2018年 02月 11日 ( 1 )

青葉@中野

c0016177_22300052.jpg
 全然行かなくなったけど、最近また行きたくなって空いてる時間を見計らって行ってみた。毎日みてるわけじゃないけど、行列はできないなあ。中野駅近くでそもそもそういう店はないかも。注文は中華そば。
 一口スープを飲んで、うーん、、、、としばし考えてしまった。昔からこんな味なのかそれとも自分がもっと濃い味に慣れすぎてしまったのか。単純に味がぺらい。表面に浮いた油で口あたりはテロっとするものの、スープにおける動物系の味わいは弱い。そして魚系、つまり出汁なのだがこれが何とも単純。例えると粉末出汁で強く味を出した適当な味噌汁的な。もちろんここでいう味噌は比喩で、そういうテイストだと理解してもらえれば。
 食した感想としては、スーパーの冷蔵コーナーで販売している生麺の袋入りをカウンターで調理して食べてる感じ。付け加えておくが、あっさりでも美味しい店はたくさんあるし、こってりでも自分の好みに合わないからといって不味いとは書かない。しかし、この日の一杯はとてもじゃないが美味しいとは言えなかった。残念、、、、

by atsushisaito | 2018-02-11 12:29 | 飯@中野 | Comments(0)