2008年 04月 02日 ( 2 )

倉田精二写真展「都市の造景」

倉田精二写真展「都市の造景」@epsite
c0016177_20155215.jpg

 8×10で撮影された高速道路の建築中の写真。大判を使ってるわりには、写真は精緻なものではなかった。夜の撮影のため、数時間かけた長時間露光だが、やはり周囲に車が走っているせいで、微妙な振動がカメラを揺らすのだろう。 僕個人としては特別魅力的な写真ではない上に、そのブレでなんとなくテンションが下がってしまった。とても面白いとはいえない。

横須賀功光作品展「光と闇を極めた写真術」@JCIIフォトサロン
c0016177_2024783.jpg

 以前、東京都写真美術館でのレトロスペクティブでかなりの作品を見たのだが、作品の多さと暗い照明に疲れてしまった覚えがある。作品そのものはとても面白かったのだけど。こういった中規模の展示がちょくちょくあれば嬉しい。 やはり「壁」は圧巻。生前にその撮影方法をお聞きしたかった。 山口小夜子とのコラボレーションも面白い。ソラリゼーションを駆使した作品など、技術が素晴らしすぎる。 あらためて横須賀の実力を思い知らされた。  このギャラリーによった後はゆで太郎で蕎麦を食べるのがお薦め。

平寿夫写真展「時に刻まれたもの」@コニカミノルタプラザ

イエメンにある変な植物の写真。

田畑藤男「東京ノスタルジア・昭和の風景」@コニカミノルタプラザ

ネガの状態がよっぽど悪いのか、へったくそなプリントだなあ、と見てた。さらによく見たらデジタル出力だった。フィルムスキャンからして相当ダメなのだろう。

小島沙緒理写真展「SUBLIMATED NUDE」@ビジュアルアーツギャラリー
c0016177_20413092.jpg

 セルフポートレートでヌードだなんて聞けば行かないわけにはいかない。そういうエロ心満載でビジュアルアーツギャラリーへ。いつも原付で行っていたのだが、駅から歩くとけっこう距離あるなあ。今日もエチオピア空いてるなあとテクテク歩いてギャラリーに到着。 紙の質感が落ち着いた感じなのと、ピントがそれほどシャープじゃないことが相乗効果で、なんだか絵画みたいな印象を受けた。ギャラリーの外にも展示スペースがあって、同じ作家の写真が展示されていた。そちらは一転ドキュメンタリー調の作品で、離婚した両親の父親が新しく築いた家族を撮った作品。ブックも面白かった。点数がちょっと少ないかなあ。いたずらに数を増やしてもしょうがないけど、もの足りなかった。それだけ面白かったということか。 飯沢こうたろう曰く、今は田舎に回帰するのが流行りだそう。そういえば、そういう写真多くなったかな。

石垣裕写真展 「IF IT BE YOUR WILL」@ギャラリー蒼穹舎
c0016177_20565431.jpg

 生真面目な金村修といった感じ。
by atsushisaito | 2008-04-02 20:49 | 写真展 | Comments(3)

揚子江@新井薬師

c0016177_11455220.jpg

c0016177_114699.jpg

 新井薬師前の駅付近を散々うろちょろしたあげく揚子江。最終的にRyomaと天秤にかけたのだがこっちが勝った。餃子ともやしそばのBを注文。店内が混沌としている。雑誌が散乱し、前の人が食べ終えた食器がそのまま、そこで店のオヤジが甲子園を見ながら食事。前回はそんなことなかったんだけど。 こういうセットってラーメンが先にできあがり、後から餃子というパターンなのだが、餃子の焼き上がりのタイミングに合わせてもやしそばを作っていた。なかなかの気配り。 餃子のビジュアルはちょっと悪いんだけど(黒いのがついてる)、そこそこにおいしい。もやしそばは、けっこうあっさり。餃子の味が強いので余計にそう感じられる。もやしそばっていうのはどこでもとろみがついた感じなのだろうか。
by atsushisaito | 2008-04-02 11:57 | 飯@新井薬師 | Comments(2)