2014年 02月 24日 ( 1 )

祇をん 萬屋@京都

c0016177_2253028.jpg

 dancyuに載っていた記事がとても旨そうなので、行ってみた。テーブル席しかなかったので、相席。相席の時ってなんだか相手の方に申し訳なくて落ち着かない。メニューを貰う前に注文はネギうどん。 ほどなくして出てきたうどんの汁をまず啜ってみた。旨い。これを味わった後には、どんな旨い東京の汁を飲んでも不味く感じるのも理解できる。出汁の旨味でぐいぐい飲ませる。 だけども残念なのはうどん。麺がもうどうしようもなくて、スーパーで買ってきたものと同等かと。
 九条ネギと麺が半分半分の割合。さっさとだらしない麺を食べてしまい、出汁とネギを味わうものだという割り切りが必要。出汁で九条ネギを食べることに喜びを見いだせることができれば、この店はとてもいい。 とてもいいのだけど、やはりうどんのダメさが後をひくなあ。
 
 僕は大阪出身なのだけど、このうどんを食べて、なぜ大阪にいる時に積極的にうどんを食べていなかったということを思い知らせられたような気がした。 正直に言って、大阪のうどんって美味しくない。正確に言えば関西のうどんは麺に魅力がない。味はともかく腰がまったくなく食べていても楽しくない。 そういう原体験が刻まれているのか、関西でうどんを積極的に食べる気力が全く湧かないのである。 今回のうどんで、それを再び思い出した。 観光で来る方には出汁に金を払ってる、というくらいの気構えがいいかと。
 
by atsushisaito | 2014-02-24 12:04 | 飯@23区外 | Comments(0)