisaito | 2018-12-04 12:31 | 飯@新宿区 | Comments(0)

焼きあご塩らー麺 たかはし@歌舞伎町

c0016177_22140407.jpg
歌舞伎町でも西武新宿駅の方に本店があるのは知っていたけれど、もう一軒あるとは知らなかった。今では銀座や上野にまで展開していて、今度は渋谷にもできるみたい。運営している会社がヒカリッチ アソシエイツというところで社長が女性。店長が旦那みたいな何年か前の記事もあったな。今後も多店舗展開が予想される感じなのだけど、何よりラーメンが美味い。

歌舞伎町店で注文したのは塩のラーメン。今時のお店らしくタブレットで注文。そしてお会計はまさかのQRコードのセルフレジ。これだけだとなんとなく、そこらの適当なラーメンでしょって感じなのだが、ラーメンはグッと出汁の香りと旨味が生かされたスープでこりゃ美味いと唸らせられる。これからの日本のラーメンのスタンダードがこのレベルになってしまうと、なんだか怖くもなってくるほどにいろんな意味でのバランス感覚がいいお店。

by atsushisaito | 2018-12-03 12:47 | 飯@新宿区 | Comments(0)

琴平荘@新宿小田急百貨店催事場

c0016177_23532377.jpg
山形県の酒田市の隣の鶴岡市から車で30分くらい、そこから大行列だという琴平荘。たしかdancyuの記事で目にしたことがあったのだが、多分行くことはないだろうと思っていたのだが、それが小田急百貨店の催事場に出展。富山での印刷立会いに行く前に新宿に寄って食べてきた。

魚の乾物の旨味がたっぷりのスープ。酒田市で昔にラーメンを食べたことがあるが、酒田の手打ちラーメンってこんな感じだったかなあ、となんとなく記憶を振り返ったり。こんなにプリプリとはしていなかったかなあ。もう8年前のことなのですっかり忘れてしまってる。鶴岡も一度行ってみたいなあ。

by atsushisaito | 2018-09-01 12:50 | 飯@新宿区 | Comments(0)

正月屋吉兆@伊勢丹

c0016177_21365973.jpg
c0016177_21370095.jpg
 新宿の伊勢丹で食事。吉兆といえば、不正スキャンダルで大々的に報道されて、その会見での女将さんの息子へのささやきアドバイスがテレビにばっちり撮られてしまった事件の印象が強すぎて、なんだかダメなお店の代名詞の様な刷り込みが普段日本料亭を利用しない僕にはあるのだけど、不正で槍玉に上がったのは暖簾分けの一つ、船場吉兆の話で他の吉兆にまで悪印象を持つのは間違っているのかな、と。
 注文は季節の特別献立。総じて味は良く、料理と盛り付けに比べて特段高い価格でもないかな、と。伊勢丹の中ということで、他の吉兆より普段使いの感じではあるのだろうけど接客も良く、素材もいい。素材がいい、とか語られる食経験はないのだけどじゅん菜のゼリー状の部分がとてもしっかりしていて、これはいいじゅん菜だと、湯島のきくちで食べたじゅん菜を思い出した次第。
 こういう所に気楽に来れるようになったら、大人になったということなのかもしれないけれど、酒の値段からして現状全く無理です。ええ、私の財布からではありませんでした。。。

by atsushisaito | 2018-07-25 12:36 | 飯@新宿区 | Comments(0)