2019年 12月 16日 ( 1 )

波と雲@東中野

波と雲@東中野_c0016177_20531758.jpg
10層天然出汁と煮切り醤油のラーメンという看板で、東中野のバーの昼間に間借りで営業が始まったラーメン屋さん。開店してしばらくして行列ができ、すぐにスープ切れになるレアキャラなお店となってしまった。幸いにも行列が発生する時期より前に行けたので、普通に座れて食べることができた。

メニューは黒醤油、白醤油の2点のみで、トッピング類もない。注文は黒醤油。実際のラーメン美味しいのだけど、何よりプレゼンテーションが上手だな、と思った。出汁のお店のこだわりの概念を視覚化して伝える、こう食べてもらいたい、こう味わってもらいたい、というのをイラストで伝える、10種類の素材を使っているラーメン屋さんは数多くあれど、しっかりとラーメンそのもの以外で客に伝達しているところが、アートにも通じるプレゼンテーション能力を感じた。

黒醤油は今流行りの醤油でバシッと押すタイプかと思いきや、やはり出汁の良さを生かす優しいあたり。具材それぞれシンプルながら、一仕事していて美味い。しかししかし。すみません。チャーシューに関して、食べたときに鳥のささみかなと思ってしまった。珍しいなあ、と。それくらい動物出汁を感じさせないスープだった。そうだなあ、振り返って思い出してみれば、これは動物系の出汁は使ってないのかもとも思っていた。それくらい繊細なあたりのラーメンだった。



by atsushisaito | 2019-12-16 12:52 | 飯@東中野 | Comments(0)