2018年 06月 11日 ( 1 )

羊香味坊@御徒町

c0016177_23135510.jpg
c0016177_23135512.jpg
 いまやdancyuでも羊が特集されるくらいに羊ブームがきている。そしてここ羊香味坊はその前線基地といっても過言ではないほどに注目を集めているお店の一つ。調べてみると夜の取れない予約より、昼の13時から始まるグランドメニューで飲み始めるのがいいらしい。そういう訳で平日の13時すぎに店へ。8割り方はお酒飲みながら料理を楽しんでいる知っている人たちばかりだった。
 まずは生ビールをいただいた。注文は焼き餃子と串の盛り合わせ。何かすぐに出る一品を注文すればよかったな、と反省。しばらくビールで過ごすことに。お通しがないってメリットじゃなくてデメリットでもある。まず串から登場。羊の部位を一本ずつ堪能できるので、二本縛りな単品メニューより随分とお得なこちら。若干、羊の肉が得意ではないのだけど、ふられたクミンの爽やかな香りにも助けられた。美味しい。羊の独特の癖とクミンの香りの相乗効果でとにかく美味い。もちろん、ここでいう癖とはダメダメなお店のものとは雲泥の違いがあるものだけど。
 焼き餃子にいたっては、黒酢のまろやかさでつつまれてからのふわっとした餡の美味さの広がりに、誰にでもなしに思わず一人で頷いてしまう。パクチーが苦手なので、そこらを堪能できなかったのは残念だけど、肉肉しい美味さは堪能できたので良かった。串を一口食べた瞬間に、これは赤ワインでしょと思いグラスワインのグラスを重ねた。冷蔵庫で冷やされていたのが残念。常温で飲みたかった。

by atsushisaito | 2018-06-11 12:33 | 飯@台東区 | Comments(0)