2017年 02月 11日 ( 2 )

森澤勇 Yu Morisawa / 軽井沢時代 1947-1960

c0016177_14251742.jpg
c0016177_14311214.jpg
c0016177_14301600.jpg
c0016177_14301729.jpg
c0016177_14301740.jpg
c0016177_14301884.jpg
c0016177_14301886.jpg
c0016177_14301894.jpg
c0016177_14301993.jpg
c0016177_14302008.jpg
c0016177_14302067.jpg
published by Sokyu-sha , 2007 , edition of 700,

 写真家 森澤ケンが自分が生まれる前に死去した祖父のネガフィルムから写真をおこして制作した作品集。軽井沢で写真館をしていた森澤勇が撮りためたフィルムは、軽井沢時代と書かれた段ボール箱に入っていたとか。戦後の軽井沢の世界を現代の暗室で蘇らせると、森澤の優しい眼差しが再現され写真という媒体の記録性はもとより、会うことができなかった祖父な眼差しを孫が追体験するという見事なコラボレーション作品。
 写真集の装丁、サイズ感がとてもしっくりとして、素敵な一冊。



by atsushisaito | 2017-02-11 14:41 | 写真集 | Comments(0)

Choinomi KATSU@群馬県高崎市

c0016177_1823654.jpg

 ふらふらと歩いてホテルの前に到着したのだけど、もう一軒行きたいなあ、とそのまま通り越して前進。すこし歩いた先にカジュアルなカフェのような店構えのお店の前を通り過ぎようとしたら、日本酒の文字が目に入って立ち止まった。日本酒専門のキャッシュオンのお店みたい。
 扉を開けて中に入ると、日本酒というよりバルのような雰囲気。広々とした店内。カウンターにいくともうラストオーダーの時間まであまりないとのこと。じゃ、一杯だけいただきます、とメニューを。群馬のお酒がしっかりと揃っている。県外の美味しいところもしっかりと押さえられていて、これは来る前に知っておきたかったお店だなあ、と群馬のお酒の飲み比べセットを。好きなのを自由に選べる。
 銘柄はなんだっけなあ。忘れてしまった。近所には置いていないのをセレクト。群馬の方じゃないのですね、とお店の人と少しお話。お惣菜も美味しそうだったけど、それはまた次回のお楽しみに。
 テーブル席にお酒を持って行き、美味いなあと3種の酒を味わう。ふと壁にかけられた案内を読んでみると、どうやら2Fは日本酒バーのようだ。禁止事項がいろいろと並べられていて、薀蓄だけで名前で酒を飲むような人はお断り、うんぬんがずらっと。1Fは気軽に楽しめる日本酒カフェ、2Fは頑固おやじのサロン的な日本酒バーのようなのかな。
 少し調べてみると、なんだか楽しそうで旨そうなこだわりの日本酒バーのようなので、これも次回のお楽しとしておこう。

c0016177_1825283.jpg

 ホテルに戻って部屋に戻ろうとすると最期の関門、ドーミーイン名物の夜鳴きそば。なんてことのないインスタント麺のラーメンなんだけど、自分でお湯を入れるのではなくて厨房で作ってくれることに付加価値があるのか、ドーミーインに泊まると食べたいという欲求にあがらえない。 
 味は全国共通なんだけど、? 今日の夜泣きは美味いな、麺の茹で加減が違うのか、とちょっと海原雄山的に楽しんでしまうのもドーミーインに泊まる醍醐味。
c0016177_18366.jpg

 比較的、同じランクのビジネスホテルに比べて朝食には定評があると勝手に思っているのだが、高崎のドーミーの朝食にはがっかりした。唯一ご飯の炊き方がよかったくらいかなあ。贅沢な食材こそ出ないのだけど、地方色をとりいれつつ、たくさんのおかずで楽しいのだけど、高崎は残念としかいいようがなかった。

 全然関係ないけど、ビジネスホテルで朝食のコストパフォーマンスが高いのは法華クラブだと思っていたり(何度かしか泊まってないけど)。宗教っぽいからなんとなく避けてしまうのだけど、全く宗教とは関係のない運営だとかw
by atsushisaito | 2017-02-11 12:53 | 飯@23区外 | Comments(0)