2009年 11月 15日 ( 1 )

みんみん@吉祥寺

c0016177_10465862.jpg

 吉祥寺のハモニカ横町にある中華屋。 どこでご飯食べようかなあ、とふらついていたときに目に入った。 そういえば何年か前のdacyuの炒飯特集に掲載されていた。 いつも前を通るときは混んでることが多かったのだが、この日は時間も昼を過ぎて夜にさしかかろうとしていた中途半端な時だったせいか空いていたので入店。
 目の前で包まれていく餃子が旨そうだったのだが、そんなに食べられる気がしなくて炒飯のみを注文。 なんでも具があさりと玉子だけで、とてもシンプルなのだとか。 炒飯にあさりかあ、、、、どんな風になるのだろう、とわくわくしていると、運の悪いことにお店に届けられた大量のキャベツ。 それを店の2階へと運ぶべくリレーが始まったのだが、背中にキャベツの箱が時折、勢いよく当たる、、、、。 じっと我慢して時の過ぎゆくのを我慢していると、あさり炒飯登場。 ほほー、なかなかいい姿。 で、ハフッと食べてみるのだが、いまいちあさりが主張してこない。 慎重に味わってみるのだが、やはりあさりはあんまり意味ないんじゃないかなあ、と思った。 あと、全体的に油っぽくて食べ終えた皿に、油がたまるほど。 
 この店は、素直に餃子とビールが正解なのではないかと思う。
by atsushisaito | 2009-11-15 10:45 | 飯@武蔵野市 | Comments(0)