2014年 10月 15日 ( 2 )

Stephen Gill 「Talking to ants」

c0016177_13445796.jpg

c0016177_1345426.jpg

c0016177_13451031.jpg

c0016177_13451763.jpg

c0016177_13452348.jpg

c0016177_13453156.jpg

c0016177_13453934.jpg

c0016177_13454767.jpg

c0016177_13455627.jpg

c0016177_1346689.jpg

c0016177_13461721.jpg

c0016177_1346272.jpg

c0016177_13463541.jpg

c0016177_13464560.jpg

c0016177_13465458.jpg

c0016177_1347482.jpg

published by Nobody, 2014,

 何部出版されているのか、ちょっと情報がない、、。以前にどこかで見たような気がしたのだけれど。special editionが100部ということなので、1000から2000部くらいは刷ってそうだけど(Outside in はphotoworksとAMCの共同出版で1250部だった)。 2010年のBrighton Photo Biennialで発表されたOutside Inと同じ手法で制作された作品。
 その地域のものをカメラにいれて写しこむことによって、視覚的にも幻想的で美しく、そして場所とその場所にあるものをカメラの中で融合させフィルムに焼き付けることによって表現される新しい世界が、なんとも斬新で素晴らしい。 いろいろと実験的なことをやってきたGillならではの作品。
 Outside Inの小さな版型の本も素敵だったが、少し大きくなったこちらので観るのも、作品との距離感がまた違って来て面白い。
by atsushisaito | 2014-10-15 14:08 | 写真集 | Comments(0)

十七番地@新井薬師

c0016177_15172857.jpg

c0016177_15174180.jpg

 ふと見ると立ち飲みじゃなくなってた。千円の晩酌セット注文。日本酒の品揃えのよさは相変わらず。お酒をもう一杯もらって、ほや刺しを食べた。他の人の注文をちらっと見たりしたけど、意外と盛りつけに時間がかかっているようで、力の入れどころが違うような。 あまり腰を落ち着けて飲むというよりは、さくっと飲み食べて帰るような感じに思えるけど。
by atsushisaito | 2014-10-15 12:16 | 飯@新井薬師 | Comments(0)