メンドコロ キナリ@東中野

c0016177_23070568.jpg
ふと店の前を通ったとき、行列もなく店内に二人しか人はいなくて、これはラッキーと中へ。すぐに一杯になってしまったけど。

注文は塩ラーメン。くっきりとわかりやすく美味しい一杯。後悔したのはお腹一杯すぎて和え玉を食べられなかったこと。全部のせの肉はいらなかったなあ。これはこれで美味しいが、お腹の余力あるだけ麺を食べたかった。

# by atsushisaito | 2019-03-24 12:53 | 飯@東中野 | Comments(0)

アートホテル弘前シティ@青森県弘前市

c0016177_22494640.jpg
駅に近い、という理由で弘前駅すぐちかくのホテルに宿泊。もう少しよく調べていたら繁華街のドーミーインにしたかもしれないが、弘前では一番大きそうで綺麗なホテルっぽかったので、ここにした。

部屋はまずまず。防音がしっかりしていた印象。部屋だけなら普通なんだけど、朝食は良かった。最近、ココスのブッフェばかり食べていたので特にそう感じられた。適当に盛っているので見栄えはよくないのだが、いやはや、これが二千円でいただけるのなら近所にあったら頻繁に行ってしまうと断言する。和洋取り揃えられていて、ご飯も2種類、地元のものがたくさん、特産のリンゴを使ったカレーも美味。ドーミーインもそれなりに朝食は気合いが入っているが、格が違うなと感じた。ここに比べるとドーミーは小さくまとまっている(弘前のドーミーは泊まったことないが、だいたいわかる)。

しかし、飲み屋街に遠いのは僕にはデメリットだったなあ。

# by atsushisaito | 2019-03-23 12:36 | 飯@23区外 | Comments(0)

大番@新井薬師

c0016177_23070555.jpg
このところちょくちょく行くのだけど、麺の柔さが気になっていた。基本的に麺の硬さって、その店がだすラーメンの最適な固さを標準に持ってきていると思っているので、麺固めなんて注文はここ何十年で数回なのだけど、この時には言わせてもらった「麺固めで」。そうすると、この店の欠点かなと思っていた麺がとても良い感じで茹でられ提供された。

正直なところ、もっとハリっとしていてもいいかと思うのだけど、十分にありな一杯だった。しかし、ここの建物、西武線の地下化に備えてたて壊しだと思うけど、どうなることやら。

# by atsushisaito | 2019-03-22 12:14 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

一休寿司@青森県弘前市

c0016177_22494521.jpg
c0016177_22494556.jpg
c0016177_22494660.jpg
c0016177_22494636.jpg
c0016177_22494602.jpg
夕方にかけてかなり歩いてしまって、疲れてしまった。ホテルは弘前駅の側で繁華街まで出歩く元気もなく。近くで適当なお店を探してみたところ、少し歩いたところに寿司屋が。きゅうりとキノコの和え物がお通しで、酒は地元の豊盃。ほんとは太田和彦先生オススメの「しまや」という酒場に行きたかったのだけど、今は休業されてるとのこと。また、豊盃の品揃えが凄いという酒場もあるみたいだが、それはまた次の機会に。

食事ということで、豆腐サラダ、たち刺し(たらの白子をたちという)、煮魚はアブラメ(一般的にはアイナメ)。障子を隔てた隣の座敷からのタバコの煙が流れてきたので、早々に退散。やれやれ。

# by atsushisaito | 2019-03-21 12:16 | 飯@23区外 | Comments(0)

ココス

c0016177_23070560.jpg
c0016177_23070520.jpg
このところココスの朝食を食べていたけど、もうやめた。本当に不味い。不味いなりの工夫も見られない。お茶が飲める、という利点以外は全ておまけとみて考えた方がいいのかもしれない。人生の中でもワーストに近いくらいに不味い。
# by atsushisaito | 2019-03-20 12:53 | Comments(0)

たかはし中華そば店@青森県弘前市

c0016177_22494561.jpg
弘前についたのがお昼すぎだったので、まずはラーメン。タクシーの運転手さんにお店の名前を告げるとそれだけで向かってくれた。「あそこは煮干しだけだよ(だよとは言ってないかも)?」「他のメニューはない」と 教えてくれるので話好きな人なのかと思い「行列してますかね?」と問うてみると「どうかね」と。かなり素っ気ない返事が返ってきた。このタクシー、他に行くときもたまたま同じ人だったが、やはり行き先についてボソボソっと教えてくれるのだけど、なんか暖かいのか冷たいのかよくわからない。これが東北の気質ということなのだろうか。

