2019年 06月 07日 ( 1 )

イル・プルチネッラ@京都府福知山市

c0016177_22315307.jpg
c0016177_22315472.jpg
その街を訪れる前にある程度下調べは基本的にはしていくのだけど、田舎の方だと食べログなどの評価サイトへの参加人数が少なすぎて数字は参考にならない。だから特に高得点ではない店もチェックしていくのだが(数が少ないのでなんとかなる)、観光客が来ない地元に人気のお店というのが特に評価もされないままになってることがたまにあり、今回もそう。

イタリアンていうジャンルがそもそも自分にとっては門外漢なのだが、黒板に書かれたメニューの写真を見て、あれ?こいつは逃してはいけないやつでは?と思い事前に色々と調べた。駅近くのビジネスホテルの1Fのレストランで、朝はホテルの宿泊客に朝食を出しているようなところ。まあ普通に考えると最初に弾く条件に引っかかってくるやつなのだが、夜の地のものをふんだんに使ったメニューにはやはり惹かれた。

ビジネスホテルの1Fというロケーションも普段、いわゆるイタリアンレストランに行き慣れていない自分にとって垣根が低く感じられらとこもプラス。きちんとしたレストランだと一人でふらっとというのはしんどいわけで。

で、夜の時間に行ってみると、予約でほぼ満席。でもこれも逆に幸い。他にも行きたいお店もあったので、立ち飲み用のカウンターで飲ませてもらうことに。つまみは前菜7種盛り。シャレオツ的なのが綺麗に盛られてくるのかと思いきや、鴨のテリーヌを中心にどちゃっとたっぷり一皿に。全体的に量が多くて、結論からいうとこれだけでお腹いっぱいになってしまった。一品一品美味しいのもそうだけど、この全部入り感が食べたいけど飲みたい自分にとてもいい塩梅で、これをつまみにオススメのロゼを2杯飲んだ。

胃袋の空きが少ないのをうらめしく思いつつも、こういうお店がもっとたくさんあれば楽しいのになあ、と思った。自分が知らないだけで、あるのかも。もっとイタリアンを知りたいと福知山まで来てそう思った。

てか、やまけんさんも来ているお店だった https://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2019/03/29783.html


by atsushisaito | 2019-06-07 12:31 | 飯@23区外 | Comments(0)