2015年 09月 25日 ( 1 )

インデアンカレー アバンザ店@大阪府大阪市

c0016177_1649136.jpg

c0016177_16491891.jpg

 大阪のティルマンス展にいった時の。国際美術館からわりと近いクラウンプラザにチェックインして、ふらふら美術館に向かったのだけど、お腹が空いてしまってどこかでなにか食べたいなあ、という時に発見。
 大阪のカレーといえばインデアン。まあ今では東京でも丸の内のTOKIAに店舗があるのだが、やはり大阪で食べたい。口当たりが甘いのに、そこから辛さが襲ってくる独特の味わいで多くのファンを魅了し続けているのだが、それと同時にお店の人の接客態度がビシッとしていることも大変好ましい。お店の人が作り出す雰囲気がカレーの味わいを一段上に上げている。
 今回は初めてスパゲティを注文してみた。御馴染みのキャベツのピクルスをつついていると、裏で麺を炒める音が聞こえてくる。炒められたスパゲティに普通のソースをかけるだけで完成。もし、日常にインデアンがあるのだったら、他にもハヤシライスなどにも挑戦してみたいところなんだけど、僕にはスパゲティで一杯一杯。
 白いシャツだったので、ソースを飛ばさないように気をつけながら食べてみたのだが、やはり小さく一点、ソースを飛ばしてしまった。もっとふにゃふにゃな麺かと思いきや、意外と固めでそこにねっとりと絡むソースがやはり美味しく、ライスとは違う食感で楽しめた。まあでもライスの方がいいかな、というのが結論かなあ。
 この甘くて辛い独特のカレーは一度は試してもらいたい一品。ちなみに釧路の方にもインデアンという同名のチェーンがあるが、そちらとは全く味が違う。
by atsushisaito | 2015-09-25 12:46 | 飯@23区外 | Comments(0)