2019年 04月 01日 ( 1 )

ささもと@新宿

c0016177_21563019.jpg
c0016177_21563065.jpg
c0016177_21563097.jpg
c0016177_21563249.jpg
c0016177_21563236.jpg
c0016177_21563223.jpg
c0016177_21563350.jpg
c0016177_21563386.jpg
c0016177_21563374.jpg
今では思い出横丁のもつ焼きといえば、いつも昼から行列のウッチャンの名前があがるのだがやはり横綱はここ、ささもと。二十代半ばから荻窪や吉祥寺のカッパに1人でもつ焼きを食べにいってた僕にとっても、この店はとても高いハードルであった。串の値段がそもそも高いということもあるのだが、女性のみの客はお断りなど(このご時世にそんなことすれば大変なことになってしまう、、、、、)なんて怖い店なんだ、と思っていた。

まあだいたい満席で小僧がパッと入れる感じではないことから、初めて食べれることができたのは随分後だったのだが、その頃にはだいぶそういうハードルも低くなっていたのかも。これまで特に気まずい思いをしたことはない(この界隈には不快な思いをした店もあった。なくなったけど)。今回も4人で行ったのだが、何も頼まなくてもほいほいと美味い串を出してくれて楽しい時間を過ごせた。ちゃんと事前に食べられるかも聴いてくれる。ただ、断るさいに「お腹一杯で」なんて口走ると即お会計となりそう。明らかに他の店で酒を飲んできた人も入店お断り。

煮込みをお願いしたのだが、まだちょっと煮込みが足りないけど?と言いつつ出してくれた。まあ正直、この煮込みは今ではさほど美味い部類には入らないのではないかなあ、と思ったり。しかしそれでもやはり思い出横丁では外せない名店には違いない。似たり寄ったりの店が多いが、入り口にモツ煮の鍋が鎮座しているのがささもとなので、お間違いなく。

by atsushisaito | 2019-04-01 12:54 | 飯@新宿区 | Comments(0)