2014年 02月 03日 ( 2 )

Pierre Liebaert 「Macquenoise」

c0016177_14461165.jpg

c0016177_14484840.jpg

c0016177_14495268.jpg

c0016177_14504943.jpg

c0016177_14543481.jpg

c0016177_14563113.jpg

c0016177_14592387.jpg

c0016177_1513870.jpg

c0016177_1523352.jpg

c0016177_1581026.jpg

c0016177_1511342.jpg

published by Le Caillou Bleu , 2013, edition of 612 ,

 カバーを開くと二つに折りたたまれたニュースペーパープリント、カバーと跨るように描かれているライフルのデザインが秀逸。 ベルギーの田舎で猟をしながら細々と暮らす家族の生活を静かに切り取った作品。 ニュースペーパープリントそのままだと、流通などもなかな難しいので、折ってカバーをつけるのはとてもいい案だと思うが、やはり折ったところから波状的に皺ができてしまって、ちょっともったいない感も。 ブリュッセル在住、1990年生まれのとても若い作家。
by atsushisaito | 2014-02-03 15:11 | 写真集 | Comments(0)

十七番地@新井薬師

c0016177_22561720.jpg

c0016177_22563082.jpg

c0016177_22564047.jpg


 新井薬師に出来た立ち飲み屋。 中野にも系列のお店がいくつかあって、どの店も日本酒の品揃えが凄いのが売り。ここもなかなか簡単に個人で酒屋さんでは買えないようなお酒が置いてある。 一杯目はビールをいただいてポテトサラダをつつきつつ日本酒メニューを舐めるように見る。 名前をよく聞くけど飲んだことないのが色々あるなあ、と注文したのは山間。ネギ焼きをあてに飲んだ。 立ち飲みなので、もう少し量が欲しいなあという印象。二杯めはくどき上手の大吟醸。 ちょっと冒険できなくて、どちらも飲んだことがあるお酒にしてしまった。 多分、メニューに載っているお酒、どれ頼んでも間違いはないと思うけど。 最後にタコ刺しで〆。
 意外と高くついてしまうので、思い切って日本酒飲み放題で料理がでてくるコースにした方がいいかも。二時間5000円だけど、たくさん飲む人にはけっこうお得。ただ二時間立ちっぱなしはしんどい。。。
 
by atsushisaito | 2014-02-03 12:17 | 飯@新井薬師 | Comments(0)