2017年 01月 18日 ( 1 )

名代きしめん 住よし JR名古屋駅3・4番ホーム店@愛知県名古屋市

c0016177_14451427.jpg

 名古屋の新幹線のホームのきしめんが旨いというのは定評だと思うのだが、それを鵜呑みにして何度か食べてみたところ、そうかなあ?という思いが強くなり、結果、新幹線のホームのきしめんは旨くないという結論に至った。
 しかしそれは早計だったようで、名古屋駅のホームのきしめんは新幹線だけのものではなく、在来線のホームにもあるのであった。それを食べずに結論を出してしまった己を恥じて、いざ在来線のホームの住よしへ。
 食べたのは在来線限定のワンコインきしめん。500円でエビ天と生玉子がトッピングされる贅沢メニューだ。驚きはエビ天が揚げたて。目の前でおばちゃんがワンオペで天ぷらを揚げつつ麺上げもこなし、洗い物までしている。この天ぷらのフライヤーは新幹線のホームにはない。揚げたての天ぷらが食べられる。これが在来線ホーム店の魅力の一つのようだ。
 登場したきしめんを啜ってみると、汁が濃い。出汁の旨味が強く全面に出ている。そう、新幹線の方での不満点の一つが出汁の弱さ。しっかりと素材から出汁を引いているのはわかるのだが、それが裏目に出ていて弱すぎ。多くの客を捌くため、出汁が追いついてこないのではないかと思われる。
 在来線はなんというか煮詰まっている感が強く、きしめんにはこれくらい下品な方が汁としては適正だと思える。名古屋での土産話として語るなら新幹線の方ではなく在来線できしめんを食べないと始まらないという結論に私の中では落ち着きました。
by atsushisaito | 2017-01-18 12:42 | 飯@23区外 | Comments(0)