2016年 09月 24日 ( 2 )

Alexander Gronsky 「Mountains and Waters」

c0016177_17105170.jpg
c0016177_17104885.jpg
c0016177_17105024.jpg
c0016177_17105953.jpg
c0016177_17110096.jpg
c0016177_17110646.jpg
c0016177_17110720.jpg
c0016177_17111276.jpg
c0016177_17111312.jpg
c0016177_17111841.jpg
c0016177_17111993.jpg
c0016177_17112533.jpg
c0016177_17112668.jpg
c0016177_17113168.jpg
c0016177_17113354.jpg
c0016177_17113886.jpg
published by The Velvet Cell, 2016, edition of 750,

 先日のTABFで購入した1冊。グロンスキーの新作。日本でも展示があったりレジデンスで作品を製作したりと、日本でも広くその名前が広がりつつある。今回の舞台は中国。上海、重慶そして深センの郊外を中心に撮影したもの。世界の構造を捉えるセンスがずば抜けている感覚を持っている作家なので、その写真の中には拡大していく社会とその影が混在し、またスモッグだろうか、視界をぼんやりとさせてしまう空気が作品を神格化させている。
 ただ、もう少し装丁には力をいれて欲しいし、紙も少し厚手にしてほしかった(折れそうで嫌)。とはいえ、現在の彼の人気を考えると売り切れ必至なので、今のうちに是非。今のポンド安だったら、はやくポチったほうがいい。
http://www.thevelvetcell.com/products/mountains-and-waters-alexander-gronsky

by atsushisaito | 2016-09-24 17:44 | 写真集 | Comments(0)

手打そば 大庵@新宿

c0016177_093045.jpg

c0016177_095162.jpg

 新宿駅というと、ある意味近所なのでわりとよく行くわりにはお店を知らない。もう特定の飲み屋しかいかなくなってしまってるのだけど、その原因の元にはビルの中のお店に行く習慣がない、ということ。そして、なんだかそういう店はチェーンか高いお店のどちらかで、自分には縁がないかな、と思っていて新宿のビルに入っているお店にはいままで興味なかったのだけど、むしろ新宿のような街では、こういうお店で複数で飲むことがスタイルに合ってるのかなと思った。
 そんな大庵。写真は最初の盛り合わせと終わりの柚子のそば切りだけ。最初に松茸と鱧の出汁で食べる蕎麦から始まり、この盛り合わせ、お刺身、あと忘れたけどいろいろ出てからの柚子きりでの〆。雰囲気的には上品な居酒屋といった感じで、チェーンぽさもなくしっかりと美味しかった。
 お酒は富山の勝駒から。こちらのお酒を美味しいといってらっしゃたので、続いて黒龍を頼んだのだけど、酸の切れ方があまりお好きじゃないよう。そして新政を。こっちは大丈夫とのこと。随分と人に勧めるのは難しいんだなあ、と思った。
by atsushisaito | 2016-09-24 12:08 | 飯@新宿区 | Comments(0)