2018年 10月 01日 ( 1 )

メンドコロ Kinari@東中野

c0016177_23081560.jpg
c0016177_23081697.jpg
かしわぎに行ったらたまたまやってなくて、同じく行列店のこちらを覗くとタイミングよくカウンターがガラッと空いてたので中へ(すぐに満席になった)。濃口醤油の特製。特製にすると低温調理の肉と玉子が別皿で。汁を啜るとその絶妙な旨さに日頃の行列も納得。かしわぎや高田馬場のやまぐちの醤油って、ガツっと醤油のインパクトが強すぎて、あまりそういうのに慣れていないとしんどいと感じる人も多いと思うなか、こちらはバランス重視かつ全てが美味いという具合のラーメンなので、最新鋭のものの中でも一般受けしやすいと思う。

特製の肉はこれはこれでとても美味しいのだが、麺とスープだけでもう十分に満足してしまって、通常のもので十分だったかなと。追加で和え玉。以前、北関東の方に行った時に、多くのラーメン屋さんで”和え玉”というものがあり、なんなのかなあと思っていたけど、最近は東京でも採用するお店が増えてきたように感じる。替え玉の進化系で、単体で油そばとして味わえる代物。

こちらの和え玉は、これでもう十分に美味い油そばとなってしまっていて、麺に投入する前に半分くらい食べてしまった。ただ、スープに投入してしまうと元のスープのバランスが壊れてしまって、相乗効果的なものが得られなかったのは残念。単体で油そばとして楽しむ方が正解。

東中野は店の密集度が低くて一見すかすかに感じるのだけど、よく見るとラーメンに限らずいろんなジャンルで有力店が点在していて面白い。


by atsushisaito | 2018-10-01 12:12 | 飯@東中野 | Comments(0)