2019年 12月 07日 ( 2 )

山本昌男 Masao Yamamoto「 手中一滴 」

c0016177_12394689.jpg
c0016177_12394777.jpg
c0016177_12394736.jpg
c0016177_12394784.jpg
c0016177_12394738.jpg
c0016177_12394857.jpg
c0016177_12394887.jpg
c0016177_12394947.jpg
c0016177_12394956.jpg
c0016177_12395001.jpg
c0016177_12400896.jpg
c0016177_12400840.jpg
c0016177_12400994.jpg
c0016177_12401082.jpg
published by T&M Projects, 2019,

山本昌男の新作。と簡単に書き出してみたが、山本昌男の新作が日本の出版社から出るのは、実はこれが初めてというけっこうな事件だったりもする(青幻舎のは集大成的なものなので)。山本昌男のこれまでの作品全てに通底する小宇宙的な感覚の新たな矛先が盆栽。静でもあり動でもある、盆栽という生命体を山本の手のひらの上で一つの世界として封じ込める。閉じこもったその世界の音はこちらには聞こえてはこないが、見るものを圧倒する力の波動は確かに伝わる。

本は和綴じでスリップケース付き。不織布に印刷された盆栽のトーンがとてもこの写真集に合っている。で、何より気に入ったのはケースの裏地(裏地と言っていいのかわからないのですが)が金。不織布の柔らかさと金のコントラストが秀逸。基本的に白と黒(特色で色合いはあるけど)のモノクロの本のタイトルに金を使う、ここまでは想定内だけれど、裏に大胆に金を使っているところが利休というか織部な感じで素晴らしい(織部とかっててきとうに書いてますが漫画のへうげものでしか知りません)。

これまでの山本昌男の写真集は、どの本もすぐにsold outでプレミアがついてしまうので、早めの購入がいいかと。ちなみにPayPayモールで20%還元中なので、還元セール中のこちらでの購入がお得。


by atsushisaito | 2019-12-07 13:04 | 写真集 | Comments(0)

武道家 賢斗@東陽町

c0016177_00461510.jpg
海苔、玉子にネギのトッピングで。武道家系は味薄め油少なめ麺固めが美味しく食べられる。それ以上濃いと体がついていけない。

by atsushisaito | 2019-12-07 12:59 | 飯@江東区 | Comments(0)