2016年 10月 26日 ( 1 )

浅田@長野県松本市

c0016177_215740100.jpg

 松本市美術館で草間弥生のオブジェを見た後に、すぐ近くの蕎麦屋の浅田へ。休日には早めに蕎麦がなくなってしまうとのことだが、平日だったので中に入って10分ほど待って座れた。10割そばを注文。先に隣の席に蕎麦がきて、凄いな、と唸っていた。
 期待に胸が膨らみ、いざ自分のところにきた蕎麦を少し汁につけて啜ってみると、確かに凄い。僕は基本的に蕎麦そのものの香りがどうこうとか全然わからなくて美味さの段階というのもいまだ把握できず、それでもまあ懲りずにいろいろ食べてみてはいるのだけど、この蕎麦は確かに旨いな、と思った。
 一番は歯ごたえかなあ。しなやかさを備えつつ、いざ噛み切ろうとしたときに歯を跳ね返してくるような食感。こきこきっと心地よく口の中で踊る蕎麦(踊らないんだけど)。汁の出汁とかえしのバランスもとてもよく美味いとしかいいようがない。
 この店の特徴は添えられる辛味大根。かなり上等なものを使っているらしく、奥で蕎麦を茹でてる御主人が時折ホールにでてきて、この辛味大根はいいやつなんですよと客に言ってた。確かにそう言われるとなんだかいいもののような気がして、普段蕎麦湯で汁を割って飲むときにしか薬味を使わないのだがこの日は辛味大根をいれてみた。たしかにいい感じ。
 でも僕はそれより薬味の山葵がとても美味しく、箸でそのまま直接全部食べてしまった。二八蕎麦も食べてみたかったなあ。

c0016177_21592848.jpg

 松本から長野駅まで移動して、グランクラスで富山へ。
by atsushisaito | 2016-10-26 12:56 | 飯@23区外 | Comments(0)