2015年 03月 09日 ( 1 )

だるま堂@福岡県北九州市

c0016177_1126199.jpg

 小倉は焼きうどんが有名なのだとか。時間があればどこかで食べてみたいと思って、そして近くにその焼うどん発祥のお店というのがあるというので、行ってみた。こういうのって商売繁盛で行列でいらっしゃい!って感じなんでしょ、と思いつつ店の前まで行くと、かなり閑散としてこじんまりとた佇まい。
 席について、メニューはと探すもすぐに見つけることができなくて、そうこうするうちに腰の曲がったおばあちゃんが、焼きうどんを作り始めてしまった。ここはそういうシステムなのね、と思ったらメニューが見つかったけど、まあいいか、と店内を眺めてた。
 登場した焼きうどんは質素な感じ。元は物資がないころに中華そばが手に入らなくて、代わりにうどんを代用した「焼きそば」なので、ある意味オリジナルなイメージを変えずにこれまでやってきた、ということか。焼きそばソースの味わいで、もっちりとしたうどんの食感を楽しむ、、、、というほどのものではなく見たまんまのものだけど、変に華やかでない感じが、小倉に来たんだなという情緒が味わえてよかった。かな。
by atsushisaito | 2015-03-09 12:25 | 飯@23区外 | Comments(0)