それはともかく、土曜日の14時くらいだが行列はなく、店内もまばら。中華そばの食券を購入し席へ。窓から見える岩木山を眺めながら待つ。登場したラーメンは、見るからに煮干しが強烈。スープを飲むと煮干しが口に広がる。東京でもよくある煮干しの強烈なスープと違うのは、動物系の脂で押していないところ。茶濁しているものの、さらっとした口当たり。しかし、最初の印象は純粋に美味い!というより、煮干しのクセが流石に強すぎるのではないか、と思った。

食べ進めていくと、だんだんとそのクセにも慣れてきて、今度は深い出汁の旨味にはまっていった。どこまでも煮干しなんだけど、強烈に美味い煮干しのスープ。これを動物系の脂で強くコーティングしてしまうと、ここまでの深みには嵌れないのだろうな、と思ったり。弘前の人は、こんな美味いラーメンを日常的に食べてるのか、とスープを啜りながら羨ましく思った。


# by atsushisaito | 2019-03-19 12:39 | 飯@23区外 | Comments(0)

とんかつ 一三吉@新井薬師

c0016177_23390092.jpg
新井薬師前駅南口にある一三吉でランチのロースかつ定食。特別に特徴があるとんかつではないけれど、普通に美味しい。ニンニクが強いソースが特徴といえば特徴。あとは自家製であろうぬか漬け。入り口の感じよりずっと広い店内で、一杯飲みながらの使い方もできるお店。
# by atsushisaito | 2019-03-18 12:18 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

江戸富士@御茶ノ水

c0016177_23390083.jpg
盛りがいい海鮮丼があるときき、訪問。行列が5人くらいだったので、並んでみたが30分以上動かず、、、、。さくっと食べてさくっと帰るお店だと思って行ったのが間違いだったか、結構待っての入店。注文は上海鮮丼。注文してからけっこう時間がかかる。ここが回転を悪くしてるのかなあ、と思ってたら登場したのが上海鮮丼。いやいや、ちょっと待ってよっていうくらいの盛り。

こんなタワー作るために時間がかかってたのですか、、、、。丼のサイズは小さいので、総合的なボリュームはそう大きくはないのだが、丼が小さいがゆえに盛られた魚をどうしていいかわからない。ご飯と同量かそれ以上の刺身が盛られた丼を前にして固まってしまった。海鮮丼を楽しむからには、ご飯と刺身のハーモニーが求められるのが一般的ではないかと。しかし、ご飯にたどり着くまでに盛られた刺身をどけるのに苦労するのだ。

僕は醤油皿にとりあえず刺身を少しずつ避難させたが、それでもご飯は遠い。正直なところ500円払ってでもご飯と刺身の別盛にしてもらった方が幸福になれるのでは、と思ったくらいに、この丼の圧が苦痛だった。しかし、刺身そのものはどれも美味しく、そのあたりが意外でもある。あるじゃないですか、なんでも量があればいいんでしょ的なとこ。そういうのではない。

ただし、日頃から海鮮丼というものの意味に少しばかり疑問を抱いているところに、この丼にはますます丼でなくてもいいのではないか、という気持ちが強くなってしまった。

# by atsushisaito | 2019-03-17 12:05 | 飯@文京区 | Comments(0)

らーめん佐高@新宿御苑前

c0016177_23385987.jpg
新宿御苑あたりは有名なお店がどんどこやってきて、今やどこも大繁盛。そういうとこに行ってみようと思うも満席、行列に怖気ずいてしまいちょっと空いてるお店に。空いてるといっても、この佐高も新宿の満来出身のお店で、繁盛してないわけではない。

お店に入って、すぐ右手でまず注文、お会計。めんまざる中華を注文。めんま入りのつけ麺。満来と比べると麺の量は少なめのような。で、汁の特徴として酢が多め。酸っぱい。満来っぽさはそのまま酢が前面に出ている。ここで大きく好き嫌いが別れてしまうのだが、やはりもう少し酢は少なめでいいかと思う。食後にスープわりしてもらったのだが、どこを薄めたんだっていうくらいのものだったし、うーん、、、という。

# by atsushisaito | 2019-03-16 12:28 | 飯@新宿区 | Comments(0)

ジャンボ@新井薬師

c0016177_23385945.jpg
c0016177_23385960.jpg
マカサラ(マカロニサラダ)と焼き物。最初にビールで、その後にキンミヤ。四文屋出身の店主がやるこのお店、焼き物の旨さはもちろん、なんだか四文屋よりゆるい感じのところが良くて、いい。四半期に一度くらいは行ってる。中野に比べてお店が圧倒的に少ない新井薬師だけど、目を凝らすと意外と弾幕を厚く、面白いお店がある。
# by atsushisaito | 2019-03-15 12:22 | 飯@新井薬師 | Comments(0)