2019年 11月 08日 ( 1 )

手打ちそば 山商@落合

c0016177_22180006.jpg
子連れお断りの貼り紙で、気難しい感じかと少し構えてしまったが、全然そんな雰囲気ではなく、店員さんもとても丁寧。逆になんの注意書きもなしに、お互い嫌な感じに成るより、こうしてあらかじめ知らせてくれる方が親切かな。落ち着いたお店作りにしたいだけ。そう考えると蕎麦屋ってけっこう入るシチュエーションを選んでしまうなあ。考えたこともなかったが。

注文はランチの蕎麦と親子丼のセット。蕎麦は石臼。注文してから、ちと失敗したかな、と。三色蕎麦にすればよかった。この石臼の他に白雪(更科)と季節の蕎麦で芥子切り。シンプルにこの三色にすれば。というのも、蕎麦と親子丼、この組み合わせはどういう食べ方をすれば一番いいのだろう、と蕎麦を目の前にして悩んでしまった。親子丼から食べると、蕎麦の味がわからなくなる。蕎麦から食べるとせっかくの親子丼の卵に火がどんどん入ってしまう。蕎麦と親子丼を交互に食べるのも変だ。

悩んだ末に、親子丼の卵を犠牲にし、蕎麦から食べ始めた。蕎麦、汁とも共に良く、美味い。しかしどうも親子丼のことが気になりいまいち蕎麦に集中できない。パパッと食べ終えて親子丼。やはり最高のタイミングは既に過ぎていた。こちらも美味いのだが、残念さで喉の通りが少し悪くなってしまったようだ。

というわけで、シンプルに蕎麦で攻めるべきだったな、と蕎麦湯でほっこりしながら思った。でもここは蕎麦だけではもったいなく、お酒を飲みながら色々と摘みたい感じ。あ、酔ってしまうと蕎麦の味が、、、、、。

by atsushisaito | 2019-11-08 12:28 | 飯@東中野 | Comments(0)